アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

禁欲

「エビデンス」により思考停止してしまっている現代人

アラフォー童貞のODです。 2年前の話になりますが、性的禁欲を試みたことがあります。 いわゆるオナ禁というものであり、自慰行為をしないというものです。 それはつまり、ポルノなどの性的刺激も避けるということでもあります。 オナ禁について、インター…

「快楽」とは悪いことなのか?

アラフォー童貞のODです。 世の中には私たちの脳を刺激する「快楽」がたくさんあります。 甘い物や脂っぽい食べ物を食べたとき、自慰や性行為による気持ちよさ、スポーツ観戦の熱狂時、難しい課題を解いたとき、好きなことに夢中で取り組んでいるとき・・・…

「オナニー後の自己嫌悪」が少なくなった個人的な見解

アラフォー童貞のODです。 昨日に続き、賢者モードという名のオナニー後の自己嫌悪についてです。 昨日の記事では、オナニー後の自己嫌悪は「オナニーは悪いものという認識」が原因であり、そこから射精後に自己嫌悪に陥ってしまうのではないか、という個人…

恋愛と禁欲から始めたブログ、キモい自分の自覚、そして変わったこと

アラフォー童貞のODです。 このブログは恋愛をきっかけとして、禁欲や自己改革などを行ってきたアラフォー童貞の経過をまとめてきました。しかし、その恋愛も禁欲も一区切りしてからは、自身が学んできたことや日常で思いついた考えをアウトプットする場にな…

欲望に抗う必要はない

アラフォー童貞のODです。 人間にはたくさんの欲があります。マズローの法則は有名ですが、特に三大欲求である食欲、睡眠欲、性欲は誰でも共通する欲と言えます。これらは人間という動物として標準に備わっている欲求であり、さらに社会という集団で生きる人…

「自慰」について、あまり難しく考えないでほしい

アラフォー童貞のODです。 「自慰」と聞いて何を思うでしょうか? 言葉にするもの恥ずかしい、あまりオープンにする話ではない、でも他人はどうしているのか気になる・・・そして「結局、自慰は良いのか? 悪いのか?」ということでしょうか。 この最後の問…

「カロリー制限」「糖質制限」・・・次は何を制限するようになるのか?

アラフォー童貞のODです。 ダイエットや健康管理として当たり前になっている「糖質制限」。その他にも「高たんぱく」を謳った食品もたくさん出ております。私自身、30歳半ばから健康と肉体維持のために、このような商品の恩恵を受けております。 しかし、…

オナ禁をはじめた結果、「保湿」するようになった話

アラフォー童貞のODです。 2年ほど前に長期的にオナ禁というものをしました。その目的は、恋愛というものを諦めた自分に気になる女性ができたことがきっかけです。・・・と、このように書くと何だかドラマチックなように思いますが、それまで1日2回以上は…

照れながらでもいいから、子供と「性」について語り合う

アラフォー童貞のODです。 一時期、いわゆる「オナ禁」というものしたことがあります。きっかけは当時1日何回も自慰・射精行為をやっていたことから「自分は臭いのでは・・・」ということが気になり、体臭改善の一環として始めました。そしてオナ禁のモテ効…

オナ禁を続けたければ、オナ禁ブログはやめたほうがいい

アラフォー童貞のODです。 オナ禁を契機にこのブログを始めましたが、リセットした後も何だかんだで続けております。始めた当初は、オナ禁を続けている現状や性への渇望・苦しみ、どのようにオナ禁に取り組んでいるか、オナ禁を始めた経緯(恋愛・体臭改善・…

禁欲するならば、「欲」を肯定すべし

アラフォー童貞のODです。 「欲」というのは、突き詰めていくと人間が生きていくために必要なことがほとんどです。 体内でエネルギーを生成する手段がない人間は、動植物から命をいただいて、それを食べるいう行為によって糧として生きています。それは人間…

禁欲をテーマにしたブログのリスクと対策

アラフォー童貞のODです。 非モテからの脱却と体臭改善などため、半年以上の「オナ禁」に取り組んだことがあります。結果として非モテから脱却できたわけでも、体臭改善につながったかは主観では判断できないため、オナ禁による直接的効果というものは未だに…

誰もが何かに依存する可能性があり、誰もが依存から脱却する意思をもてる

アラフォー童貞のODです。 世の中にはたくさん誘惑があります。それら誘惑に応じてしまうのは誰でもあるものです。誘惑の何が問題なのかというと、誘惑に応じてしまう回数が増えれば増えるほど、間隔が短ければ短いほど、いわゆる「依存」という形になってし…

「単純な欲」ほど溺れやすい

アラフォー童貞のODです。 甘くて脂っこい食べ物、どんどん課金したくなるスマホゲー、欲情してなくてもポルノを見ると出来てしまう自慰行為、化学物質を吸い込んで脳を麻痺させてしまうタバコ―、自分へのご褒美と無駄にお金を使ってしまう浪費・・・世の中…

糖質は「制限」するより「適切」

アラフォー童貞のODです。 いつ頃からか「糖質制限」という言葉が広まりました。要はご飯やパン、麺類などの炭水化物は控えることにより、ダイエットや健康管理をする取り組みのことです。厳密には炭水化物は糖質と食物繊維に分けて話をするべきなのでしょう…

マナー違反をやめさせる方法【考察】

アラフォー童貞のODです。 世の中には、やってはいけないこと、やらないほうが良いことが常識でも法的でも明白なのに、それらをやっている人は一定数おります。例えば、赤信号を無視すること、夜中に路上で騒ぎ立てること、ゴミのポイ捨て、そして歩きタバコ…

その禁欲の意義は具体的か?

