アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

インターネット

言葉を知っただけでは本質は分からない

アラフォー童貞のODです。 現代はカタカナ用語や専門用語が乱立しています。 この手の言葉は適切な状況でイメージを伝える分には有効ですが、使う場面や相手を間違えると言いたいことが伝わらない恐れがあります。 特に専門用語は専門知識や理解度がある者同…

「情報の断捨離」をして、暇になって気づくこと

アラフォー童貞のODです。 ここ2日間は『〇〇でほぼ確定』といったタイトルの情報への真偽から、なぜそのような情報を気にしてしまうのかを記事にまとめました。 そもそも『〇〇でほぼ確定』という情報は、当然ですがその時点では確定ではないため、娯楽と…

他人が示す情報への安心感、そして思考停止

アラフォー童貞のODです。 昨日の記事では、インターネット上で見かける『〇〇でほぼ確定』というタイトル及びその情報の真偽性に対しての疑問から始まり、ほぼ確定情報はその時点では有益性はないことから、娯楽的な認識であれば問題ないけれど正しい情報と…

「ほぼ確定」は確定ではない

アラフォー童貞のODです。 時間の無駄と気づいてから「まとめサイト」を見なくなりましたが、何かのタイミングでサムネやタイトルを目にすることはあります。 その中で漫画や時事ネタなどで『〇〇でほぼ確定』というタイトルを見かけますが、あれは実際にそ…

「表現」は昔のほうが自由だったのか?

アラフォー童貞のODです。 昭和、平成、令和という元号を跨いで生きている方は多いと思います。もちろん、昭和以前から生きてこられた方だっておられるでしょう。元号の変化とともに様々な通信技術の発達から情報化社会が進んだり、自然環境が変化したり、グ…

集めた情報の何%を活用しているのか?

アラフォー童貞のODです。 人のふり見て我がふり直せと言いますが、他人のあり方を見て私自身が気を付けていることがあります。それは「情報の集めすぎ」です。この中には「自分に関係ない情報にも手を出す」も含まれます。 情報化社会において現代人はその…

「子供の教育に悪い」と目くじら立てず、放っておいても良いのでは?

アラフォー童貞のODです。 大人たちは「子供の教育に悪い」と言って、色々なものを制限します。例えば、暴力的な描写のあるもの、性的な描写のあるもの、反社会的な要素、非行を助長するようなもの、言葉遣いやマナーが悪いような振る舞い・・・様々です。 …

リメイク作品を「改悪」と思ってしまう理由

アラフォー童貞のODです。 ここ数年で、アニメや漫画、特撮も含めた映画、ドラマといった過去にヒットした作品のリメイクや続編などをよく見かけるようになりました。このような現象については色々と思うことはあるものの、私個人がどう思ったところで何とも…

「他人と話が通じない」という問題は解決しない、いつの世も

アラフォー童貞のODです。 昨日の記事では、会話において「話が通じない」という状況にある場合、それは伝える側に問題があるのか? それとも聞き手の理解力の問題か? を考えてみました。 結論としては、伝え方の問題でもあるし、聞き手の理解力の問題でも…

浮かんだアイディアの大半は「忘れる」と思ったほうが気楽

アラフォー童貞のODです。 毎日のようにブログを書いておりますが、ネタに困るということは今のところありません。それは才能があるわけでも、特別な体験をしているというわけでもなく、単純に気になったことや考えたことがあったらメモしているからです。あ…

世間が「嫌い」であっても、自分は「好き」でいい。その逆もしかり。

アラフォー童貞のODです。 インターネットで情報を集めやすくなり、かつSNSなどの個人で情報発信ができる時代において、特定の分野やモノ・人などに対して「好き」「嫌い」を共感しやすくなりました。例えば、「こんなの好きなのは自分だけかも・・・」と思…

自分に都合のよい情報は「正しい情報」とは言えない

アラフォー童貞のODです。 現代は分からないことがあると、スマホ片手に検索エンジンで気軽に知りたい情報を得ることができます。このような状態に対して「インターネット上で見ただけで知った気になって、実物を見たり実際にやってみたりしない」という、知…

その比較は意味があるのか?

アラフォー童貞のODです。 感染者数の報道が当たり前のように行われております。基本的な情報源は国から発表されているはずなので、どの報道局でも同様の内容が伝えられます。それでも報道局ごとに、専門家の解説や独自の調査・分析も交えて様々な視点から感…

「真実が知りたい」のではなく「真実が明かされる状況」に興味がある

アラフォー童貞のODです。 現代は多種多様な情報で溢れています。情報伝達が「対人(会話)」→「文章(新聞など)→「音声(ラジオなど)」→「電子(インターネットなど)」というように移り変わるにつれて、情報を発信する側も受け取る側もクリアかつ大容量…

【新生活】「新しいことを始める」より「何かをやめる」

アラフォー童貞のODです。 新生活となると「何か新しいことを始めよう」と思うものです。料理、運動、勉強、読書、スポーツ、趣味、人間関係づくり・・・色々と想像してはワクワクするものです。 しかし、ここから実際に新しく「何か」を実際に始める人と、…

「伏線」の楽しみ方

アラフォー童貞のODです。 漫画やドラマ、映画や小説などの物語系のエンタメを楽しみの1つに、「伏線」という要素があります。 この定義は色々あるでしょうが、要は「あの時の●●は、ここにつながるのかー」というものです。物語において重要な要素を際立た…

「白髪」は悪いのか?

