アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

仕事

「技術がある」と「思った通りにできる」は違う

アラフォー童貞のODです。 やりたいこと、興味があること、好きになったこと・・・これらを始めた当初は夢中になって楽しめたのに、いつの間にかしんどくなってしまった事はないでしょうか? その1つの理由として、「技術を追い求めるようになったから」と…

感情的になって、部下を叱りつけてしまったら

アラフォー童貞のODです。 部下や後輩を指導・教育する立場にある人ならば分かると思いますが、人に何かを教えるということは難しいものです。 自分が10教えても1つも理解できていないこともあります。1つ1つ手順を教えているのに、何故か違う成果物が…

成果をあげるのは「自分」でなくても良い

アラフォー童貞のODです。 「何が何でも成果をあげたい!」と躍起になっている人は少なくありません。それは営業成績だったり、手術の成功だったり、誰も解くことができない数式だったり、自然界の不思議だったり、新種の生物の発見だったり・・・。どのジャ…

長文を読む機会があったほうが良い理由

アラフォー童貞のODです。 現代ではメールやLINEといった短い文章でコミュニケーションをとる機会が増えております。ちょっとした用件ならば電話するよりも簡単ですし、メッセージを受け取った相手の都合に合わせて読むこともできます。私も仕事やプライ…

ふと「仕事を辞めたい」と思ったら・・・

アラフォー童貞のODです。 漠然と仕事を辞めたいと思うことがあります。 というか、誰もがそういう心境になることはあるでしょう。仕事でなくても、現在取り組んでいること、進行中のこと、朝起きてから寝るまでのルーティンワーク、所属しているグループ、…

「真面目である」とは何か?

アラフォー童貞のODです。 「真面目な奴が馬鹿を見る」「真面目な奴が損をする」などと言われることがありますが、これは実際どうなのでしょう? 真面目でないほうが人生はうまくいくのでしょうか? このような疑問は、真面目な性格と呼ばれている人や、誰よ…

「失敗したくない」とは具体的にどういうことか?

アラフォー童貞のODです。 30代後半になってから、それまでやってこなかった勉強というものを、仕事を通じて半ば強制的に行う日々が続きました。そして気づいたら読書をすることが日課になっておりました。もはや勉強するという感覚ではなく、新しいことに…

「マニュアル」こそ、現代人には必要

アラフォー童貞のODです。 世の中はルールだらけです。 法律や条例、町内会のゴミ出しの仕方、学校ではシャープペンはダメ(今でもあるのか?)、朝は9時までに出勤、並ぶときには1メートル間隔、飛び込み乗車はしない・・・数え上げたらキリがないどころ…

自分の人生を「文系」「理系」で分けないで

アラフォー童貞のODです。 日本人の傾向なのか、世界の人たちも同様なのかは分かりませんが、私たちは人間の系統を分類化したがります。「男か女か」「血液型は何型か」「どこ出身か」といったその人の基本的な情報もあれば、「肉食系か草食系か」といった時…

「一発屋」と馬鹿にする人は、現状維持タイプかも

アラフォー童貞のODです。 「一発屋」という言葉があります。 本来の意味や由来は分かりませんが、歌手や芸人、タレントさんといった芸能人に対してよく使われる印象があります。要は、一時期ものすごい人気があったり、大ヒットしたコンテンツを生み出した…

「他の人が働いているのに、自分は休んでていいのか・・・」と不安を抱くのは間違い

アラフォー童貞のODです。 他人の目を気にする、他人と比較してしまう、他人に悪く思われたくない・・・このような考えは、集団生活の中で思考として振る舞いとして表れてしまいます。それは社会人としてにおいてもよく見受けられます。 よくあるのが、「他…

Q:同僚や上司がまだ仕事をしているのに、自分は定時で帰ってもいいの? ⇒ A:帰っても問題ありません。

アラフォー童貞のODです。 本記事は、管理職という立場から「まだ同僚や上司が仕事をしているのに、自分は帰ってもいいのか・・・」と悩んでいる向けに記事をまとめました。少しでも気楽になれば幸いです。 さて、定時を過ぎているし自分の仕事は終わったか…

無理に「笑顔でいよう」としなくていい

アラフォー童貞のODです。 いつも笑顔でありたいものです。 笑顔な人の周りには人が集まります。眉間にシワを寄せている多弁な人よりも、微笑みながら話を聞いてくれる人のほうに好感を抱きます。 人間の感情というのは伝播すると言います。同じ空間にイライ…

認められたい相手ほど、自分を認めてくれないもの

アラフォー童貞のODです。 「自分の幸せは自分が決める」という考え方があります。見方を変えると、幸せの解釈は他人が決めるのではなく、自分自身が決めて良いということであります。それはつまり、他人がNGを出したものでも、自分にとってOKならば問題ない…

「返信がない」ことを気にしない

アラフォー童貞のODです。 自分が送ったメールやLINEに「返信がない」「既読がつなかい」というとき、その時間が長引けば長引くほど、気になります。何度もスマホの画面を開いて通知が来ていないか確認してしまいます。 そもそも、メールなどを送るとい…

