アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

会話

日常会話も就活の面接も「お互いの事情をよく分からないまま」がほとんど

アラフォー童貞のODです。 ここ2日間は就職活動を主としたコミュニケーションスキルをテーマにしております。 そこまでの内容を簡単にお伝えしますと・・・ ・コミュニケーションは訓練により養われる技術である ・就活はコミュニケーションスキルを磨く場…

若者に昔話でマウントをとろうとしない

アラフォー童貞のODです。 いつ寿命を終えるのかは分かりませんし、どこで人生が途絶えるのかは想定不能です。そのようなことがふと頭に浮かんでしまうと、漠然と不安になったり考えても仕方ないと思ったりします。 ・・・と、このようなことを独りで勝手に…

「つまらない」から「楽しい」となる境目

アラフォー童貞のODです。 世の中には楽しいことがたくさんあります。しかし、それを全て楽しむには時間が足りません。だからこそ、短い時間でもなるべく楽しいという感覚を味わいたいと思うものです。 しかし、期待していたほど楽しくなかったり、お勧めさ…

自分が持っている「偏見」との付き合い方

アラフォー童貞のODです。 先日、会話に関する本を読んでいたとき、『アンコンシャスバイアス』という言葉を知りました。これは「無意識の思い込み」「偏見」を意味します。 私たちは自分の経験、周囲からの教え、世間が言うところの常識などによって思考や…

気分や感情で仕事をする人を「何とかしよう」としなくていい

アラフォー童貞のODです。 仕事をしておりますと、色々な人たちと出会います。 その中で困るタイプとして、気分や感情によって言動が態度が変わる人がおります。 (ここで言う「気分」というのは、健康に係るコンディションではありません。だるいとか風邪気…

「他人の目」「世間体」を超えた行動の先にあるもの

アラフォー童貞のODです。 自分の考えを言いたいとき、やりたいことがあるときなどに障壁になるものがあります。それは「変に思われたら・・・」「間違っていたら・・・」「失敗したら・・・」というものです。 例えば・・・ 学校の授業で先生が黒板に書いて…

円滑な対人関係を築くための会話術を学ぶ・・・その前に

アラフォー童貞のODです。 対人関係を円滑にするため、感情的にならないため、好かれるため、自分にとって得になるため・・・私たちはコミュニケーション術や会話術などを学ぼうとします。昨今では心理学や統計などの根拠を用いた書籍や講座などが多数あるた…

「他人と話が通じない」という問題は解決しない、いつの世も

アラフォー童貞のODです。 昨日の記事では、会話において「話が通じない」という状況にある場合、それは伝える側に問題があるのか? それとも聞き手の理解力の問題か? を考えてみました。 結論としては、伝え方の問題でもあるし、聞き手の理解力の問題でも…

話が通じないのは、話しての伝え方が問題か? 聞き手の理解力の問題か?

アラフォー童貞のODです。 会話というものは、楽しいときもあれば退屈なときもあります。思いがけず考えが合致するときもあれば、全く話が噛み合わないこともあります。共通の課題を解決するために協議をしていたのに、いつの間にか衝突していることもありま…

「何を話したらいいのだろう・・・」と悩むのは、会話にとって大切な姿勢

アラフォー童貞のODです。 今でも季節の節目や行事のたびに「彼氏がほしい」「彼女がいれば」といったことを若い人達は言うのでしょうか? イベントの時期になると街中にはカップルが溢れるため妬ましい、惨めな思いをする・・・なんてことは漫画だけの話と…

「毒舌」とは高度なコミュニケーション、素人は手を出すべからず

アラフォー童貞のODです。 本ブログでは、人間の行動や思考などについてアレコレと書いておりますが、それを書いている私自身はコミュニケーションに秀でているわけではありません。それでも日常で取り入れられそうな円滑な対人法は、積極的に実践するように…

議論を交わすときは「相手の意見に納得できないことは絶対にある」と思ったほうが良い

アラフォー童貞のODです。 仕事における会議でも、研究におけるディスカッションでも、友達との他愛のない雑談であっても、私たちはどうしても意見を衝突させてしまうことがあります。それは仕方ない話であり、かつ人数が多ければ多くなるほど様々な意見が出…

愚痴や不満を言うほど「怒り」は止まらなくなる

アラフォー童貞のODです。 愚痴を聞いてもらうと、心がすっきりすることがあります。これは自分の気持ちを言葉にすることにより、客観視できるようになるからです。ときには「ああ、こんなことで自分は感情的になっていたのか」と気づくこともできます。愚痴…

「きつい言い方をする人」の話に、少し耳を傾けてみる

アラフォー童貞のODです。 世の中には「言い方がきつい」という人がおります。 そのような人とやりとりする際、人によっては何か言われるたびに怒られた気持ちになったり、何か言われる前に「また怒られる」と委縮してしまったりします。しだいに話かけるど…

「そのままの自分」「ありのままの自分」だけでは生きるうえで苦労する?

