アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

インプット

【読書】どれを読んでもピンとこない時期

読書を日課にしておりますと、「どれを読んでもピンとこない」という時期はあります。 このようなとき、以前ならば「もっと読書量を増やそう」とか「マンネリ化しているせいだ」などと、読書時間を延ばしたり知らないジャンルを買うこともありました。 もち…

読書は「全く理解できない」があっても良い

本を読んでいて「全く理解できない」ということがないでしょうか? それは知識といった文字情報、数式などを用いた論理的な思考、哲学などの他者の考え方・・・それぞれ違った意味で「全く理解できない」ということがあると思います。 このような状態になる…

「レビューを見ずに買い物する」という学習

アラフォー童貞のODです。 何か商品を購入するとき、初めて購入するものや定期購入しているものでない場合、失敗するリスクを考えてしまうため、買うかどうかを悩んでしまうものです。 そのようになった場合、現代では通販サイトのレビューや星の数、関連商…

「ビジネス本」というジャンルの役割は何か?

アラフォー童貞のODです。 先日、レオナルドダヴィンチに関する本を読みました。 苦難に陥りながらも、幅広いジャンルに挑む姿勢には脱帽という言葉しかありません。 とはいえ、本記事ではレオナルドダヴィンチについて語りたいわけではありません。 (その…

「いつも仕事のことを考える」が良いと思っていないか?

アラフォー童貞のODです。 社会人になると(自宅と職場間の移動も含め)ほぼ1日を仕事に費やす形となります。 仕事に対して様々な見解はあるでしょうが、ひとまずは自分の時間と能力をもって社会の一部の役割を果たし、それによりお給料を貰うという観点か…

本を読むときは「注釈」や「図」にも目を通して欲しい

アラフォー童貞のODです。 学習を目的とする本には、必ずといって良いほど「注釈」「図」などが掲載されており、本文の補足としての役割を担っております。 本文が掲載されているページ近くに小さい文字で記載されていたり、イラストやグラフといった用途に…

たった1冊の本ですべてを理解しようとしない

アラフォー童貞のODです。 本を読むとき、一語一語を理解しようとしてないでしょうか? 特に慣れていない内容だったり、何とか覚えなければいけない、嫌でも勉強しなければいけない状況だったりすると、何だか必要以上に気負ってしまうものです。 しかし、知…

「情報収集の媒体として、雑誌は適切なのか?」を考えてみた

アラフォー童貞のODです。 雑誌という媒体は、スポーツや経済などジャンルごとに1冊としているものもあれば、色々なジャンルを網羅して1冊としてしているものがあり、その1冊の雑誌の中には特集や連載などページ数や記事の枠の大小はあれ、複数の人たちの…

言葉を知っただけでは本質は分からない

アラフォー童貞のODです。 現代はカタカナ用語や専門用語が乱立しています。 この手の言葉は適切な状況でイメージを伝える分には有効ですが、使う場面や相手を間違えると言いたいことが伝わらない恐れがあります。 特に専門用語は専門知識や理解度がある者同…

「言った」「言わない」という揉め事

アラフォー童貞のODです。 仕事でもプライベートでも、人間同士が関わるうえで大切なコミュニケーション。 そのための人間の1つのツールとして会話というやり取りがあります。 ボディランゲージなどの雰囲気で通じ合うことはできますが、会話は基本的に共通…

「ほぼ確定」は確定ではない

アラフォー童貞のODです。 時間の無駄と気づいてから「まとめサイト」を見なくなりましたが、何かのタイミングでサムネやタイトルを目にすることはあります。 その中で漫画や時事ネタなどで『〇〇でほぼ確定』というタイトルを見かけますが、あれは実際にそ…

若い人は「物を知らない」が、年長者は「物を知れなくなる」

アラフォー童貞のODです。 年長者が若い人たちの振る舞いを見たとき、「最近の若い者は・・・」と呆れたり、「俺が若い頃はだな~」と説教したりすることがあります。聞いた話だと「最近の若い者は・・・」というのは、平安時代にはすでにあったそうです。 …

学ぶことに疲れたら、文学に触れてみてほしい

アラフォー童貞のODです。 「何かを学ばなければ」「時間を効率的に過ごさなければ」とばかり思っていると、疲れてしまいます。実際、私もそのようになるときはあります。特に肉体が疲れているわけではないし眠気が襲ってくるわけではないのに、自分好みの興…

「与える」ことに疲れたら

アラフォー童貞のODです。 私たち人間という存在はとても非力なもので、己の肉体だけで自然界を生き延びることはできません。そこで縄張りに加えて住まいを作って環境や外敵から身を守ったり、衣類を身にまとうことで肉体を守ったり、自分の力のなさを道具を…

実力のない者が最高レベルに学んだところで「時間の無駄」という話

アラフォー童貞のODです。 データサイエンスを学びたくて、統計学や数理系の勉強をはじめたのは良いのですが、いやはや難航しております。いわゆる「〇〇でも分かる入門書」といった超初心者でも理解しやすいように、色々な例えば話や図説が多いものを手始め…

誰かに教えてもらうが面倒であっても、「自己流」はやめたほうがいい

アラフォー童貞のODです。 勉強やスポーツ、仕事や趣味など・・・今の自分にないものを修得するには知識や技術の基礎固めはそれなりに必要ですし、時間やお金、体力だって確保しなくてはいけません。できれば退屈せずに苦しまずに気楽にやりたいですし、効率…

その比較は意味があるのか?

