アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

人間関係

物語という「心の救い」

アラフォー童貞のODです。 読書を日課にしておりますが、「どんなジャンルの本を読むのですか?」「1ヶ月で何冊くらい読むのですか?」と聞かれると困ってしまうことがあります。 それはジャンルで本を選んでいるわけでないことと、その時期に読んでいる数…

何のために「効率化」を図ろうとするのか?

アラフォー童貞のODです。 仕事だけでなく、私生活においても効率化を図ろうとする人は少なくありません。 まずはスケジュール帳やToDoリストに予定を書き込み、なるべく無駄なく動いて多くのタスクをこなせるように予定を組みます。 私もスケジュールがたく…

「若いうちは遊べ」と言われても・・・

アラフォー童貞のODです。 「若いうちは遊べ」などと、上司や親戚といった目上の立場の人たちから言われたことはないでしょうか? 私も社会人になってからは周囲から言われたものですが、そのときは「一体何をもって遊びなのだろう?」「この人たちにとって…

「後悔しない」を考える

アラフォー童貞のODです。 日本は長寿国家と言われておりますが、当然ながら自分の生命がいつ終わるかなんてことは誰も分かりません。 それどころか、自分の生命が明確にカウントできる状態になったら、それこそ最初に感じるのは絶望と困惑でしょう。 視点を…

「自分には価値はない」という時期は、誰もがある普通のこと

アラフォー童貞のODです。 独りでも生きていけると豪語している人はおりますが、そんな人でも寂しさというものは感じるもので、他人という存在を求めることはあります。 「孤独は平気だと豪語しておいて、寂しいなんてダサい」と笑う人はいるかもしれません…

「自分のハンマー」で注目されようとしない

アラフォー童貞のODです。 「ハンマーしか持っていなければ、全てが釘に見える」ということわざがあります。 これは自分の特技を全ての事象に適応しようとしたり、過去の成功体験から「以前うまくいったやり方は今回も通用する」と思い込んだりすることです…

「許せない人」を許さなくていい

アラフォー童貞のODです。 私は現在も童貞であるものの、特にそのことに対してどうとも思ってません。 しかし、20代の頃は自分が童貞であると周囲にバレやしないかと怯えてました。 そして周囲から童貞疑惑がかかると、適当に誤魔化しておりました。 今に…

他人の評価のために「真面目」になるのをやめる

アラフォー童貞のODです。 いつの時代でも「真面目さ」「勤勉さ」というものは評価されます。 昨今では「意識高い系」などと小馬鹿にする人はおりますが、例え時間がかかったとしても一歩一歩、物事に真摯に向き合う人には、必ず何かしらの成果が生まれます…

仕事に「雑談」は必要なのか?

アラフォー童貞のODです。 昨日の記事では、「雑談が苦手な理由」を考えてみました。 簡単に言うと、雑談というのは頭をあまり使わない反射的な会話のため、そこにテーマ性や着地点などを頭を使って話そうとするため話が噛み合わず、結果的に苦手と感じるよ…

なぜ「雑談」が苦手なのか?

アラフォー童貞のODです。 コミュニケーションが苦手な人が悩むことの1つに「雑談」があります。 正直言って私も苦手であり、その理由は何かというと「テーマがないこと」です。 テーマがない話すこと自体が目的のため、会話に方向性や着地点がありません。…

言葉を知っただけでは本質は分からない

アラフォー童貞のODです。 現代はカタカナ用語や専門用語が乱立しています。 この手の言葉は適切な状況でイメージを伝える分には有効ですが、使う場面や相手を間違えると言いたいことが伝わらない恐れがあります。 特に専門用語は専門知識や理解度がある者同…

「面倒くせえな」と思うのは結局は他人事だから

アラフォー童貞のODです。 生きていると面倒なことに出くわします。 自分から面倒事に飛び込むのは少年マンガの主人公くらいなもので、多くの人は面倒なことを避けたいと思うはずです。(もちろん、私もです) しかし、面倒なことは高いエンカウント率をもっ…

「アットホームな職場」とやらに疑問

アラフォー童貞のODです。 「好きなことを仕事にする」「好きなことで食べていく」みたいなキャッチフレーズがありますが、残念ながら社会人のほとんどは、嫌いなこと、苦手なこと、面倒くさいことに追われております。 もちろん、好きなことや得意なことを…

「人脈はいらない」とまで言わないが、あまり広げすぎない

アラフォー童貞のODです。 他人と関わるのが怖くなり、一時期は社会に適合できなくなった私ですが、何とか社会復帰して現在も四苦八苦しながら生きております。 今は仕事で多くの人と関わることで打たれ強くなったのか、他人と関わるのが怖いということはな…

「タバコ休憩」はあり? なし?

