アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

経験

自分に都合のよい情報は「正しい情報」とは言えない

アラフォー童貞のODです。 現代は分からないことがあると、スマホ片手に検索エンジンで気軽に知りたい情報を得ることができます。このような状態に対して「インターネット上で見ただけで知った気になって、実物を見たり実際にやってみたりしない」という、知…

安心感を得る目的で、他人と比べることをやめる

アラフォー童貞のODです。 人はどうして他人と比べてしまうのでしょう? それは「自分はおかしくないか?」という確認作業の意味が強いと思います。つまり、自分はおかしくないという安心感を得る目的として、他人と比較してしまうのです。 例えば、大好きな…

「昔のもの」をよく覚えている理由

アラフォー童貞のODです。 過去のゲーム映像や、現在も第一線で活躍しているアーティストなどの動画を気軽に視聴することができる時代です。そのような昔のコンテンツに対してのコメント欄には、懐かしさを抱いたり、若いときを思い出して奮起するような気持…

人並になれなくてもいい

アラフォー童貞のODです。 40歳近くなったからというわけではありませんが、20代頃に考えていた理想とか憧れた生き方というものは、結構つまらないものだったな、と思うことがあります。 その1つとして安定した生活というものです。理想とか憧れた生き…

自信がないならば、「自分の選択」に責任をもってみる

アラフォー童貞のODです。 自分に自信がもてない・・・という人は少なくありません。 その一方、自信に満ち溢れて堂々と生きている人もおります。 この違いは何でしょう? それは「自分の選択に対して、責任をもっているか」です。 自信に満ち溢れて堂々とし…

「失敗したくない」とは具体的にどういうことか?

アラフォー童貞のODです。 30代後半になってから、それまでやってこなかった勉強というものを、仕事を通じて半ば強制的に行う日々が続きました。そして気づいたら読書をすることが日課になっておりました。もはや勉強するという感覚ではなく、新しいことに…

自分の人生を「文系」「理系」で分けないで

アラフォー童貞のODです。 日本人の傾向なのか、世界の人たちも同様なのかは分かりませんが、私たちは人間の系統を分類化したがります。「男か女か」「血液型は何型か」「どこ出身か」といったその人の基本的な情報もあれば、「肉食系か草食系か」といった時…

頑張っても成果が出ないとき、「続ける」と「諦める」のどちらが正解か?

アラフォー童貞のODです。 私たちは「物事を継続すること」「目標を達成すること」が良いことされ、そのように親や学校などから教育を受けてきます。そして、それは社会に出てからも成果というカタチで求められます。しかし、このような事は誰しもが到達でき…

「思い出補正」というのは確かにある。しかし、悪いことではない

アラフォー童貞のODです。 「思い出補正」という俗語があります。簡単に言うと、自分が経験した過去の出来事や 好きだったものなどを美化するというものです。思い出を振り返ったとき、本来あった出来事を自分の良いように解釈したり、改めて手に取ってみた…

感情的になりかけたら、「これは『今の自分』では解決できないものだ」と開き直ろう

アラフォー童貞のODです。 昨日、怒りや感情になってしまう弊害について記事にまとめました。そのようなテーマにしたのは、最近の私がイライラしやすいコンディションにあるため、自分の戒めや自分を客観視するために書きました。その記事を書くにあたり、事…

面接官の批判を気にするより、面接にこぎつけた自分の行動力を誇ってほしい

アラフォー童貞のODです。 批判や非難は誰しも嫌なものです。欲を言えば、良い評価をして褒めて欲しいものです。それでも、批判や非難は必ず受けます。それは確実です。しかしそれは、批判や非難された人がちゃんと行動をしているからです。 批判や非難とい…

「慣れる」とは何か?

アラフォー童貞のODです。 「何事も経験」「まずはやってみること」。このような考え方には同感です。空振りに終わった事や結果につながらなかったことも含めて、すべては経験値になります。また、あれこれ考えているだけで立ち止まっているままよりは、とり…

特別な出来事がなくても、自分は変えられる

アラフォー童貞のODです。 成功している人たちは、それぞれ衝撃的な出来事や大きなきっかけがあって、それが原動力になって努力を重ねたり諦めなかった結果として成功している・・・このような印象を世間は抱くものです。偉人などのストーリーや自伝、インタ…

「悪いことが起きるかも」という予測をやめると、人生は楽になる

アラフォー童貞のODです。 人間は予測をすることができる生き物です。それは進化の過程で危機に対して脳が発達し、そのおかげで私たちは適切に判断したり、計画して物事を進行したり、起こりうることに対して対策を立てたり、効率さを追求することもできます…

自己分析なんて、できなくて当然【就活】

アラフォー童貞のODです。 昨今では「好きなことで食べていく」「得意なことを仕事にする」といったキャッチコピーを目にします。特にインターネットやSNSなどで自分の好きなことや得意分野を発信することで、注目が集まったときに、はじめは趣味でやってい…

