アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

恐怖・不安

「他人の目が気になる」というのは自然なこと。でも、ほとんど妄想。

アラフォー童貞のODです。 「他人の目が気になる」 「周囲からどう思われてるのかが気になる」 「変に思われているのではないか」 「さっきの態度は失礼なのでは・・・」 このように、私たちは日常生活において他人の目を気にしながら生き、そして苦悩します…

「閉鎖的」という、身を守るための止むを得ない術

アラフォー童貞のODです。 過疎地に移り住んだ人が迫害を受け、精神を病んでしまったという話を目にすることがあります。このような話は、日本の特有性とか、地域限定の陰湿な話とかも含めて、色々な憶測が飛び交うものの、わずかな記事でしか取り上げられな…

「引退してから始めよう」より、働いているときから「とりあえず少しずつやっておこう」

アラフォー童貞のODです。 海外の事情は分かりませんが、日本では65歳過ぎると定年というのが普通の考えです。その年齢が一つの節目であり、そこからは会社と本人の相談のもとに、可能な限り今のまま働き続けるか、雇用契約を見直して働き続けるか、現状と…

「嫌われないようにする」までは誰でもできる

アラフォー童貞のODです。 人間関係は難しいものです。好かれたいと思って努力しても、それが必ず報われるものではないうえ、逆に嫌われる可能性もあります。それ以前に、相手がこちらのことを知らないということだってあります。このような状態が歪んだ形に…

「他の人は働いているのに、自分は休んでいいのか」という謎の罪悪感

アラフォー童貞のODです。 人間には休日が必要です。それは第一に心と体の疲労回復が目的にあります。休日の使い方は人それぞれであり、家の中をいつもより細めに掃除したり、寝具を洗濯したり、あるいは一日中寝ている、というのもアリです。また、日常では…

「授業中にトイレに行くのは、別に普通のこと」という世の中であってほしい

アラフォー童貞のODです。 理由は分からないのに、「普通はそうではないから」という理由から、大衆から非難されたり馬鹿にされることがあります。私の場合は、20代後半に大勢の前で童貞であるということを暴露されたことです。仕事を誠実にやってきたもの…

生きるのがしんどいと思うのは、「予測」と「他人」にとらわれているから

アラフォー童貞のODです。 「生きるのがしんどい・・・」 「生きることに疲れた・・・」 ・・・こんなことを考えて日々を送る人は、少なくありません。これは現代だけのことのように思われますが、どの時代においても多くの人たちが生きている間に必ず思うこ…

携帯電話の着信に気づくと、取り乱すほど焦ってしまう人へ

アラフォー童貞のODです。 時間を確認しようと携帯電話を取り出して、待ち受け画面を見たとき、「着信あり」「メール受信あり」などの表示がされていると、どのような反応をするでしょうか? 「あれ? 誰だろう」と冷静に確認することができるでしょうか? …

「恐怖」に対して「逃げる」というのも1つの選択肢

アラフォー童貞のODです。 少年漫画において、凶悪な敵や多くの人がビビッてしまうような相手に対して、主人公が恐れることなく立ち向かう描写があります。それを見て、多くの読者たちは自分もこうでありたいと思います。 しかし、現実はそうはいきません。…

他人に気後れするのは、「自分とは違う人種」と思っているから

アラフォー童貞のODです。 世の中には性格診断がたくさんあります。血液型占いや動物占い、漫画やアニメのキャラクターに合わせた性格診断もあります。これらはあくまで娯楽の1つですが、ここまで普及しているのは、多くの人たちが性格を分類されていると安…

会社に行きたくない理由

アラフォー童貞のODです。 朝起きてから布団の中で、「会社に行きたくない」と身動きがとれない人は少なくないようです。私もかつてはそのような人種でした。そして、そのような思いを抱えつつも何とか出社して一日仕事をして過ごして、また朝同じように布団…

「悪いことが起きるかも」という予測をやめると、人生は楽になる

アラフォー童貞のODです。 人間は予測をすることができる生き物です。それは進化の過程で危機に対して脳が発達し、そのおかげで私たちは適切に判断したり、計画して物事を進行したり、起こりうることに対して対策を立てたり、効率さを追求することもできます…

孤独の何が問題なのか?

アラフォー童貞のODです。 朝早くに眠い気を押して会社に行って、充実感や面倒さなどの色々な感情を経て一日を過ごし、ヘトヘトに疲れて帰っても労ってくれる同居人も家族もいないので、自分で部屋の電気をつける。そしてお風呂やシャワーを浴びた後は、帰り…

1日くらい休んでも問題ない理由

アラフォー童貞のODです。 周りに迷惑がかかるから仕事を休めない。こういった考え方は、自分の日常が自分の成長につながるとか、ちゃんと活動の意義が定まっているとか、社会や他者への貢献になっているのが嬉しいとか、そのような考え方ができているならば…

「リスクをとること」に慣れておく

アラフォー童貞のODです。 私たちは日常生活において安定志向になりがちです。 なるべく大きな変化もなく、慣れ親しんだ現状のままでいきたいものです。 しかし、これは現実的には不可能です。 世の中の環境や状況は変化しますし、なにより自分自身が変化し…