アラフォー童貞のODです。 数年前より、法律により公共施設などは敷地内は禁煙となっております。 これは受動喫煙により非喫煙者や子供などの健康被害を守るための取り組みです。 このような法律に対して「今さら」と思うのか、「ようやく」と思うのか、公共…

「言った」「言わない」という揉め事

アラフォー童貞のODです。 仕事でもプライベートでも、人間同士が関わるうえで大切なコミュニケーション。 そのための人間の1つのツールとして会話というやり取りがあります。 ボディランゲージなどの雰囲気で通じ合うことはできますが、会話は基本的に共通…

「罪悪感を抱く」と言うが、罪と責められるほどの悪はあるのか?

アラフォー童貞のODです。 糖質制限中なのに、寝る前に甘い物を食べてしまった。 忙しい時期に体調を崩して会社を休んでしまった。 せっかく教えてもらったことを活かせなかった。 親の期待に応えることができなかった。 このような個人の意思の弱さや他人へ…

「相手のことをたくさん知っている」=「信頼関係」とは限らない

アラフォー童貞のODです。 最初はよく知らない相手でも、話しているうちに親しくなります。 親しくなる要因の1つとして「相手のことを知ること」が挙げられます。 例えば、年齢、出身地、好きな食べ物、趣味や特技、職業、仕事内容、役職、休日の過ごし方、…

「他人に迷惑をかけない」という無理ゲー

アラフォー童貞のODです。 まだまだ暑い日が続きますが、冷房をつけるよりも窓からの風のほうが心地良いと感じるようになりました。 しかし、困ったことに職場も自宅も窓を開けると、外からタバコの煙が流れ込んできてしまうことがあり、窓を閉めてしばらく…

「もう諦めろ」と伝えること・言われること

アラフォー童貞のODです。 ここ2日間の記事は、世の中における出来事や人間関係などは「仕方ない」と思うしかないものばかりで、かつ自分の思うとおりに「うまくいかない」ことがほとんどである・・・という身も蓋もない内容でした。 これは物事に真剣に取…

ほとんどの物事は「うまくいかない」と考える

アラフォー童貞のODです。 昨日は「仕方がない」をテーマに記事としました。 世の中は仕方がないことだらけ・・・自分の目の前で起きている現象や関わっている人間のほとんどはコントロールできません。 それどころか、自分自身の肉体や感情だってコントロー…

「仕方がない」という自分を解放する考え方

アラフォー童貞のODです。 ランニングを日課にしているけれど、足が痛くて走れないことは必ずあります。 得意な教科であっても、凡ミスをすることは必ずあります。 時間をかけてプレゼンに臨んだけれど、違う企画が採用されることはあります。 健康に気を遣…

「おしゃべりが好き」と「会話が好き」は違う

アラフォー童貞のODです。 おしゃべりは好きでしょうか? 会話をするのは好きでしょうか? おしゃべりも会話も一緒なのでは? と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、この2つは似ているようで全く異なります。 おしゃべりは、自分の話を一方的に話し…

日常会話も就活の面接も「お互いの事情をよく分からないまま」がほとんど

アラフォー童貞のODです。 ここ2日間は就職活動を主としたコミュニケーションスキルをテーマにしております。 そこまでの内容を簡単にお伝えしますと・・・ ・コミュニケーションは訓練により養われる技術である ・就活はコミュニケーションスキルを磨く場…

コミュニケーションスキルだけで何とかなるほど、世の中甘くはない

アラフォー童貞のODです。 昨日は就職活動を想定したコミュニケーションスキルについて記事にしました。 その内容を簡単にお伝えすると、コミュニケーションスキルは「スキル」というだけあって学習や訓練によって培われる技術であります。 そして、それは就…

就職活動におけるコミュニケーションスキルとやら

アラフォー童貞のODです。 現在でも就職活動において「コミュニケーションスキル」などというものを重視しているのでしょうか? 今にして思えば、このような単語が広まった背景にはインターネットや携帯電話の普及があったのではないでしょうか? もちろん当…

何だかんだ言って「試行錯誤」が一番楽しい

アラフォー童貞のODです。 世の中を見渡せば、多くの人が飛びつきそうな効率的なやり方や成功法則といったものが溢れております。そのようなものに対して、最近ではエビデンスといった科学や統計などの根拠を提示することで、より信憑性を持たせるような表現…

感染予防の意義が多様化してしまった昨今、マスクをしない人を非難しても仕方がない 

アラフォー童貞のODです。 コロナ感染者が増えたり減ったりしておりますが、国やメディアが危機意識を持つように促しているものの、世間は割と落ち着いているように見えます。日本でも爆発的に感染が拡大したここ1~2年間でビクビクしながら生活してきたも…

自分が本気だからって、他人にも強制してはいけない

アラフォー童貞のODです。 恋愛において、こちらがいくら相手のことを大好きであっても、相手は「そこまで好きではない」なんてことはあります。別に相手だってこちらが嫌いというわけではないけれど、恋人として付き合ったり、同棲したり、肉体関係になった…

強制的ではあるが、「体調不良時は休む」を社会が容認するようになってきた

アラフォー童貞のODです。 昨今は発熱や咳などの症状があると、本人の回復と感染拡大を防止するために「すぐに休む」ということが当たり前になっております。いくら仕事で重要な役割にいても、そこで無理を押して職場に出てしまうと多くの人に迷惑がかかり、…