セールスマン的思考であれ

アラフォー童貞のODです。 お仕事において、上司や先輩から「あの件、どうなった?」と言われたことはないでしょうか? このようなとき、忙しくてまだ着手していない、あるいは単純に忘れていたなどから「しまった!」と冷や汗をかくこともあれば、「ええ、…

恋愛できなくてもいい

アラフォー童貞のODです。 この名乗りのとおり、40歳近くになるまで女性経験(性体験)がなく、お付き合いもしたことがありません。キモい振る舞いをしてしまうこともありますが、別に女性に免疫がないというわけではありません。仕事や日常において女性と…

「前の職場はこうだった」という自己主張は、子どもが駄々こねているのと一緒

アラフォー童貞のODです。 新しく職場に入ったスタッフが転職者であった場合、その業界において経験者でも未経験者であっても、とりあえず社会人経験があるのだから、戦力になる時期は新卒よりも早いだろうと考えるものです。 未経験である場合は当然、その…

役割を超えた発言は控える

アラフォー童貞のODです。 他人の行動に対して「自分ならこうするのに」「別な良い方法があるのに」と思うことはないでしょうか。そして、他人のためになると思って、そのような自分の考えを言葉にして伝えたこともあるでしょう。 そのようなとき、相手はど…

失敗したときの振る舞い方

アラフォー童貞のODです。 失敗から学ぶという考えがありますが、もう一方で失敗したときの振る舞いというのは、人格形成につながります。失敗すると、恥をかいたと思ったり、評価が下がることを危惧して、どうしても言い訳をしたくなります・・・が、ここが…

読書の意義と「著者との対話」

アラフォー童貞のODです。 本というのは、「合う」「合わない」があります。いくらベストセラーであってもピンとこなかったり、逆にマイナーな本をずっと手元において何度も読み返すこともあります。分かりやすいと定評のある本が理解しにくいこともあれば、…

「処女厨」である自分に悩んでいるなら、安心してほしい

アラフォー童貞のODです。 「処女厨」という俗語があります。これは自分が好きになった女性、お付き合いしている女性、憧れの女性、これから自分がセックスをするだろう女性など・・・自分の意中の相手がまだ性経験のない処女であり、かつ自分が初体験であっ…

「人にお願いすること」により見えてくるもの【アウトプット】

アラフォー童貞のODです。 問題集などの答えが提示されているもの、仕事の課題、個人的な悩み・・・一人ではどうしても解決できないことがあります。 そうしたとき、周囲に質問や相談をすると思います。または、インターネットのお悩み掲示版やSNSなどに投稿…

お酒を飲めるから「大人」なのではない

アラフォー童貞のODです。 日本では二十歳を過ぎると飲酒が認められます。 ・・・が、これは何故なのかを明確に言える人は少ないのではないでしょうか。例えば、小学生の子供から「なんで二十歳にならないとお酒を飲んじゃダメなの?」と聞かれたら、何て答…

本に書いていることは役に立たない、という誤解

アラフォー童貞のODです。 「本に書いていることは役に立たず、行動こそがすべてである」「実践に勝る経験はない」とおっしゃる方と出会うことがあります。このような考えをもっているのは、現場でバリバリ働いている人や現役を退いた中高年の人に多く見受け…

現代は「成り上がり」という考え方ではない

アラフォー童貞のODです。 人間は承認欲求というものがあるので、大なり小なり他者から特別に見られたいものです。人よりも秀でた存在として思われたいものです。承認欲求を得るということがそもそもの目的ではないものの、その手段はたくさんあります。分か…

「常識ある人たち」が「常識のない人(たち)」を攻撃する理由

アラフォー童貞のODです。 ブログで色々と偉そうに書いていますが、現実世界においては「自分は物事を知らないなー」と思う場面がたくさんあります。周囲から「そんなことも知らないの?」と呆れた顔をされることもあります。 少なくとも5年以上の前の私で…

悩みや不安に対する「すでに答えは自分の中にある」の意味

アラフォー童貞のODです。 悩みや不安を抱えているとき、自分で考えたり調べたり、身近な人に相談をしたりするものです。その一方で「すでに答えは自分の中にある」という考え方もあります。しかし、この「すでに答えは自分の中にある」と言うものの、それが…

基礎を学びなおす意義

アラフォー童貞のODです。 仕事でもスポーツでも、物事を習得する過程において「基礎」「基本」というものはあります。これがないと、付随する知識も上級の技術も身につけることはできません。足し算を理解していないのに、掛け算を理解できません。そもそも…

「経験(キャリア)が長いことは良いこと」というわけでない

アラフォー童貞のODです。 何か挑戦してみたいことや興味があることがあると、とりあえず手を出してみる人と二の足を踏んで結局何も手を付けない人に分かれます。とりあえず手を出してみる人は、面白かった、つまらなかった、成功した、失敗した、といった…