うまくいかないときは、早く帰ろう

アラフォー童貞のODです。 仕事も人間関係もうまくいかない・・・社会人ともなると、そんなことは日常茶飯事です。いえ、社会人でなくとも、この情報化社会の中においては、老若男女問わず、自分を取り巻く環境に右往左往して苦悩するものです。 そして、苦…

クリエイターもサラリーマンも働き方は同じ

アラフォー童貞のODです。 アラフォーになってみると、若い人たちの言動や考え方をみると「ああ、自分も10代とか20代のとき、似たようなこと考えていたわ」と思うことがあります。その1つとして、クリエイティブな仕事をしたいという願望や期待です。も…

凡ミスが減らすには、自分が「気を張る場面」を分析する

アラフォー童貞のODです。 凡ミスをしてしまう人がおります。別に手を抜いているわけでもないし、準備もちゃんとしているのに、「え、何でそんなミスをしたの?」という想定すらしていないレベルの凡ミスをしてしまうのです。仕事上で管理職をしておりますと…

「給食を完食するまで残される問題」から食事のあり方を考える

アラフォー童貞のODです。 教師が生徒に「給食を完食するまで居残り」ということを強要することは、このIT化が進んだ現代でもどこかの学校であるのだろうか?・・・と、お昼ご飯を食べながら、そんな疑問が頭に浮かびました。 別に「食べ物を残してはいけ…

身近な人の態度が冷たくなったと感じたら・・・

アラフォー童貞のODです。 職場の同僚、ご近所さん、新しくできた友人・恋人・・・社会という集団で生きている私たちは、大なり小なり、意図的または偶発的に家族以外の人たちとも関わりをもっていくことになります。挨拶を交わしたり、困りごとを手伝ったり…

「後悔したこと」って意外に覚えていないもの

アラフォー童貞のODです。 私たちは日常の中で、小さなことから大きなことまで選択と決断をします。うまくいくこともあれば、良くも悪くも思わないこともあり、うまくいかないこともあります。一番最後のうまくいかなかった出来事の1つに”後悔”というものが…

「茶化す」と「ユーモア」の違い

アラフォー童貞のODです。 仕事とはいえ、常に真面目な会話をしているのはしんどいものです。たまには冗談や雑談を交えて、和やかな雰囲気で会話をすることも大切です。アイディア出しといった話のテーマによっては、気持ちをリラックスさせるという意味から…

「他人を指摘する癖」に気づく

アラフォー童貞のODです。 いつも他人に怒っている人はいないでしょうか? あるいは、いつも同じ人ばかりにイライラしてしまうことはないでしょうか? いつも自分の部下や後輩を叱りつけてばかりの人が身近にいないでしょうか? それは、他人を「指摘する癖…

長い時間をかけて質を高めるより、短い時間で「リリース&アップデート」を繰り返す

アラフォー童貞のODです。 私たちの身の回りにあるものは、答えがあるものと答えがないものに分かれます。これは、結果や成果を可視化できるものとそうでないもの、評価を客観的に判断できるものとそうでないもの、などと言い換えることができます。そして、…

時間をかけても無駄なこと

アラフォー童貞のODです。 管理職をやっておりますと俯瞰して物事を見る癖がついているせいか、良くも悪くも他人の言動に対して突っ込みを入れたくなる場面が多々あります。それは時には指導というカタチはとるものの、大抵の場合はうまくいきません。まぁ、…

「ゴマすり」で気に入られる人、嫌われる人

アラフォー童貞のODです。 アラフォーという年齢で、かつ仕事でそれなりの立場になってみて分かったことがあります。それは、昔は「ゴマすり」に対して抱いていた悪いな印象が、現在では良い面もあると思うようになったのです。「良い面もあるというように書…

「大変そうだね」「忙しそうだね」と言われることが、モチベーションになっている危険性

アラフォー童貞のODです。 仕事でも何でも、一生懸命に頑張ることは良いことです。それが大好きなことであれば、周囲から休憩や睡眠や食事などをするように促されても、それらはそっちのけになっても、とても楽しんで取り組むことができます。一方、ひたらす…

暇を持て余している人もいれば、「貧乏暇なし」という言葉もある

アラフォー童貞のODです。 世の中には「ああ、暇だ」「退屈で死にそう」という人もいれば、「貧乏暇なし」という言葉が示す通り経済的に困窮しているがゆえに、寝る間も惜しんで仕事に励んでいる人もおります。中には仕事を掛け持ちしている人もいるでしょう…

「周りに合わせる」はダメなのか? 「個性」ほうが大切なのか?

アラフォー童貞のODです。 SNSなどで気軽に自分の考えを表現したり、日常生活を投稿できるようになっている現代において、他人との差別化ばかり気に掛ける人が増えているように思います。自分を主張するのは結構ですが、いわゆる「個性」とやらを主張し過ぎ…

「嫌いな仕事」もあっての「好きなことを仕事にする」

アラフォー童貞のODです。 いつの頃からか「好きなことを仕事にする」というキャッチフレーズが巷に溢れるようになりました。しかし、実際に好きなことを仕事にしている人は、好きなことだけ仕事をしているのでしょうか? 例えば、漫画を描くことが好きな人…