アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

挑戦

読書は「全く理解できない」があっても良い

本を読んでいて「全く理解できない」ということがないでしょうか? それは知識といった文字情報、数式などを用いた論理的な思考、哲学などの他者の考え方・・・それぞれ違った意味で「全く理解できない」ということがあると思います。 このような状態になる…

限界とは超えるよりも「自覚する」

アラフォー童貞のODです。 少年漫画では、登場人物がピンチのときに限界を超えるというシーンがあります。 流れによってはご都合主義と言われることもあるでしょうが、そこはご愛嬌というもので、ハラハラしたときに大逆転するのはカタルシスがあるものです…

他人から良い話を聞いたら、ちゃんと「自分の頭で考える」

アラフォー童貞のODです。 他者の言うことを素直に聞けるという姿勢は大切です。 個人の考えだけでは日常がマンネリ化したり、自身の課題を解決しようとしても限界がきたりするため、他者の視点やアドバイスを得ることにより、人生を充実できたり長きに渡る…

「間違っていたら恥ずかしい」なんて思わなくていい

アラフォー童貞のODです。 家族や仲の良い友人などと一緒にクイズ番組を見ているとき、せっかく答えが分かったのに口に出さないことがないでしょうか? これは「別にみんなも分かっているだろう」「すぐに答えが出るから言わなくてもいいか」という思いもあ…

「若いうちは遊べ」と言われても・・・

アラフォー童貞のODです。 「若いうちは遊べ」などと、上司や親戚といった目上の立場の人たちから言われたことはないでしょうか? 私も社会人になってからは周囲から言われたものですが、そのときは「一体何をもって遊びなのだろう?」「この人たちにとって…

「憧れ」は「妄想・フィクション」で終わらせる

アラフォー童貞のODです。 「夢がない」「毎日つまらない」などと思うは少なくありません。 そのような人でも「こうなりたい」「あの人みたいになりたい」という、”憧れ”というものはあるはずです。 それは漠然と「金持ちになりたい」「異性からもてたい」「…

ほとんどの物事は「うまくいかない」と考える

アラフォー童貞のODです。 昨日は「仕方がない」をテーマに記事としました。 世の中は仕方がないことだらけ・・・自分の目の前で起きている現象や関わっている人間のほとんどはコントロールできません。 それどころか、自分自身の肉体や感情だってコントロー…

何だかんだ言って「試行錯誤」が一番楽しい

アラフォー童貞のODです。 世の中を見渡せば、多くの人が飛びつきそうな効率的なやり方や成功法則といったものが溢れております。そのようなものに対して、最近ではエビデンスといった科学や統計などの根拠を提示することで、より信憑性を持たせるような表現…

時間がないのではなく、「変わりたくない」だけかも

アラフォー童貞のODです。 すぐに行動できない人がおります。ここで言う行動とは、自分がもつビジョンや目標、やりたい事などを行うことです。または仕事などで自分に課せられた役割やタスクを遂行することでも良いです。そして、すぐに行動しない理由が、準…

「遠くから見ているだけでいい」でも別に良い

アラフォー童貞のODです。 「夢は叶えるもの」と言われるものです。 自分の憧れや理想を何かしらのカタチにできたり、望んだ状況や環境にすることができたならば、それは生きているうえで充実感があるでしょう。苦労や努力が大きければ大きいほど、実現でき…

夢や憧れをカタチにする事だけがすべてではない

アラフォー童貞のODです。 アイドルのようにキラキラした人になりたい スポーツ選手のように自分の肉体で成果を出したい どん底の日々から脱却してお金持ちになりたい ・・・生きていると、私たちは夢や憧れを抱きます。 このような将来に対しての大きな話だ…

【新生活】「新しいことを始める」より「何かをやめる」

アラフォー童貞のODです。 新生活となると「何か新しいことを始めよう」と思うものです。料理、運動、勉強、読書、スポーツ、趣味、人間関係づくり・・・色々と想像してはワクワクするものです。 しかし、ここから実際に新しく「何か」を実際に始める人と、…

中途半端になってもいい

アラフォー童貞のODです。 「面白そうな漫画だけれど、長期連載だから手が出しにくい・・・」と気後れすることはないでしょうか? これは私自身、何となく冒頭部分を読んで「これ、面白い」と思ったものの、既出のコミックの巻数を見て「うお、50巻も出て…

「技術がある」と「思った通りにできる」は違う

アラフォー童貞のODです。 やりたいこと、興味があること、好きになったこと・・・これらを始めた当初は夢中になって楽しめたのに、いつの間にかしんどくなってしまった事はないでしょうか? その1つの理由として、「技術を追い求めるようになったから」と…

自信がないならば、「自分の選択」に責任をもってみる

アラフォー童貞のODです。 自分に自信がもてない・・・という人は少なくありません。 その一方、自信に満ち溢れて堂々と生きている人もおります。 この違いは何でしょう? それは「自分の選択に対して、責任をもっているか」です。 自信に満ち溢れて堂々とし…

「簡単にできる」「一発で理解できる」「短時間で終わる」にまどわされない

アラフォー童貞のODです。 本屋に行くと、「2時間で理解できる〇〇」「面白いほど簡単に✕✕ができる」「これさえやれば△△はOK」といった本が乱立しております。このようなタイトルはビジネス書でよく見られますが、最近では割とジャンル問わないように思えま…

「失敗したくない」とは具体的にどういうことか?

