アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

成長

コミュニケーションスキルだけで何とかなるほど、世の中甘くはない

アラフォー童貞のODです。 昨日は就職活動を想定したコミュニケーションスキルについて記事にしました。 その内容を簡単にお伝えすると、コミュニケーションスキルは「スキル」というだけあって学習や訓練によって培われる技術であります。 そして、それは就…

生きることは、自分をチューニングすること

アラフォー童貞のODです。 年齢問わず色々なことに挑戦することは大切です。時間もお金も体力も限られているものの、現代は多くの人がやりたい事があったら気軽に取り組めます。「お前は武家の人間だから、そんなはしたないマネはするな!!」などと家柄や立…

「具合が悪いけれど頑張ろう」という発想はもうやめる

アラフォー童貞のODです。 以前、とあるタレントさんが「40歳を過ぎたら人は運動するようになる」とおっしゃってましたが、これは運動が好きになるいうことではなく、健康を意識するような年齢になると自然とそうなるという話です。 このような自分の肉体…

時間がないのではなく、「変わりたくない」だけかも

アラフォー童貞のODです。 すぐに行動できない人がおります。ここで言う行動とは、自分がもつビジョンや目標、やりたい事などを行うことです。または仕事などで自分に課せられた役割やタスクを遂行することでも良いです。そして、すぐに行動しない理由が、準…

「自分の世界を広げる」「色々なことに興味をもつ」にも限界はある

アラフォー童貞のODです。 「世界は広いぞ」と言われても、無理に遠くに行く必要はありません。「色々なことに興味をもて」とは言われても、何でもかんでも手を出す必要もありません。 かなり個人的かつ主観的な考えですが、「世界は広いぞ」とか「色々なこ…

「新しいことに挑戦」しても続かない理由

アラフォー童貞のODです。 自分を変えたいときやマンネリな日常から脱却したいと思ったとき、「何か新しいことに挑戦しよう」と思う人は少なくありません。それ自体は悪いことではないのですが、実際にやることとして、自己啓発本を手に取ったり、インターネ…

黒歴史はたまに思い出して、悶絶するくらが丁度いい

アラフォー童貞のODです。 突然ですが、黒歴史をお持ちでしょうか? おそらくですが、多くの人は黒歴史があると思います。 「若気の至り」「やんちゃだった頃」「厨二病」などと色々な表現(言い訳)はあるでしょうが、黒歴史は何も学生などの若い人に限った…

「仕事ができる人」がやってる当たり前のこと

アラフォー童貞のODです。 昨日の記事では、仕事ができない人と言われてしまう人は、なぜ仕事ができないのかを考察しました。それは言うならば、お客さんのニーズに応じていないこと、会社からの指示をスルーしていること、そのうえ自分勝手に進行してしまい…

「仕事ができない人」に不足しているのはスキルではない

アラフォー童貞のODです。 どの職場にも「仕事ができない人」はおります。 ひどい言い方でしょうが、これは真実です。 周囲からも 「頑張っているのは分かるけど、なかなか結果が出せないんじゃな」 「そもそも実力が足りないんだよな」 「理解力がないのが…

実力のない者が最高レベルに学んだところで「時間の無駄」という話

アラフォー童貞のODです。 データサイエンスを学びたくて、統計学や数理系の勉強をはじめたのは良いのですが、いやはや難航しております。いわゆる「〇〇でも分かる入門書」といった超初心者でも理解しやすいように、色々な例えば話や図説が多いものを手始め…

誰かに教えてもらうが面倒であっても、「自己流」はやめたほうがいい

アラフォー童貞のODです。 勉強やスポーツ、仕事や趣味など・・・今の自分にないものを修得するには知識や技術の基礎固めはそれなりに必要ですし、時間やお金、体力だって確保しなくてはいけません。できれば退屈せずに苦しまずに気楽にやりたいですし、効率…

「変わりたい」と願うならば、2つの思い込みをやめる

アラフォー童貞のODです。 人生において「変わりたい」と思う時期は何度かあります。変わりたいまでいかなくても、「こうなりたい」「ああだったらいいのに」くらいには誰でも思うはずです。 しかし、大抵の場合は「変わりたい」と決意はするけれど、いつの…

たくさん頑張っているのに評価されない理由

アラフォー童貞のODです。 人一倍努力しているのに、成果が出ない人がおります。 人一倍頑張っているのに、評価されない人はおります。 人一倍気を遣っているのに、相手にされない人がおります。 最近は「他人を気にしない」とか「自分のことは自分が一番分…

「学校の宿題」は何のためにあるのか?

