アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

承認欲求

他人が休んでいるときに働いている自分は素敵なのか?

アラフォー童貞のODです。 「働かずに食う飯はうまいか?」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、社会の世情を反映したような表現だと思います。この言葉の由来や元ネタなどは分かりませんが、社会的に生産的な活動をしていないのに生きようとして…

アドバイスとは「解決策を提示」ではない

アラフォー童貞のODです。 困っている人や悩んでいる人がいたとき、私たちは手を差し伸べたくなります。直接手伝えることもあれば、ただ見守ることしかできないこともあります。何もできずに歯がゆくなることもあります。大抵の場合は何もできないまま終わる…

「昔は良かった」という、古き良き時代を若者に伝えたいならば

アラフォー童貞のODです。 小説やドラマのリメイクや続編などは、いつの時代でもあるものです。アニメや漫画だって懐かしい作品が再放送ではなく、当時の製作陣と現代のクリエイターたちによって新しい形となって蘇ります。当時を知る人の中には「昔のほうが…

「上司から評価されない」と思うならば

アラフォー童貞のODです。 仕事をしていると誰でも欲しいものがあります。それは「評価」です。もちろん、お金(給料)は欲しいでしょうが、それだって評価があってこそ昇給やボーナスといった金額に反映されるものです。 そして何より、人間という生き物は…

「自分の頑張りを知って欲しい」と思うほど苦しくなる

アラフォー童貞のODです。 人が頑張っている姿を見ると勇気を貰います。自分も頑張ろう、落ち込んでいる場合じゃない、まだまだやれるはず・・・といったようにモチベーションにつながることもあります。それが回り回って、スポーツ選手や芸能人、企業家など…

「自分の好きにやらせてもらえない」「評価されない」のには、ちゃんと理由がある

アラフォー童貞のODです。 誰しも周囲から良い評価をして欲しいと思うものです。これは人間には「社会的欲求」「承認欲求」などといった集団や他者から認めてもらいたい欲が備わっているからです。客観的に見ると面倒くさいと思われる欲ではありますが、この…

自分と同じ趣味の人に出会っても、まず落ち着く

アラフォー童貞のODです。 出会いは突然とは言いますが、自分と同じ趣味の人に出くわすときがあります。それはスポーツや音楽のジャンル、ドラマや映画などといった世間的に広く認知されているものもあれば、特定のアイドルや芸能人、専門の知識や技術を要す…

「時間をかける」よりも「時間を賭ける」という思考

アラフォー童貞のODです。 周囲から評価されたい、特定の人から認められたい、世の中が驚くような成果を出したい・・・このように思う人は少なくありません。これは人間には承認欲求というものが備わっており、特に社会と呼ばれる集団において生存しようとす…

「痛い奴」の振る舞いを正そうとしなくていい

アラフォー童貞のODです。 他人の言動や振る舞い、見た目などが気になることは誰でもあります。 例えば「イヤホンから音漏れしている人」「電車で大声で雑談をしている高校生」などという、注意するほどでもないけれど何だか気に障るレベルもあれば、「顧客…

マウントをとるのは「弱い相手」と認識しているから

アラフォー童貞のODです。 「マウントをとる」という言葉があります。これは格闘技の話ではなく、コミュニケーションの話です。簡単に言えば、会話や立場において優位に立とうとする場合に用いられます。イニシアチブをとる、という言葉なんかもあります。 …

全てを把握しようとしなくていい

アラフォー童貞のODです。 どんなことにも首を突っ込む人がおります。 何でも把握しておかないと気が済まない人もいます。 これらは野次馬根性などの性格的なもの、立場からの責任感に由来しているものなど様々あります。視野を広げたいという探求心、色々な…

自分は自分のままでいい。そして「特別」でなくてもいい。

アラフォー童貞のODです。 『世界に一つだけの花』という大ヒット曲に「ナンバーワンよりオンリーワン」という歌詞があります。どの分野においても、頂点を目指すこと、希少なポジションに価値があるという考え方は普通なことでした。 また、誰もが高い地位…

安心感を得る目的で、他人と比べることをやめる

アラフォー童貞のODです。 人はどうして他人と比べてしまうのでしょう? それは「自分はおかしくないか?」という確認作業の意味が強いと思います。つまり、自分はおかしくないという安心感を得る目的として、他人と比較してしまうのです。 例えば、大好きな…

心のどこかで「相手に期待する」から疲れる

アラフォー童貞のODです。 いつの世でも誰しも悩むことがあります。 それは人間関係です。 周囲の評価を気にしたり、 こちらの行動への反応を伺ったり、 反論をされてムカッときたり、 理不尽なことを言われて唇を噛みしめたまま黙ったり、 ・・・数え上げれ…

価値ある情報は「小難しさ」より「わかりやすさ」

アラフォー童貞のODです。 周囲から注目を浴びたい、世間から評価されたいと思うとき、人は自分を良く見せようとします。これは承認欲求というものであり、人間であればごく自然なことです。 動物でも、雄が雌に求愛活動をするときには大きな羽を広げたり…

