アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

変化

憧れの人の生き方を、そのまま真似できなくていい

アラフォー童貞のODです。 私たちは必ず他人に影響されてしまいます。 これは学校の勉強などの共通して学ぶことではなく、その個人の琴線に触れた何かに触発されて「自分もこうなりたい」「自分もやってみたい」という興味が湧くことです。 ドラマに出演して…

ほとんどの物事は「うまくいかない」と考える

アラフォー童貞のODです。 昨日は「仕方がない」をテーマに記事としました。 世の中は仕方がないことだらけ・・・自分の目の前で起きている現象や関わっている人間のほとんどはコントロールできません。 それどころか、自分自身の肉体や感情だってコントロー…

「仕方がない」という自分を解放する考え方

アラフォー童貞のODです。 ランニングを日課にしているけれど、足が痛くて走れないことは必ずあります。 得意な教科であっても、凡ミスをすることは必ずあります。 時間をかけてプレゼンに臨んだけれど、違う企画が採用されることはあります。 健康に気を遣…

小説における「解説」の意義

アラフォー童貞のODです。 小説を読んだ後、最後に「解説」というものがあります。作家や学者、タレントさんなど色々な分野の方々が、その小説について物語を振り返ったり、自身の思いや見解などを述べたりしております。 解説を読む人、読まない人がそれぞ…

趣味や嗜好なんて「変わってもいい」「いつやめてもいい」「他人なんて関係ない」

アラフォー童貞のODです。 本ブログで「趣味」をテーマにすることがありますが、ここまで書いてきた記事を一言で言いますと「趣味は高いレベルをもってなくても良い」ということです。つまり、人よりも高い知識や技術を誇っていなくても、自分が趣味と思って…

「つまらない」から「楽しい」となる境目

アラフォー童貞のODです。 世の中には楽しいことがたくさんあります。しかし、それを全て楽しむには時間が足りません。だからこそ、短い時間でもなるべく楽しいという感覚を味わいたいと思うものです。 しかし、期待していたほど楽しくなかったり、お勧めさ…

「捨てるという快楽」に注意【断捨離】

アラフォー童貞のODです。 生きていると、知らず知らずに物が溜まっていきます。それら1つ1つを見れば確かに使用目的は定まっておりますが、使用頻度や必要度となるとそのレベルは低いものばかりです。ここで「いつか使う」「あれば使う」などの理由を自分…

「表現」は昔のほうが自由だったのか?

アラフォー童貞のODです。 昭和、平成、令和という元号を跨いで生きている方は多いと思います。もちろん、昭和以前から生きてこられた方だっておられるでしょう。元号の変化とともに様々な通信技術の発達から情報化社会が進んだり、自然環境が変化したり、グ…

時間がないのではなく、「変わりたくない」だけかも

アラフォー童貞のODです。 すぐに行動できない人がおります。ここで言う行動とは、自分がもつビジョンや目標、やりたい事などを行うことです。または仕事などで自分に課せられた役割やタスクを遂行することでも良いです。そして、すぐに行動しない理由が、準…

恋愛と禁欲から始めたブログ、キモい自分の自覚、そして変わったこと

アラフォー童貞のODです。 このブログは恋愛をきっかけとして、禁欲や自己改革などを行ってきたアラフォー童貞の経過をまとめてきました。しかし、その恋愛も禁欲も一区切りしてからは、自身が学んできたことや日常で思いついた考えをアウトプットする場にな…

「髪がそんなに伸びてないのに、床屋(美容院)へ行ってもいいの?」と心配になったら

アラフォー童貞のODです。 3年程前から「非モテから脱却しよう」「普通の男子がしている習慣をやろう」という意気込みから、身なりや対人関係を見直しました。 このような考えに至ったのは久しぶりに湧き上がった恋愛感情であり、そして自分自身を振り返っ…

「過去は振り返らない」はもったいない

アラフォー童貞のODです。 「過去は振り返らない」「前だけ向いて生きていく」というのはポジティブなように思えます。それは人間は過ぎ去った過去を取り戻すことはできず、未来に通じる「今」を生きるしかないという考え方によるものと思われます。 確かに…

「得意なことを仕事にする」と考えなくていい

アラフォー童貞のODです。 「好きなことを仕事にする」というキャッチフレーズがあります。 そのようなことが可能であれば、一生であれ一定期間であれ幸せなことでしょう。もちろん、仕事にすれば苦手なことだってやらなければいけないですし、楽しいことば…

「新しいことに挑戦」しても続かない理由

アラフォー童貞のODです。 自分を変えたいときやマンネリな日常から脱却したいと思ったとき、「何か新しいことに挑戦しよう」と思う人は少なくありません。それ自体は悪いことではないのですが、実際にやることとして、自己啓発本を手に取ったり、インターネ…

黒歴史はたまに思い出して、悶絶するくらが丁度いい

アラフォー童貞のODです。 突然ですが、黒歴史をお持ちでしょうか? おそらくですが、多くの人は黒歴史があると思います。 「若気の至り」「やんちゃだった頃」「厨二病」などと色々な表現(言い訳)はあるでしょうが、黒歴史は何も学生などの若い人に限った…

