アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

仕事

気分や感情で仕事をする人を「何とかしよう」としなくていい

アラフォー童貞のODです。 仕事をしておりますと、色々な人たちと出会います。 その中で困るタイプとして、気分や感情によって言動が態度が変わる人がおります。 (ここで言う「気分」というのは、健康に係るコンディションではありません。だるいとか風邪気…

他人が休んでいるときに働いている自分は素敵なのか?

アラフォー童貞のODです。 「働かずに食う飯はうまいか?」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、社会の世情を反映したような表現だと思います。この言葉の由来や元ネタなどは分かりませんが、社会的に生産的な活動をしていないのに生きようとして…

「上司から評価されない」と思うならば

アラフォー童貞のODです。 仕事をしていると誰でも欲しいものがあります。それは「評価」です。もちろん、お金(給料)は欲しいでしょうが、それだって評価があってこそ昇給やボーナスといった金額に反映されるものです。 そして何より、人間という生き物は…

「仕事ができる人」がやってる当たり前のこと

アラフォー童貞のODです。 昨日の記事では、仕事ができない人と言われてしまう人は、なぜ仕事ができないのかを考察しました。それは言うならば、お客さんのニーズに応じていないこと、会社からの指示をスルーしていること、そのうえ自分勝手に進行してしまい…

「仕事ができない人」に不足しているのはスキルではない

アラフォー童貞のODです。 どの職場にも「仕事ができない人」はおります。 ひどい言い方でしょうが、これは真実です。 周囲からも 「頑張っているのは分かるけど、なかなか結果が出せないんじゃな」 「そもそも実力が足りないんだよな」 「理解力がないのが…

「量」で心は満たされない ~空白のないスケジュールをやめる~

アラフォー童貞のODです。 自分がやったこと、対応したことを記録することは大切です。 仕事においては社員一人ひとりが日誌を出したり、各支店から本社へ月単位で業務報告を提出することもあるでしょう。メンテナンスの専門業者ならば、お客さん先で作業を…

「自分の頑張りを知って欲しい」と思うほど苦しくなる

アラフォー童貞のODです。 人が頑張っている姿を見ると勇気を貰います。自分も頑張ろう、落ち込んでいる場合じゃない、まだまだやれるはず・・・といったようにモチベーションにつながることもあります。それが回り回って、スポーツ選手や芸能人、企業家など…

「自分の好きにやらせてもらえない」「評価されない」のには、ちゃんと理由がある

アラフォー童貞のODです。 誰しも周囲から良い評価をして欲しいと思うものです。これは人間には「社会的欲求」「承認欲求」などといった集団や他者から認めてもらいたい欲が備わっているからです。客観的に見ると面倒くさいと思われる欲ではありますが、この…

誰かに教えてもらうが面倒であっても、「自己流」はやめたほうがいい

アラフォー童貞のODです。 勉強やスポーツ、仕事や趣味など・・・今の自分にないものを修得するには知識や技術の基礎固めはそれなりに必要ですし、時間やお金、体力だって確保しなくてはいけません。できれば退屈せずに苦しまずに気楽にやりたいですし、効率…

「時間をかける」よりも「時間を賭ける」という思考

アラフォー童貞のODです。 周囲から評価されたい、特定の人から認められたい、世の中が驚くような成果を出したい・・・このように思う人は少なくありません。これは人間には承認欲求というものが備わっており、特に社会と呼ばれる集団において生存しようとす…

「多くの人がやっていること」が「常識」や「正解」とは限らない

アラフォー童貞のODです。 「社会的証明」という心理学用語をご存知でしょうか? 大まかに言うと、「多くの人がやっているからきっと合っているだろう。ならば自分もそうしよう」というものです。何だか主体性がないように思われますが、実際は多くの人たち…

たくさん頑張っているのに評価されない理由

アラフォー童貞のODです。 人一倍努力しているのに、成果が出ない人がおります。 人一倍頑張っているのに、評価されない人はおります。 人一倍気を遣っているのに、相手にされない人がおります。 最近は「他人を気にしない」とか「自分のことは自分が一番分…

「このままでいいのか」と思っても、すぐに行動に移さない

アラフォー童貞のODです。 「好きなことで生きていく」という生き方に憧れる人は多いでしょう。 それは実際に「好きなことで生きていく」をカタチにしている人たちがいるからです。 しかし、これは注意が必要です。「好きなこと”だけ”で生きている」というわ…

全てを把握しようとしなくていい

アラフォー童貞のODです。 どんなことにも首を突っ込む人がおります。 何でも把握しておかないと気が済まない人もいます。 これらは野次馬根性などの性格的なもの、立場からの責任感に由来しているものなど様々あります。視野を広げたいという探求心、色々な…

「空き時間を有効的に」なんてしなくていい

アラフォー童貞のODです。 同一時間帯に複数のことを処理しようとする、いわゆる「マルチタスク」は脳に負担をかけるばかりか、作業効率も質も下げてしまうという話はもはや有名です。分かりやすく言えば「~しながら、〇〇する」といったものです。 このよ…