アラフォー童貞のODです。 世の中には多くのお得情報が溢れています。ドラッグストアに足を運ぶと「これ1つで肌質が改善」などのポップアップが掲示され、テレビでは「聞き流すだけで英語がしゃべれるようになる」といったCMが流れ、インターネット上でも「…

体を鍛えすぎない【肉体への執着心】

アラフォー童貞のODです。 長期のオナ禁をしていた期間、あわせて徹底して取り組んだのは「筋トレ」です。これは今も習慣として続けておりますが、この期間よりはレベルを下げています。 オナ禁していた期間、なぜ徹底して筋トレをしていたのかというと、筋…

そのときは満足できたはずなのに、また欲に手を出してしまう理由

アラフォー童貞のODです。 バイキングでお腹がはち切れんばかりに食べたり、仕事の合間にタバコを一服して気持ちを切り替えたり、自慰にふけってスッキリしたり・・・何かしらの弊害はあるとわかってはいるけれど、私たち人間は「欲」に手を出してしまいます…

肉体に目を向けすぎない

アラフォー童貞のODです。 健康は大切です。健康、すなわち肉体づくりのためには食事、運動、睡眠(休息)が重要になります。 しかし、あまりにも肉体に目を向けすぎるのも問題です。いくら健康や肉体に良いからといって、1つの栄養素やサプリメントばかり…

健康思考もほどほどに【体を鍛えすぎない】

アラフォー童貞のODです。 筋トレ・有酸素運動など、健康や肉体維持のために体を鍛えている人は多いと思います。 その中で「運動というのは毎日やってもいいのか?」という議論はいまだに続いております。このあたりをGoogleなどで検索しただけで、筋肉痛の…

禁欲までしなくてもいいが、時間をかけずに済ませてしまえ

アラフォー童貞のODです。 欲という誘惑に負けてしまうことのデメリットはいくつもあげられます。 大きく分けると、1つは贅肉がついたり肌荒れが生じたり、肺や胃腸といった内臓を悪くするなどといった「肉体」への悪影響があります。そして、もう1つは見…

”禁欲”とは目標達成ではない。そこに行き着くプロセスである

アラフォー童貞のODです。 「禁欲」とは、修行僧といったストイックな人間だけが行うものではありません。 会社員や学生でも日常生活で行えることです。 しかし、禁欲をはじめたものの、1日も経たずに誘惑に負けたり、何とか続けているものの自分の執着して…

欲との付き合い方は、脳との付き合い方を考えること

アラフォー童貞のODです。 脳は常に刺激を求めています。 脳は退屈しています。何かないかと期待します。 それがデフォルト状態の脳に対して、現代は刺激で溢れています。 その刺激を人は「欲」と呼びます。 しかも、「欲」はお金を出せば簡単に手に入ります…

禁欲により「不完全な自分」を自覚する【自分を許す】

アラフォー童貞のODです。 オナ禁を始めたは良いけれど、1日も続かないという人は少なくありません。特に毎日のようにポルノに手を出して、自慰にふけっていた人にとっては苦行だと思います。 それは仕方がないことです。毎日のように自慰を行ってきたとい…

「ついつい、やってしまった・・・」といった、自分を責めないための考え方

アラフォー童貞のODです。 生活習慣として、何かしらの目的をもって禁止していること・控えていることはあると思います。継続できていても、なかなか習慣化しないとしても、それらをどうしてもしたくなるタイミングは出るものです。そこを乗り切ることが吉な…

後悔と納得の境界線 【後悔しない自慰とは】

アラフォー童貞のODです。 自分の行動に対して、後悔してしまうことと、自分で納得や充実ができることとがあるのはなぜでしょうか? これらを区別する境界線は何なのでしょうか? それは「自分の意図・意思をもってやっているかどうか」です。 例えば、糖…

自分を変えたいと思っているけれど、うまくいかない原因

アラフォー童貞のODです。 いわゆる「悪い癖」というのは誰にでもあります。 まず、分かりやすいのは、タバコを吸う、栄養バランスが悪い食生活を送る、ネットやスマホゲームばかりに時間を費やす、自慰などの一時的な快楽・・・などという習慣的な悪い癖…

感情や欲望に飲まれやすい状態になったら

アラフォー童貞のODです。 他人にイライラしたり、自分の言動をいつまでも後悔してしまうときがあります。 また、特にきっかけもないのに無駄に性欲が湧いてムラムラが鎮まらないときもあります。 このように感情や欲望に振り回されているときは、多くの場合…

ムラムラ感を減らすため、頻度を増やしたほうが良いこと

アラフォー童貞のODです。 肉体疲労やストレスが溜まるとムラムラしやすくなります。 自慰行為をする以外に、ムラムラ感をそこそこ解消できる方法があります。 それは「笑うこと」です。 肉体疲労やストレスというのは、言ってしまえば脳が疲弊している状態…