アラフォー童貞のODです。 学校の宿題って何のためにあるのでしょう? その日、授業でやった内容をおさらいするためでしょうか? 自宅での勉強習慣を身に付けるためでしょうか? それとも、帰ったあとに遊んでばかりいるのを防止するためでしょうか? もしか…

自分の人生を「文系」「理系」で分けないで

アラフォー童貞のODです。 日本人の傾向なのか、世界の人たちも同様なのかは分かりませんが、私たちは人間の系統を分類化したがります。「男か女か」「血液型は何型か」「どこ出身か」といったその人の基本的な情報もあれば、「肉食系か草食系か」といった時…

「入門編」「初心者向け」は、誰でも理解できるという意味ではない

アラフォー童貞のODです。 最近、データサイエンスに興味を持つようになりました。仕事に活かせるかもという話もありますが、1つのテーマに対して色々な視点で検証して、そこから考察を導き出すというのは性に合っていると思ったのです。 とはいえ、いきな…

「尊敬されたい」という気持ちを手放す

アラフォー童貞のODです。 仕事でも家庭でも、友人関係であっても、人間関係というのはうまくいかないものです。それは、自分自身の価値観や自我という見えないものと、他人の価値観や生き方などが噛み合わないからです。お互いに見えないものを主張し合って…

凡ミスが減らすには、自分が「気を張る場面」を分析する

アラフォー童貞のODです。 凡ミスをしてしまう人がおります。別に手を抜いているわけでもないし、準備もちゃんとしているのに、「え、何でそんなミスをしたの?」という想定すらしていないレベルの凡ミスをしてしまうのです。仕事上で管理職をしておりますと…

駄目な自分を客観視する方法

アラフォー童貞のODです。 どんなに周囲から褒められても、どんなに成果を挙げたとしても、どんなに自分の身に良い出来事があっても、それを受け入れられない人はおります。私もかつてはそうでした。それは「良いことがあると、その後に悪いことも起こる」と…

「他人を指摘する癖」に気づく

アラフォー童貞のODです。 いつも他人に怒っている人はいないでしょうか? あるいは、いつも同じ人ばかりにイライラしてしまうことはないでしょうか? いつも自分の部下や後輩を叱りつけてばかりの人が身近にいないでしょうか? それは、他人を「指摘する癖…

「運動」と「競技」は違う

アラフォー童貞のODです。 運動をすると決めたとき、その効果を期待して手順を学習したり、目標期間を定めたりなど、こだわる人は徹底的にこだわると思います。個人的には効果を追求するよりも、まずは習慣化することを推奨しますが、その目的は人により違い…

「ゴマすり」で気に入られる人、嫌われる人

アラフォー童貞のODです。 アラフォーという年齢で、かつ仕事でそれなりの立場になってみて分かったことがあります。それは、昔は「ゴマすり」に対して抱いていた悪いな印象が、現在では良い面もあると思うようになったのです。「良い面もあるというように書…

「仕事がつまらない」のは、そう思っている自分に原因があるかも

アラフォー童貞のODです。 「仕事がつまらない・・・」 社会人になるとこのような考えてしまうことがあります。それどころか、同じような毎日を繰り返し、そんな人生に虚無感を抱いている方もいらっしゃるかもしれません。 それに対して、ビジネス書などでは…

自分への投資とは「未来の自分へのプレゼント」

アラフォー童貞のODです。 昨日の記事では、「ダイエット」「美容」「副業」「お金」といった広告に安易に飛びつかないことを促す内容をまとめました。しかし、これらのテーマに対して問題しているのではなく、簡単にうまくいくようなキャッチフレーズに踊ら…

「センスがある人」と「センスのない人」

アラフォー童貞のODです。 日常生活において「あの人はセンスがある」「あの人はセンスがない」と評価をする、あるいは評価をされることがあります。ほとんどの人は、このセンスというものを天性のものと認識しております。そして、とある分野において他者よ…

「若く見られたい」を求めすぎない

アラフォー童貞のODです。 漫画やドラマなどで「若いっていいなあ」というセリフがあります。現実においても、10代や20代の人たちの悩みがなさそうに楽し気にしている様子や、溢れるようなエネルギーで活動したり、経験を重ねていないがゆえの未熟な言動…

運動の動機は「見た目」よりも「体をどう動かしたいか」という機能性に注目してはどうでしょう

アラフォー童貞のODです。 運動を習慣としていると、それが筋トレや有酸素運動であれ、スポーツの種目であれ、肉体は変化していきます。この変化は運動を始めると、割と早い段階で体重や見た目として反映されます。視覚的な結果が出るとモチベーションは上が…

可愛がってもらうコツ

アラフォー童貞のODです。 人間は社会において相互関係で生きております。そこでは必ず、上下関係やヒエラルキーというものが存在し、私たちの多くはその中の階層のどこかに位置します。自給自足で生活している人であっても、お役所などの管轄内にあるため、…

「失敗できない」よりも「最低限どこまでやればいい」を考える

アラフォー童貞のODです。 これから大舞台で競技を行うことになるアスリートなどのインタビューで、彼らは「楽しみたいと思います」と言うことがあります。これは言葉通りもあるでしょうが、実際には相当なプレッシャーや緊張を感じているはずです。そのよう…

「経験が長い」と「有能である」はイコールではない

アラフォー童貞のODです。 「自分は仕事ができる」「周囲よりも有能だ」「誰にも負けないスキルがある」などと自己暗示的に自分に思うことは、たとえ勘違いであっても自信につながる、という考えがあります。実際はそうではなくても、そのような自信に満ち溢…