「昔は良かった」という、古き良き時代を若者に伝えたいならば

アラフォー童貞のODです。 小説やドラマのリメイクや続編などは、いつの時代でもあるものです。アニメや漫画だって懐かしい作品が再放送ではなく、当時の製作陣と現代のクリエイターたちによって新しい形となって蘇ります。当時を知る人の中には「昔のほうが…

リメイク作品を「改悪」と思ってしまう理由

アラフォー童貞のODです。 ここ数年で、アニメや漫画、特撮も含めた映画、ドラマといった過去にヒットした作品のリメイクや続編などをよく見かけるようになりました。このような現象については色々と思うことはあるものの、私個人がどう思ったところで何とも…

世間が「嫌い」であっても、自分は「好き」でいい。その逆もしかり。

アラフォー童貞のODです。 インターネットで情報を集めやすくなり、かつSNSなどの個人で情報発信ができる時代において、特定の分野やモノ・人などに対して「好き」「嫌い」を共感しやすくなりました。例えば、「こんなの好きなのは自分だけかも・・・」と思…

自己肯定感やポジティブ思考というのも、それなりに疲れるもの

アラフォー童貞のODです。 自己肯定感を持つことが大切、ということをテーマにした本をちらほら見かけます。 何でもかんでも自己否定するよりはマシだとは思いますが、かといって何でもかんでも自己肯定しようとするのも何だかなーと思います。 そもそも、心…

「変わりたい」と願うならば、2つの思い込みをやめる

アラフォー童貞のODです。 人生において「変わりたい」と思う時期は何度かあります。変わりたいまでいかなくても、「こうなりたい」「ああだったらいいのに」くらいには誰でも思うはずです。 しかし、大抵の場合は「変わりたい」と決意はするけれど、いつの…

「多くの人がやっていること」が「常識」や「正解」とは限らない

アラフォー童貞のODです。 「社会的証明」という心理学用語をご存知でしょうか? 大まかに言うと、「多くの人がやっているからきっと合っているだろう。ならば自分もそうしよう」というものです。何だか主体性がないように思われますが、実際は多くの人たち…

「白髪」は悪いのか?

アラフォー童貞のODです。 30代後半になってようやく、見た目や振る舞いを見直すようになった私ですが、色々な情報を参考にしては理解と実践が追い付かない日々を送っておりました。そして現在もまだ改善中、というより矯正中です。それでも30代半ばに比…

「気持ちが沈んでしまう」ということも必要である

アラフォー童貞のODです。 せっかくの人生なのだから、なるべく気分の良い毎日を送りたいものです。しかし、心でそう願っていても、どうしても気持ちが沈んでしまうことはあります。 いつもは気にならないことでイライラしたり、何だか誰とも関わりたくなか…

「閉鎖的」という、身を守るための止むを得ない術

アラフォー童貞のODです。 過疎地に移り住んだ人が迫害を受け、精神を病んでしまったという話を目にすることがあります。このような話は、日本の特有性とか、地域限定の陰湿な話とかも含めて、色々な憶測が飛び交うものの、わずかな記事でしか取り上げられな…

「昔のもの」をよく覚えている理由

アラフォー童貞のODです。 過去のゲーム映像や、現在も第一線で活躍しているアーティストなどの動画を気軽に視聴することができる時代です。そのような昔のコンテンツに対してのコメント欄には、懐かしさを抱いたり、若いときを思い出して奮起するような気持…

「やる気がない日」があるのは普通

アラフォー童貞のODです。 「アラフォーになったから」というわけではありませんが、食事や睡眠といった健康管理には気を遣うようになりました。また、仕事の予定の組み方も変えて、無理が出ないようにしたり、周囲にお願いできることは甘えるようになりまし…

キツキツなスケジュールには、「空白の時間」をつくる

アラフォー童貞のODです。 スケジュール帳(アプリ)を開いたとき、予定が詰まっていると安心する人がいます。 そして、その日を予定通り終えることができると充実感があります。さらに追加で入った予定も終えることができたならば、自分に対して有能性も感…

自信がないならば、「自分の選択」に責任をもってみる

アラフォー童貞のODです。 自分に自信がもてない・・・という人は少なくありません。 その一方、自信に満ち溢れて堂々と生きている人もおります。 この違いは何でしょう? それは「自分の選択に対して、責任をもっているか」です。 自信に満ち溢れて堂々とし…

オナ禁をはじめた結果、「保湿」するようになった話

アラフォー童貞のODです。 2年ほど前に長期的にオナ禁というものをしました。その目的は、恋愛というものを諦めた自分に気になる女性ができたことがきっかけです。・・・と、このように書くと何だかドラマチックなように思いますが、それまで1日2回以上は…

「誰とも話したくない」という日があってもいい

アラフォー童貞のODです。 ビジネスにおいて、いつしかコミュニケーションスキルという言葉が当たり前になりました。引退後や60歳以降の生き方などの本も読んでみると、社会交流や近所付き合いなどの重要性のあれこれも書いております。 人という生き物は…