アラフォー童貞のODです。 感染者数の報道が当たり前のように行われております。基本的な情報源は国から発表されているはずなので、どの報道局でも同様の内容が伝えられます。それでも報道局ごとに、専門家の解説や独自の調査・分析も交えて様々な視点から感…

「真実が知りたい」のではなく「真実が明かされる状況」に興味がある

アラフォー童貞のODです。 現代は多種多様な情報で溢れています。情報伝達が「対人(会話)」→「文章(新聞など)→「音声(ラジオなど)」→「電子(インターネットなど)」というように移り変わるにつれて、情報を発信する側も受け取る側もクリアかつ大容量…

自分の「辛さ」を理解してもらえるなんて、思わないほうがいい

アラフォー童貞のODです。 人間は社会という集団生活を送るうえで「共感」というコミュニケーションによって、人間関係を成立させております。 さて、この「共感」ですが、具体的に何をしているのでしょうか?「共感」というものを相手の感情を察知してから…

「本を読むと眠くなる」「本に集中できない」は別に問題ない

アラフォー童貞のODです。 日常的に本を読む習慣があると、ときどき「本を読んでると眠くなってきて・・・」とか「ちゃんと内容を覚えたいのに、全然集中できなくて全然進まなくて・・・」などと読書について相談されることがあります。 そのような場合、私…

「学校の宿題」は何のためにあるのか?

アラフォー童貞のODです。 学校の宿題って何のためにあるのでしょう? その日、授業でやった内容をおさらいするためでしょうか? 自宅での勉強習慣を身に付けるためでしょうか? それとも、帰ったあとに遊んでばかりいるのを防止するためでしょうか? もしか…

たまには本をゆっくり読んでみる

アラフォー童貞のODです。 効率化して多くのことを進めたり、短い時間で色々な種類のタスクをこなせることができれば人生は充実できるような気がします。実際、自分が決めた時間帯で決めた分量以上の成果を成し遂げられたときは嬉しいものです。達成感があり…

「雲の切れ間から差し込む光が美しい」と感じるのは何故か?

アラフォー童貞のODです。 車の運転中、赤信号で止まったところで何となく空を見上げたところ、厚い雲に覆われた一部から光が漏れておりました。その光はそのまま地面に刺さるように真っすぐ伸びており、まるで空から天使が降りてくるような高尚な印象を抱き…

自分の人生を「文系」「理系」で分けないで

アラフォー童貞のODです。 日本人の傾向なのか、世界の人たちも同様なのかは分かりませんが、私たちは人間の系統を分類化したがります。「男か女か」「血液型は何型か」「どこ出身か」といったその人の基本的な情報もあれば、「肉食系か草食系か」といった時…

「入門編」「初心者向け」は、誰でも理解できるという意味ではない

アラフォー童貞のODです。 最近、データサイエンスに興味を持つようになりました。仕事に活かせるかもという話もありますが、1つのテーマに対して色々な視点で検証して、そこから考察を導き出すというのは性に合っていると思ったのです。 とはいえ、いきな…

「茶化す」と「ユーモア」の違い

アラフォー童貞のODです。 仕事とはいえ、常に真面目な会話をしているのはしんどいものです。たまには冗談や雑談を交えて、和やかな雰囲気で会話をすることも大切です。アイディア出しといった話のテーマによっては、気持ちをリラックスさせるという意味から…

ネット上に投稿するのは、何も承認欲求を満たしたい人ばかりでない

アラフォー童貞のODです。 2年近くブログをやっていると、色々なことに気づきます。その1つが・・・ ネット上に自分のことを投稿している人すべてが、 「いいね」を求めているわけでない ・・・ということです。 ここ言う「いいね」というのはあくまで1つ…

本は全部読まなくていい、最初から読まなくていい

アラフォー童貞のODです。 読書が苦手とか、本を読む習慣がないという人の考えを聞くと、いくつか共通点があります。 ・何百ページあると分かると、急に億劫になる ・知りたいことに辿り着くまでが長く感じる ・理解できないところがあるとストレス ・ちゃん…

その仕事を馬鹿にする前に

アラフォー童貞のODです。 世の中にはたくさんの種類があります。それなのに、多くの人は「〇〇の仕事じゃないと駄目」「✕✕な仕事はNG」と決めてかかっているようです。これは賃金や休日の話も確かにありますが、業種で良し悪しを決めてかかり、自分自身で選…

相手が委縮してしまう「怒鳴る指導」は、逆に成長をさまたげる

アラフォー童貞のODです。 学生でも社会人でも指導する・される、ということは必ずあります。この手の話になると「指導をするとき、相手を怒ることは必要か」という議論がなされます。私は、相手の言動や物事の進め方によっては、タイミングを見計らって怒る…