アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

メンタル

ネット上の炎上なんて、せいぜい「焚火」くらいの話

アラフォー童貞のODです。 「〇〇して炎上」といったタイトルの記事を見かけることはありますが、その記事の詳細を見たい、知りたいとは思いません。興味がないということもありますが、「炎上」と呼ばれるものに関わっても、無駄なだけと思っているからです…

イライラしたら水を飲む

アラフォー童貞のODです。 誰しもイライラすることがあります。イライラするということは、物事が想定通りにいかなかったり、自分の価値観とは違う流れになっているときに生じます。他人が自分の思っていた通りの動きをしなかったときなどは、本当にイライラ…

駄目な自分を客観視する方法

アラフォー童貞のODです。 どんなに周囲から褒められても、どんなに成果を挙げたとしても、どんなに自分の身に良い出来事があっても、それを受け入れられない人はおります。私もかつてはそうでした。それは「良いことがあると、その後に悪いことも起こる」と…

「今日は他人に振り回される日だ」と思って諦めよう

アラフォー童貞のODです。 仕事でもプライベートでも、自分がやることがたくさんあるのに、そこに横やりするように電話が鳴ったり、メールやLINEが届いたり、雑談に巻き込まれたり、上司から雑用を頼まれたり、担当外の仕事のフォローをする羽目になった…

自分だけの「戒律」を破ってみる

アラフォー童貞のODです。 もはや日課や習慣になっていることだけれども、心のどこかで「面倒くさい」と思ったり「ちょっとくらいなら・・・」と思うことはないでしょうか? 例えば、 毎朝ウォーキングを続けているけれど、昨日の疲れが抜けないときとか。 …

「大変そうだね」「忙しそうだね」と言われることが、モチベーションになっている危険性

アラフォー童貞のODです。 仕事でも何でも、一生懸命に頑張ることは良いことです。それが大好きなことであれば、周囲から休憩や睡眠や食事などをするように促されても、それらはそっちのけになっても、とても楽しんで取り組むことができます。一方、ひたらす…

不安や悩みは「生きている証拠」である・・・かも

アラフォー童貞のODです。 アラフォーになってもなお、不安を抱いたり、思い悩んだりする場面は多々あります。もう、毎日のようにネガティブな感情が沈んだり湧き上がったりします。確かに、年齢や経験を重ねることで動じなくなる問題もあります。しかし、そ…

「嫌われても構わない」と「嫌われても平気」の違い

アラフォー童貞のODです。 『嫌われる勇気』というベストセラーの本があります。これはアドラー心理学の考え方として、人間関係における悩みの根本を対話形式で解き明かしております。内容はとても分かりやすいし、納得できるものばかりです。この書籍によっ…

心が折れても、無理に治そうとしなくていい

アラフォー童貞のODです。 頑張ってきたけれど求めていた結果にならなかったり、 相手のためになればと尽くしてきたのに裏切られたり、 何日もかけて作成した資料のデータが消えてまったり、 ・・・このようなとき、それまでのやる気は一気に消失してしまい…

相手が委縮してしまう「怒鳴る指導」は、逆に成長をさまたげる

アラフォー童貞のODです。 学生でも社会人でも指導する・される、ということは必ずあります。この手の話になると「指導をするとき、相手を怒ることは必要か」という議論がなされます。私は、相手の言動や物事の進め方によっては、タイミングを見計らって怒る…

人生がつまらないならば、棚卸の時期と思う

アラフォー童貞のODです。 上司や取引先から怒られたとしても、ただ怒られたことに対してヘコんで終わるのか、1つの教訓としてこれらかに活かそうと精進するのかは、その人次第です。物事がうまくいかないときに感情のままに不合理な行動にとるのか、とるべ…

「嫌われること」の問題は何か? いや、問題は何もない。

アラフォー童貞のODです。 誰しも嫌われるのは嫌なものです。・・・と、この一文でも「嫌(きら)われる」と「嫌(いや)」という、同じ「嫌」という文字が使われております。どちらも読み方は違うものの、マイナスでネガティブな意味を有していることには変…

「授業中にトイレに行くのは、別に普通のこと」という世の中であってほしい

アラフォー童貞のODです。 理由は分からないのに、「普通はそうではないから」という理由から、大衆から非難されたり馬鹿にされることがあります。私の場合は、20代後半に大勢の前で童貞であるということを暴露されたことです。仕事を誠実にやってきたもの…

「怒りに飲み込まれてはいけない」と分かっているのに、怒ってしまう理由

アラフォー童貞のODです。 「喜怒哀楽」と言いますように、私たちには色々な感情が備わっております。それぞれは生きるうえで必要なものです。「喜」と「楽」は何となくあったほうが良い、ポジティブな感情だと分かりますが、「怒」と「哀」は何だかネガティ…

情報に振り回されるのは、「損か得か」で判断しているから

アラフォー童貞のODです。 国内外の出来事、最新の技術や流行、著名人らの言動、災害や感染、身近な人間関係など・・・私たちはメディアや周囲の人たちから、色々な種類の情報を得るものです。それは自ら望んで得たこともあれば、黙っていても周囲から耳に入…