アラフォー童貞のODです。 30代後半になってようやく、見た目や振る舞いを見直すようになった私ですが、色々な情報を参考にしては理解と実践が追い付かない日々を送っておりました。そして現在もまだ改善中、というより矯正中です。それでも30代半ばに比…

価値ある情報は「小難しさ」より「わかりやすさ」

アラフォー童貞のODです。 周囲から注目を浴びたい、世間から評価されたいと思うとき、人は自分を良く見せようとします。これは承認欲求というものであり、人間であればごく自然なことです。 動物でも、雄が雌に求愛活動をするときには大きな羽を広げたり…

「変なこと言ったかも・・・」と気にしなくていい

アラフォー童貞のODです。 自分の言動の1つ1つを気にしたり、後悔してしまうことはないでしょうか? 「変なことを言ったかも」 「間違っていたら、どうしよう」 「おかしな奴と思われていないかな」 「向こうも知っている情報だったら恥ずかしい」 ・・・…

「難しい言葉を知っている=知的」ではない

アラフォー童貞のODです。 インターネットで検索すると、簡単に色々なことが分かってしまう時代です。逆に言えば、個人で色々なことを知っていても、あまり意味はないとも言えます。 そんな時代においても、未だに「たくさんのことを知っている」ということ…

あの漫画の表現は「トレパク」?「オマージュ」? それとも・・・

アラフォー童貞のODです。 ネット上でときどき、漫画に対する評価の1つとして、「トレパク」という言葉を見かけます。これは、実在の人物や静物などの写真や、既存の漫画の描写をそのまま自分の作品に流用している場合の指摘のようです。さらに大ごとになっ…

上手にできなくても、詳しくなくてもいい。ただ「好き」なだけで十分

アラフォー童貞のODです。 現代では色々な分野における知識人や専門家などが、そのスキルを活かしてビジネスにしたり、SNSや動画などによって情報を発信することが容易になっております。それどころか、インターネットの技術向上や情報端末の発達により、専…

無理に自己肯定せず、徹底的に「悩む」

アラフォー童貞のODです。 いつ頃からか「自己肯定感を高める」という言葉を目にするようになりました。 それは本のタイトルや動画のサムネなどでよく見かけるのですが、こんなにも自己肯定感を重要視するようになったのは世情でしょうか? インターネットを…

生活水準が下がるのは「没落」なのか?

アラフォー童貞のODです。 かつてはメディアで取り上げられ、テレビ番組でも引っ張りだこだったタレントさんが、ぱったりと姿を見せなくなることはよくあります。そして、その後の姿をマスコミが追うと、人気絶頂だったころは豪邸に住んだり高級な車に乗った…

評判は悪いのに、売れているという事実

アラフォー童貞のODです。 まとめサイトを頻繁に見ていたころ、自分が読んでいた漫画がテーマになっていれば、何でも目を通しておりました。 批判するわけではありませんが、まとめサイトというのは色々な意見があるように見えて、実はパターンがそんなに多…

「理想の男性」「理想の女性」に出会っても、行動に移せない理由

アラフォー童貞のODです。 私たちはついつい、他人に対して理想を押し付けたり、期待してしまったりします。それは自分勝手で傲慢なことであるということを知っているけれど、本当についついやってしまうのです。そうして「あの人は分かっていない」とか「こ…

「否定的な情報が気になってしまう」のは普通のこと

アラフォー童貞のODです。 意図せずに自分の好きなものを目にする機会があります。すると「どれどれ」と見たくなるのが人間です。または、他人経由で耳にすることもあります。 しかしそれは、決して自分にとって良いものとは限りません。時には不快に思う内…

ネット上の炎上なんて、せいぜい「焚火」くらいの話

アラフォー童貞のODです。 「〇〇して炎上」といったタイトルの記事を見かけることはありますが、その記事の詳細を見たい、知りたいとは思いません。興味がないということもありますが、「炎上」と呼ばれるものに関わっても、無駄なだけと思っているからです…

動画配信のアクセス数は人気の証明なのか? ~少人数でも求められているのは凄いこと~

アラフォー童貞のODです。 芸能人や有識者などの著名人が、動画配信をやるのが当たり前の時代になっております。それはでは、テレビ、ラジオ、ライブといった媒体を中心に活動してきた人たちが、音楽などの作品をデータ販売したり、広告やプロモーションビデ…

ネット上に投稿するのは、何も承認欲求を満たしたい人ばかりでない

アラフォー童貞のODです。 2年近くブログをやっていると、色々なことに気づきます。その1つが・・・ ネット上に自分のことを投稿している人すべてが、 「いいね」を求めているわけでない ・・・ということです。 ここ言う「いいね」というのはあくまで1つ…