アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

考え方

「何をしているときが幸せですか?」という困る質問に対して考えてみた

アラフォー童貞のODです。 何をしているときが幸せを感じるでしょうか? 美味しいご飯を食べているとき、ゲームをしているとき、家族や恋人と一緒にいるとき、困難な仕事を乗り越えたとき、キャンプに行って焚火を眺めているとき、スポーツでライバルに打ち…

真面目にやっているのに評価されない理由

アラフォー童貞のODです。 「真面目さが売りです」と言うと、何だか政治家のキャッチコピーや面接のアピールポイントみたいですが、実際に社会において真面目であることは評価につながるのでしょうか? ・・・と、このように書くと「そんなの当たり前だろう…

「子供向けだから買わない」という見栄は必要なのか?

アラフォー童貞のODです。 ふとした瞬間に、年齢を重ねての自身の変化に気づくことがあります。例えば、以前はこだわっていたことが「まあいいか」と寛容になることもあれば、反対に気にも留めていなかったことに執着や反発心を抱くこともあります。 それま…

継続とは「自分を許すこと」

アラフォー童貞のODです。 ここ数年で意識的または無意識的に習慣となったことはいくつかあります。例えば、ブログを書くということ、読書をすること、運動するということなどが挙げられます。あとは非モテ解消的な意味として、月1回は散髪に行くとか、手の…

「表現」は昔のほうが自由だったのか?

アラフォー童貞のODです。 昭和、平成、令和という元号を跨いで生きている方は多いと思います。もちろん、昭和以前から生きてこられた方だっておられるでしょう。元号の変化とともに様々な通信技術の発達から情報化社会が進んだり、自然環境が変化したり、グ…

人の目は "それなりに" 気にしたほうがいい

アラフォー童貞のODです。 自己肯定感とかメンタルを守るといったテーマにおいて「人の目を気にしない」「他人のことは気にしない」といった考えを提唱することがあります。確かに人の目ばかり気にしてると疲れてしまいますし、自分のやりたいことも満足にで…

「〇〇される側にも問題がある」というバグった考え方

アラフォー童貞のODです。 世の中には不条理な目に遭ったり、理不尽な思いをすることがあります。 ある程度は覚悟していても我慢できないこともあります。 時には集団の中で特定の1人が標的にされることもあります。 多くの人はこのような出来事を見聞きす…

「好き」の対象が変わっても悪いことはない

アラフォー童貞のODです。 「好き」の対象は様々です。 対象が異性でも憧れの人といった人間でも、スポーツでもエンタメでも、自然でも人工物でも・・・何でもいいのです。 「好き」のあり方も様々です。 遠くから見つめているだけでいいと思っても、直接触…

時間がないのではなく、「変わりたくない」だけかも

アラフォー童貞のODです。 すぐに行動できない人がおります。ここで言う行動とは、自分がもつビジョンや目標、やりたい事などを行うことです。または仕事などで自分に課せられた役割やタスクを遂行することでも良いです。そして、すぐに行動しない理由が、準…

「いつも明るい」「いつも笑顔」・・・でなくても別にいい

アラフォー童貞のODです。 非モテから脱却・・・までいかずとも、せめて普通の男子がやっているレベルになりたいと思って身なりや生活習慣を変えてきました。今にして思えば、普通の男子のレベルという曖昧な定義のままよく継続してきたと思いますが、少なく…

「自分に好意がある相手を好きなる」は不誠実なのか?

アラフォー童貞のODです。 恋愛のカタチは様々と言うものの、世間では「こうであるべき」とか「えー、それってどうなの~?」といった意見を述べる人は少なくありません。まあ、このような反応はどの分野でもあるものですが、恋愛というジャンルは誰でも口出…

集めた情報の何%を活用しているのか?

アラフォー童貞のODです。 人のふり見て我がふり直せと言いますが、他人のあり方を見て私自身が気を付けていることがあります。それは「情報の集めすぎ」です。この中には「自分に関係ない情報にも手を出す」も含まれます。 情報化社会において現代人はその…

恋愛と禁欲から始めたブログ、キモい自分の自覚、そして変わったこと

アラフォー童貞のODです。 このブログは恋愛をきっかけとして、禁欲や自己改革などを行ってきたアラフォー童貞の経過をまとめてきました。しかし、その恋愛も禁欲も一区切りしてからは、自身が学んできたことや日常で思いついた考えをアウトプットする場にな…

「髪がそんなに伸びてないのに、床屋(美容院)へ行ってもいいの?」と心配になったら

アラフォー童貞のODです。 3年程前から「非モテから脱却しよう」「普通の男子がしている習慣をやろう」という意気込みから、身なりや対人関係を見直しました。 このような考えに至ったのは久しぶりに湧き上がった恋愛感情であり、そして自分自身を振り返っ…

こちらが好意を示しても、相手から好意が返ってこない理由

アラフォー童貞のODです。 人に好かれるのは悪い気はしないものです。学生でも社会人でも「〇〇さんが、あなたのこと気になるって言ってたよ」などと言われたら、相手の気持ちを直接聞いたわけでもないのに、その日から意識してしまうでしょう。もちろん、ど…