「恐怖」に対して「逃げる」というのも1つの選択肢

アラフォー童貞のODです。 少年漫画において、凶悪な敵や多くの人がビビッてしまうような相手に対して、主人公が恐れることなく立ち向かう描写があります。それを見て、多くの読者たちは自分もこうでありたいと思います。 しかし、現実はそうはいきません。…

忙しい日々を送っているのに、充実していると思えないなら

アラフォー童貞のODです。 私たちは「たくさんあること=良いこと」と思いがちです。これに似た考えとして、「忙しい=充実している」ということがあります。ノー残業デーとか定時で帰ることなどが推奨されている時代においても、いまだに残業することに価値…

他人が不機嫌でも「自分が何かしたかも・・・」と思わなくていい

アラフォー童貞のODです。 普段は特段明るいわけでもない人でも、日によっては不機嫌に見えることがあります。そんなとき、周囲は「あれ、いつもと違う?」とか「もしかして怒っている?」と思うものです。心配というか不安を抱きます。 このあたりはイメー…

愚痴は控え、本心は伝える

アラフォー童貞のODです。 「愚痴」は言うべきではありません。 「本心」は言ったほうが良いです。 愚痴とは、自分がおかれている悪い事象に対して、他人や環境といった外部要因のせいにしての発言です。自分に対して愚痴を言う・・・なんてことはありません…

「他人の評価は間違っている!」と割り切ることも必要

アラフォー童貞のODです。 他人から直接何かを指摘されたり、陰で悪口や非難されていることを知ると、誰でもネガティブな気持ちになります。「自分は頑張っているつもりなのに、間違っていたんだ・・・」とか「あの人は直接会話をしいるときは良いこと言って…

「このままでは駄目だ」と思ったら、誰でもできるレベルまで下げる

アラフォー童貞のODです。 人生においては「このままでは駄目だ」と思う瞬間は幾度もあります。それは、自分の至っていないときが大半ではないでしょうか。あるいは、頑張り過ぎて心身をズタボロになって気づくこともあるでしょう。 私が現在のアラフォーに…

孤独の何が問題なのか?

アラフォー童貞のODです。 朝早くに眠い気を押して会社に行って、充実感や面倒さなどの色々な感情を経て一日を過ごし、ヘトヘトに疲れて帰っても労ってくれる同居人も家族もいないので、自分で部屋の電気をつける。そしてお風呂やシャワーを浴びた後は、帰り…

「得られるものがない我慢」はやめる

アラフォー童貞のODです。 仕事でもプライベートでも、人間関係でも個人的な目標であっても、あらゆる場面において私たちは「我慢」をすることが多々あります。それはお互いの関係を維持するとか、先のことを考えて多少なりとも融通をきかせる意味もあります…

「田んぼの様子を見てくる」を言葉通りに受け取らない

アラフォー童貞のODです。 暴風雨や台風などが起きると、農家の人が「田んぼの様子を見てくる」と言い残して災害に巻き込まれるという話から、それを聞いた多くの人は「危険なんだから、外出るなよ」とか「見に行っても変わらないから、大人しくしてろよ」と…

「自分はいらないのでは・・・」と思ってしまったら

アラフォー童貞のODです。 ふと、「自分はいなくてもいいのでは」「ここは自分の居場所ではない」「他の人でもいいじゃん」などと思ったことはないでしょうか? 私はあります。特に昨今においては病気や怪我などの状態になったときを想定して、自分の仕事や…

「ちゃんと食べたほうがいいよ」などの心配が逆効果になることもある

アラフォー童貞のODです。 一時的なトラブル対応などで仕事の帰りが遅くなったり、休日出勤・連続出勤が続くことはあるものです。私もよくありますが、そのような状況が続くと周囲から心配されることがあります。「最近、帰りが遅くなってない?」「ちゃんと…

自分という「キャラクター設定」を捨てよう

アラフォー童貞のODです。 仕事でトラブルに見舞われているときなど、うまくいかなかったり解決の糸口が見えない状態が続くと、心身が追い詰められていきます。何とか歯を食いしばって前向きに取り組み、試行錯誤を繰り返しているけれど、僅かな光も見えない…

「今を生きる」とは「行き当たりばったり」ではない

アラフォー童貞のODです。 今日の晩御飯を何にしようか考えながら自転車を漕ぐことができるように、私たち人間は動作と思考を分断して考えることができます。しかし、これは正確に言うと分断できてはいません。脳の中で「晩御飯を何にしようか」と「自転車を…

悩んだら本屋をぶらついてみる

アラフォー童貞のODです。 理不尽な出来事や行き先のない悩みなどに行き当たったとき、時間が解決することもありますが、それまで数時間・数日間もモヤモヤを抱えて日常を送ることもあります。 自分のせいではないトラブルに対して責められたり、良かれと思…

仕事が嫌になったら、「辞める準備」をする

アラフォー童貞のODです。 今の仕事を辞めたくなったときはないでしょうか? 定期的に仕事を辞めたいと思うときがやってくることはないでしょうか? 私はあります。定期的にあります。 理由の大半は色々ありますが、結局は人間関係です。というか、人間関係…