アラフォー童貞のODです。 現代はインターネットやスマホなどにより、他人と比較しやすい土壌があります。 そしてネット上に流れている情報というのは、見栄えを良くしたものか不安を煽るようなものばかりです。すると、他人と比較して「自分はダメな部類…

「他人が何を考えているのか分からない」は当たり前のこと

アラフォー童貞のODです。 「自分のコミュニケーションを見直しそう」と思い立った時期がありました。身近に意識をするようになった女性ができたことがきっかけです。結果として失恋というカタチで終わりましたが、良い機会になったのは確かです。 最初は「…

「怒れば何とかなる」と思っている人との関わり方

アラフォー童貞のODです。 人間は考え方や価値観が1人1人異なります。 このようなことは頭で分かっているけれど、相手の言動や考え方を知ったとき、それが自分にとって許せないことや譲れないことだと、相手を変えようとしてしまい、それが反論や口論とい…

愚痴や悩みをいうときは、相手に共感や理解を求めないほうが良い

アラフォー童貞のODです。 どんなカタチであれ、私たちは日常で他人と言葉を交わすことになります。良いのか悪いのか分かりませんが、現代では直接会話をしなくても、パソコンやスマホなどの通信機器によってコミュニケーションが成立します。 他人と関わっ…

心のどこかで「相手に期待する」から疲れる

アラフォー童貞のODです。 いつの世でも誰しも悩むことがあります。 それは人間関係です。 周囲の評価を気にしたり、 こちらの行動への反応を伺ったり、 反論をされてムカッときたり、 理不尽なことを言われて唇を噛みしめたまま黙ったり、 ・・・数え上げれ…

「変なこと言ったかも・・・」と気にしなくていい

アラフォー童貞のODです。 自分の言動の1つ1つを気にしたり、後悔してしまうことはないでしょうか? 「変なことを言ったかも」 「間違っていたら、どうしよう」 「おかしな奴と思われていないかな」 「向こうも知っている情報だったら恥ずかしい」 ・・・…

言いたいことの「4割」伝えることができれば良いほう

アラフォー童貞のODです。 自分の考えや思っていることを他人に伝えた後、「もっと言いたいことがあったのに・・・」「あそこは別な言い方をすればよかった」「そうだ、あの事言うのを忘れた」といったように、不完全燃焼で終わった経験は誰にでもあると思い…

「尊敬されたい」という気持ちを手放す

アラフォー童貞のODです。 仕事でも家庭でも、友人関係であっても、人間関係というのはうまくいかないものです。それは、自分自身の価値観や自我という見えないものと、他人の価値観や生き方などが噛み合わないからです。お互いに見えないものを主張し合って…

「茶化す」と「ユーモア」の違い

アラフォー童貞のODです。 仕事とはいえ、常に真面目な会話をしているのはしんどいものです。たまには冗談や雑談を交えて、和やかな雰囲気で会話をすることも大切です。アイディア出しといった話のテーマによっては、気持ちをリラックスさせるという意味から…

いつも特定の相手と意見衝突するのは、「自分と考えが違うから?」 それとも「その人が嫌いだから?」

アラフォー童貞のODです。 会議などにおいて、意見がまとまらないときがあります。これは問題ではなく、当たり前の状態です。特に話し合いを始めた当初というのは、お互いから飛び交う考えに対して理解ができていない状態なので、どんなに良い意見であっても…

自分だけ誘われないとき、「疎外感」をもたなくていい

アラフォー童貞のODです。 地球上にいる生物の多くは集団で生きており、それは集団であることで自分たちの身の守ることにもつながります。それは人間も同様であり、人間は家族、地域、国、世界という人間関係の連続によって社会を構成します。 人間というの…

真に評価されたいならば、「情報通な振る舞い」はやめた方がいい

アラフォー童貞のODです。 インターネットの普及、通信端末やアプリの発展により、様々な情報を簡単に得ることができます。そのような時代において大切なのは、自分にとって大切な情報は何であるか、そして得た情報をどのように活かすのかです。これらに適合…

相手の話を聞き、少しトーン高めに「へえ~」と反応してあげる

アラフォー童貞のODです。 会話によって人間関係は良くも悪くもなります。それならば、人間関係を良くしたいと思うのは当然のはずです。しかし、やってしまいがちなのは、自分の話をもって自分を良く見せようとしてしまうことです。 分かりやすいのが自慢話…

相手の意見に「折れる」という選択も1つ

アラフォー童貞のODです。 どんなテーマであっても、人と人との会話においては必ず意見の違いは生じます。それはどんなに気が合う人であっても、長い付き合いの間柄でもあります。 そのようなとき、お互いの考えを傾聴して「そうですか。あなたはそのような…

話し合いの場における「人それぞれで良い」の適切な使い方

アラフォー童貞のODです。 この世界にはたくさんの人がおります。容姿、動き方、成長の仕方、好きなもの、嫌いなもの、人間関係、生き方、考え方・・・どんなに同じ環境を生きていても、思考が類似するとはいえ、突き詰めると1人1人は異なります。つまり、…

分かり合えないのは当然である

アラフォー童貞のODです。 初対面のときは緊張して、何を話していいのか分からなかったのに、その相手と少し話をしているうちに意外な共通点が見つかり、仲良くなることがあります。しかし、途中から話が合わなくなり、最悪の場合、口論になってしまうことも…