「常識ある人たち」が「常識のない人(たち)」を攻撃する理由

アラフォー童貞のODです。 ブログで色々と偉そうに書いていますが、現実世界においては「自分は物事を知らないなー」と思う場面がたくさんあります。周囲から「そんなことも知らないの?」と呆れた顔をされることもあります。 少なくとも5年以上の前の私で…

他人からの指摘に対して、心を乱してしまったときの考え方

アラフォー童貞のODです。 身近な人や親しい人に指摘されたとき、ちょっとヘコむことはないでしょうか? 特に憧れている人や尊敬されている人からの指摘だと、「嫌われたかも」と思ってしまうくらい心を乱すものです。 実は最近、私自身が長い付き合いの職員…

打たれ強くなるために必要なこと

アラフォー童貞のODです。 メンタルが弱く、どんなことにも動じない打たれ強い人間になりたい。打たれ強さがあれば、人生をもっと楽に生きられる。・・・このように思う人は少なくないと思います。しかし、そもそも打たれ強いというのはどういう状態なので…

何度も確認してしまうのは「安心できないから」だけではない

アラフォー童貞のODです。 家を出るとき、エアコンの電源がOFFになっているのか、ガスの元栓が閉じているのか、玄関のドアは施錠されているのか・・・このように、何度も確認してしまうことはないでしょうか? 私はよくあります。 会社を出るときは上記…

ロリコンになってしまう環境とプロセス【自身の経験からの考察】

アラフォー童貞のODです。 性犯罪とはいかないまでも、著名人が 児童ポルノを所持していたというニュースが飛び出てくることがあります。確かに法的にはよろしくないですし、一般的な倫理論で言えば引かれるような話です。 確かに女の子に直接手を出したり、…

他人の太鼓判がなければ、行動しないのか?

アラフォー童貞のODです。 たまに、このような質問や悩みを見かけることがあります。 「○○を見ようと思うのですが、面白いですか?」 「✕✕に行ってみたいけど、どうしようかな?」 例えば、気になるアニメや漫画の前評判や行ってみたい土地の事前情報などを…

感情的な相手に屈しないための5つの考え その⑤ 「誰か」を背負って意見する

アラフォー童貞のODです。 ここ最近の記事では、話し合いの場において感情的になって意見を言ってくる相手への対応をまとめてきました。ざっくりまとめると・・・ ● 話し合いの場は何かしらの方針を決めるため、複数人で意見を出し合うもの。テーマに沿わな…

感情的な相手に屈しないための5つの考え その④ 話をすべて聞かなくていい、理解しなくていい

アラフォー童貞のODです。 相手の話を聞くことは、会話において重要です。多くの人は自分の話をしたがるものなので、話を聞いてくれる人がいると好印象に思うようになります。 「話し上手は聞き上手」というのは確かなことであり、自分の話より相手が話をす…

感情的な相手に屈しないための5つの考え その③:論点がズレたら、すぐ戻す

アラフォー童貞のODです。 話し合いの場において、感情的かつ恫喝するように自分の意見を言ってくるような相手は、論点をズラすのが得意です。 得意と言っても、彼らは意図的に論点をズラしているわけではありません。話し合いの場に感情を持ち込んでいる時…

感情的な相手に屈しないための5つの考え その②:恫喝はただの「防御」

アラフォー童貞のODです。 話し合いの場において、感情的になって声を荒げる、怒鳴りちらすといった恫喝行為をして、自分の意見を言ってくる相手は、なぜそのような行為をするのでしょう? これについては割と答えは明確です。ネットで検索すれば類似の答え…

感情的な相手に屈しないための5つの考え その①:理屈に合わない意見は採用しなくていい

アラフォー童貞のODです。 話し合いの場において、感情的になって声を荒げたり、睨むような表情で自分の意見をまくしたてる人はいないでしょうか? こうした場合、相手は自分の意見が通らないのに腹を立てており、恫喝行為によって自分の意見を通そうとして…

「自分だけは大丈夫」と思ってしまう根本的な理由

アラフォー童貞のODです。 新型感染だけでなく、災害時においても客観的にみて「ありえない」行動をとる人は少なくありません。例えば、パチンコなどの娯楽施設に行ったり、居酒屋で飲み会をしたり、無理してでも会社に行こうとしたり、いつもどおりスーパー…

筋肉痛でも筋トレしてしまう人がいるのは何故か?

アラフォー童貞のODです。 2日前に結構キツめの下半身の筋トレを行ったため、筋肉痛がまだ続いております。 さて、「筋肉痛のときには筋トレは控えて休むべき」という考えは現代で確立されており、どの筋トレ系のサイトでも、筋肉痛時の筋トレを推奨してい…

「もしかして、嫌われた?」という誤解

アラフォー童貞のODです。 身近にいる人がいつもと違う行動や振る舞いをしたとき、不安や困惑した経験はないでしょうか? 例えば、ミーティングでいつもなら自分の目の前に座る女性社員が、その日だけやたら離れた位置に座ったとか。午前中は積極的に提案を…

「何かあったときのために」を理由に、自分を追い込むことをやめる

アラフォー童貞のODです。 職場で休憩もとらずに、いつもせかせか動いている人はいないでしょうか? その日が慌ただしい特別な日で、結果的に休憩がとれなかったという状況というのではなく、出勤していると常に何かしらの仕事をしている人の話です。真面目…