「裏切られた、許せない!」と思ったら

アラフォー童貞のODです。 生きていると「裏切られた、許せない!」という出来事はあります。 これは規模や言い方に差はあれど、大人だけでなく子供でもあります。例えば、「お兄ちゃんが私のプリン食べちゃったー! 楽しみにしてたのー!!」と大泣きするの…

「過去は振り返らない」はもったいない

アラフォー童貞のODです。 「過去は振り返らない」「前だけ向いて生きていく」というのはポジティブなように思えます。それは人間は過ぎ去った過去を取り戻すことはできず、未来に通じる「今」を生きるしかないという考え方によるものと思われます。 確かに…

「自分の世界を広げる」「色々なことに興味をもつ」にも限界はある

アラフォー童貞のODです。 「世界は広いぞ」と言われても、無理に遠くに行く必要はありません。「色々なことに興味をもて」とは言われても、何でもかんでも手を出す必要もありません。 かなり個人的かつ主観的な考えですが、「世界は広いぞ」とか「色々なこ…

自分が持っている「偏見」との付き合い方

アラフォー童貞のODです。 先日、会話に関する本を読んでいたとき、『アンコンシャスバイアス』という言葉を知りました。これは「無意識の思い込み」「偏見」を意味します。 私たちは自分の経験、周囲からの教え、世間が言うところの常識などによって思考や…

「つらいとき」は笑顔になってはいけないのか?

アラフォー童貞のODです。 「つらいとき」には笑顔になってはいけないのでしょうか? この問いに対して「別に笑ってもいいのでは?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし「つらいときは笑ってはいけない」と考えている人はおります。 このように他人…

若い人は「物を知らない」が、年長者は「物を知れなくなる」

アラフォー童貞のODです。 年長者が若い人たちの振る舞いを見たとき、「最近の若い者は・・・」と呆れたり、「俺が若い頃はだな~」と説教したりすることがあります。聞いた話だと「最近の若い者は・・・」というのは、平安時代にはすでにあったそうです。 …

他人の機嫌は「その人の都合」と思うしかない

アラフォー童貞のODです。 最近似たような記事が続いているような気がしますが、気候の変化が激しいためか周囲の感情の変化が気になるため、それに振り回されないように記事にすることで、私自身の安寧に努めたいと思います。 さて、似たような記事というの…

「最後までやり抜く」を美徳としない

アラフォー童貞のODです。 「他人と揉め事を起こしたい」「軋轢をもたらすのが好き」なんて思う人はいないと思います。物事は穏便に済ませ、自分は安全なポジションで過ごしたいと思うのが普通の考え方です。チャレンジ精神が旺盛な人や自分の叶えたい夢を追…

助けてほしいと思っているけど、手を出されると面倒とも思う

アラフォー童貞のODです。 辛いときや苦しいとき、誰かに助けを求めます。自分一人で抱え込んだり、自分で何とかしようと思うこともあるでしょうが、本音では助けてほしいと思っているものです。 一方でその助けてほしい気持ちというのは、具体的に何かをし…

「新しいことに挑戦」しても続かない理由

アラフォー童貞のODです。 自分を変えたいときやマンネリな日常から脱却したいと思ったとき、「何か新しいことに挑戦しよう」と思う人は少なくありません。それ自体は悪いことではないのですが、実際にやることとして、自己啓発本を手に取ったり、インターネ…

気分や感情で仕事をする人を「何とかしよう」としなくていい

アラフォー童貞のODです。 仕事をしておりますと、色々な人たちと出会います。 その中で困るタイプとして、気分や感情によって言動が態度が変わる人がおります。 (ここで言う「気分」というのは、健康に係るコンディションではありません。だるいとか風邪気…

他人が休んでいるときに働いている自分は素敵なのか?

アラフォー童貞のODです。 「働かずに食う飯はうまいか?」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、社会の世情を反映したような表現だと思います。この言葉の由来や元ネタなどは分かりませんが、社会的に生産的な活動をしていないのに生きようとして…

アドバイスとは「解決策を提示」ではない

アラフォー童貞のODです。 困っている人や悩んでいる人がいたとき、私たちは手を差し伸べたくなります。直接手伝えることもあれば、ただ見守ることしかできないこともあります。何もできずに歯がゆくなることもあります。大抵の場合は何もできないまま終わる…

「よそはよそ、うちはうち」・・・結局は自分の時間を過ごすしかできない

アラフォー童貞のODです。 「よそはよそ、うちはうち」という言葉があります。他の家庭をうらやましがる子供に対して、親が反論するときの代名詞と言っても良いでしょう。要は「ウチにはないものを欲しがるんじゃない!!」ということです。 何だか子供を突…

「嫌味の1つでも言いたい」と思ったときは

アラフォー童貞のODです。 他人の言動に腹を立てるとき、怒るという感情をぶつけたくなります。しかし、昨今ではアンガーマネジメントという言葉が広まっているとおり、怒りという感情表現は不適切で良い結果にならないことが分かっております。 とはいえ、…