アラフォー童貞のODです。 30代後半になってから、それまでやってこなかった勉強というものを、仕事を通じて半ば強制的に行う日々が続きました。そして気づいたら読書をすることが日課になっておりました。もはや勉強するという感覚ではなく、新しいことに…

頑張っても成果が出ないとき、「続ける」と「諦める」のどちらが正解か?

アラフォー童貞のODです。 私たちは「物事を継続すること」「目標を達成すること」が良いことされ、そのように親や学校などから教育を受けてきます。そして、それは社会に出てからも成果というカタチで求められます。しかし、このような事は誰しもが到達でき…

動画配信のアクセス数は人気の証明なのか? ~少人数でも求められているのは凄いこと~

アラフォー童貞のODです。 芸能人や有識者などの著名人が、動画配信をやるのが当たり前の時代になっております。それはでは、テレビ、ラジオ、ライブといった媒体を中心に活動してきた人たちが、音楽などの作品をデータ販売したり、広告やプロモーションビデ…

「二番煎じ」でも良い

アラフォー童貞のODです。 誰も気づかなかった新しいアイディアを打ち出したり、マネできない技術や知識をもっている人が注目や評価されることがあります。それは世界や国単位でなくても、家族や友人関係といった身内などの小さなコミュニティでも起こりえま…

誰もが何かに依存する可能性があり、誰もが依存から脱却する意思をもてる

アラフォー童貞のODです。 世の中にはたくさん誘惑があります。それら誘惑に応じてしまうのは誰でもあるものです。誘惑の何が問題なのかというと、誘惑に応じてしまう回数が増えれば増えるほど、間隔が短ければ短いほど、いわゆる「依存」という形になってし…

環境の変わり始めは、休む機会を増やそう

アラフォー童貞のODです。 人生には環境が変化することがあります。それは受験や退職・転職、お引越しといった自らの意思をもった変化もあれば、配置転換や転勤、新しい役職や役割といった半ば強制的な変化もあります。 人間は安心感を抱きたいため、馴染ん…

現代版「雑草魂」のすゝめ

アラフォー童貞のODです。 20年ほど前、「雑草魂」という言葉が流行語に選ばれました。野球の上原投手に対して、彼の日の目を浴びない選手生活から地道に這い上がる生き様を評して付けられた言葉です。当時は流行語というくらいなので、諦めずに夢に向かっ…

「継続する」とは、小さな挑戦の積み重ね

アラフォー童貞のODです。 継続は力なり 塵も積もれば山となる これらは小さなことを日々続けていけば、それはいつしか大きな成果になっているということわざです。とても大切な考えです。しかし、単純に同じことを繰り返したり、自分ができることだけを繰り…

現代における「資格」の意義

アラフォー童貞のODです。 今回はお仕事関連の話です。 さて、就職やキャリアアップのために資格が必須と考えている人は少なくないようです。(ここでいう資格とは、何かしらの試験を通過して公的又は民間から発行されるライセンスを指します) 管理職いう立…

失敗したくないのは、「完璧な自分」という幻想をもちつづけたいから

アラフォー童貞のODです。 人生は選択や挑戦の連続です。そして、成功することもあれば失敗することもあります。というか、失敗のほうが割合が多いものです。それは仕方がありません。人間は生まれてから死ぬまでの間に、初めてのことがたくさんあるのですか…

苦しい時期は試行錯誤の時期

アラフォー童貞のODです。 いわゆる成功者と呼ばれている人の人生を知ると、成功するまでの間に苦しい時期というものがあります。では、私たちが成功しようと思うならば、苦しい時期というものを経験しなければいけないのでしょうか? ・・・どうやら、それ…

「チャンスをもらえない」「認められない」と嘆く前に

アラフォー童貞のODです。 ちょっと前の記事で、上司などの指導者が下手に口や手を出すと、部下の成長を妨げるといった内容を書きましたが、今回はいつまで経っても自分にチャンスがおとずれないという人向けのお話です。とは言っても、あくまでも管理職とい…

「リスクをとること」に慣れておく

アラフォー童貞のODです。 私たちは日常生活において安定志向になりがちです。 なるべく大きな変化もなく、慣れ親しんだ現状のままでいきたいものです。 しかし、これは現実的には不可能です。 世の中の環境や状況は変化しますし、なにより自分自身が変化し…

「〇〇がないこと」をやらない言い訳にせず、少し馬鹿になってみる

アラフォー童貞のODです。 職員さんとお話をしていると、ちょっとした雑談で色々なアイディアや提案をいただくことがあります。人は自分の考えを話すのは楽しい気分になるので、「このような企画をすればお客さんが喜んでくれるのでは」とか「あのやり方を取…