「 何だかいつも忙しい・・・」と思うのは、勘違いかもしれない

アラフォー童貞のODです。 ひどく疲れている、頭が働かないときに限って、判断しなければいけないことやトラブルなどが降りかかってくることがあります。 「今日は定時で帰ろう・・・」と思った矢先に、客先から急な納品依頼があったり。 早く寝ようと思った…

「中身を見て下さい」は子どもの言い分

アラフォー童貞のODです。 人間は見た目よりも中身が大事と言います。 とはいえ、第一印象は見た目になってしまうのが現実です。 もちろん、見た目が良くても性格や言動が最悪ということもあります。 しかし、第一印象が悪ければ、コミュニケーションの入り…

人並になれなくてもいい

アラフォー童貞のODです。 40歳近くなったからというわけではありませんが、20代頃に考えていた理想とか憧れた生き方というものは、結構つまらないものだったな、と思うことがあります。 その1つとして安定した生活というものです。理想とか憧れた生き…

「学校の宿題」は何のためにあるのか?

アラフォー童貞のODです。 学校の宿題って何のためにあるのでしょう? その日、授業でやった内容をおさらいするためでしょうか? 自宅での勉強習慣を身に付けるためでしょうか? それとも、帰ったあとに遊んでばかりいるのを防止するためでしょうか? もしか…

「やる気がない日」があるのは普通

アラフォー童貞のODです。 「アラフォーになったから」というわけではありませんが、食事や睡眠といった健康管理には気を遣うようになりました。また、仕事の予定の組み方も変えて、無理が出ないようにしたり、周囲にお願いできることは甘えるようになりまし…

あの漫画の表現は「トレパク」?「オマージュ」? それとも・・・

アラフォー童貞のODです。 ネット上でときどき、漫画に対する評価の1つとして、「トレパク」という言葉を見かけます。これは、実在の人物や静物などの写真や、既存の漫画の描写をそのまま自分の作品に流用している場合の指摘のようです。さらに大ごとになっ…

「技術がある」と「思った通りにできる」は違う

アラフォー童貞のODです。 やりたいこと、興味があること、好きになったこと・・・これらを始めた当初は夢中になって楽しめたのに、いつの間にかしんどくなってしまった事はないでしょうか? その1つの理由として、「技術を追い求めるようになったから」と…

感情的になって、部下を叱りつけてしまったら

アラフォー童貞のODです。 部下や後輩を指導・教育する立場にある人ならば分かると思いますが、人に何かを教えるということは難しいものです。 自分が10教えても1つも理解できていないこともあります。1つ1つ手順を教えているのに、何故か違う成果物が…

成果をあげるのは「自分」でなくても良い

アラフォー童貞のODです。 「何が何でも成果をあげたい!」と躍起になっている人は少なくありません。それは営業成績だったり、手術の成功だったり、誰も解くことができない数式だったり、自然界の不思議だったり、新種の生物の発見だったり・・・。どのジャ…

長文を読む機会があったほうが良い理由

アラフォー童貞のODです。 現代ではメールやLINEといった短い文章でコミュニケーションをとる機会が増えております。ちょっとした用件ならば電話するよりも簡単ですし、メッセージを受け取った相手の都合に合わせて読むこともできます。私も仕事やプライ…

ふと「仕事を辞めたい」と思ったら・・・

アラフォー童貞のODです。 漠然と仕事を辞めたいと思うことがあります。 というか、誰もがそういう心境になることはあるでしょう。仕事でなくても、現在取り組んでいること、進行中のこと、朝起きてから寝るまでのルーティンワーク、所属しているグループ、…

「真面目である」とは何か?

アラフォー童貞のODです。 「真面目な奴が馬鹿を見る」「真面目な奴が損をする」などと言われることがありますが、これは実際どうなのでしょう? 真面目でないほうが人生はうまくいくのでしょうか? このような疑問は、真面目な性格と呼ばれている人や、誰よ…

「失敗したくない」とは具体的にどういうことか?

アラフォー童貞のODです。 30代後半になってから、それまでやってこなかった勉強というものを、仕事を通じて半ば強制的に行う日々が続きました。そして気づいたら読書をすることが日課になっておりました。もはや勉強するという感覚ではなく、新しいことに…

「マニュアル」こそ、現代人には必要

アラフォー童貞のODです。 世の中はルールだらけです。 法律や条例、町内会のゴミ出しの仕方、学校ではシャープペンはダメ(今でもあるのか?)、朝は9時までに出勤、並ぶときには1メートル間隔、飛び込み乗車はしない・・・数え上げたらキリがないどころ…

自分の人生を「文系」「理系」で分けないで

アラフォー童貞のODです。 日本人の傾向なのか、世界の人たちも同様なのかは分かりませんが、私たちは人間の系統を分類化したがります。「男か女か」「血液型は何型か」「どこ出身か」といったその人の基本的な情報もあれば、「肉食系か草食系か」といった時…