「 何だかいつも忙しい・・・」と思うのは、勘違いかもしれない

アラフォー童貞のODです。 ひどく疲れている、頭が働かないときに限って、判断しなければいけないことやトラブルなどが降りかかってくることがあります。 「今日は定時で帰ろう・・・」と思った矢先に、客先から急な納品依頼があったり。 早く寝ようと思った…

恋愛なんて、無理にしなくていい

アラフォー童貞のODです。 スマホで何かを検索したり、SNSにつないだりすると、他人の生活を眺めることができます。それはときに羨望や嫉妬という感情を誘発することもあります。このような感情を起爆剤に「自分だって!」とモチベーションにすることができ…

ゴミをポイ捨ている人がいたら、注意せずに黙って拾えばいい

アラフォー童貞のODです。 たまに散歩ついでにゴミ拾いをすることがありますが、同じ道を歩いていると、同じゴミが落ちていることに気づきます。タバコの吸い殻や空箱、チューハイやコーヒーの空き缶、最近では使い捨てマスクも増えております。海辺や川沿い…

「難しい言葉を知っている=知的」ではない

アラフォー童貞のODです。 インターネットで検索すると、簡単に色々なことが分かってしまう時代です。逆に言えば、個人で色々なことを知っていても、あまり意味はないとも言えます。 そんな時代においても、未だに「たくさんのことを知っている」ということ…

「技術がある」と「思った通りにできる」は違う

アラフォー童貞のODです。 やりたいこと、興味があること、好きになったこと・・・これらを始めた当初は夢中になって楽しめたのに、いつの間にかしんどくなってしまった事はないでしょうか? その1つの理由として、「技術を追い求めるようになったから」と…

「特技を活かそう」と思わないほうが良い

アラフォー童貞のODです。 「自分の持ち味を活かす」という言葉があります。管理職という立場だからでしょうか、私はこれを適材適所という意味で考えております。 とある1つの目的を達成する集団があったとして、それは1人では成し遂げられないため複数人…

成果をあげるのは「自分」でなくても良い

アラフォー童貞のODです。 「何が何でも成果をあげたい!」と躍起になっている人は少なくありません。それは営業成績だったり、手術の成功だったり、誰も解くことができない数式だったり、自然界の不思議だったり、新種の生物の発見だったり・・・。どのジャ…

人間は「孤独」なのが当たり前

アラフォー童貞のODです。 何だか意味もなく、自分は独りなんだと感じることがあります。 理解者がいないと思い悩む日が続くことがあります。 解決する見込みがない課題に、誰からの助けもなく孤軍奮闘することもあります。 頑張っているのは自分だけ、と憤…

言いたいことの「4割」伝えることができれば良いほう

アラフォー童貞のODです。 自分の考えや思っていることを他人に伝えた後、「もっと言いたいことがあったのに・・・」「あそこは別な言い方をすればよかった」「そうだ、あの事言うのを忘れた」といったように、不完全燃焼で終わった経験は誰にでもあると思い…

「他人から嫌われるのが怖い」というのは自然なこと

アラフォー童貞のODです。 本ブログでは「嫌われる」ということをテーマに幾度か記事を書いてきました。その中で、よくお伝えしていることは「他人から嫌われても問題ない」ということです。ここでいう問題とは、生きるうえで支障がないとか、想像しているよ…

「否定される」が前提だと思えばいい

アラフォー童貞のODです。 否定されるのは嫌なものです。 自分の考え、提案、好きなもの、頑張ってきたこと・・・これらを否定されると、何だか自分の存在そのものを否定された気になります。その日以降、否定されたことが頭の中をぐるぐると回って、凡ミス…

ネット上の炎上なんて、せいぜい「焚火」くらいの話

アラフォー童貞のODです。 「〇〇して炎上」といったタイトルの記事を見かけることはありますが、その記事の詳細を見たい、知りたいとは思いません。興味がないということもありますが、「炎上」と呼ばれるものに関わっても、無駄なだけと思っているからです…

相手の承認欲求を満たしてあげる言葉

アラフォー童貞のODです。 コミュニケーションにおいて大切なことは、「話す」より「聞く」です。 これは、私自身がアラフォーという年齢になって、今さら気づいたことの1つです。それまでの私は、自分をよく見せようとするために、周囲に対して自分の話ば…

認められたい相手ほど、自分を認めてくれないもの

アラフォー童貞のODです。 「自分の幸せは自分が決める」という考え方があります。見方を変えると、幸せの解釈は他人が決めるのではなく、自分自身が決めて良いということであります。それはつまり、他人がNGを出したものでも、自分にとってOKならば問題ない…

「尊敬されたい」という気持ちを手放す

アラフォー童貞のODです。 仕事でも家庭でも、友人関係であっても、人間関係というのはうまくいかないものです。それは、自分自身の価値観や自我という見えないものと、他人の価値観や生き方などが噛み合わないからです。お互いに見えないものを主張し合って…