アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

考え方

「言った」「言わない」という揉め事

アラフォー童貞のODです。 仕事でもプライベートでも、人間同士が関わるうえで大切なコミュニケーション。 そのための人間の1つのツールとして会話というやり取りがあります。 ボディランゲージなどの雰囲気で通じ合うことはできますが、会話は基本的に共通…

「罪悪感を抱く」と言うが、罪と責められるほどの悪はあるのか?

アラフォー童貞のODです。 糖質制限中なのに、寝る前に甘い物を食べてしまった。 忙しい時期に体調を崩して会社を休んでしまった。 せっかく教えてもらったことを活かせなかった。 親の期待に応えることができなかった。 このような個人の意思の弱さや他人へ…

「相手のことをたくさん知っている」=「信頼関係」とは限らない

アラフォー童貞のODです。 最初はよく知らない相手でも、話しているうちに親しくなります。 親しくなる要因の1つとして「相手のことを知ること」が挙げられます。 例えば、年齢、出身地、好きな食べ物、趣味や特技、職業、仕事内容、役職、休日の過ごし方、…

「他人に迷惑をかけない」という無理ゲー

アラフォー童貞のODです。 まだまだ暑い日が続きますが、冷房をつけるよりも窓からの風のほうが心地良いと感じるようになりました。 しかし、困ったことに職場も自宅も窓を開けると、外からタバコの煙が流れ込んできてしまうことがあり、窓を閉めてしばらく…

日課とは義務ではない

アラフォー童貞のODです。 誰にでも日課と呼べるものはあります。 ルーティーンという単語で言われたり、朝活といった色々な形で取り組まれてますが、本記事では日課という言葉で統一したいと思います。 いきなり結論ですが、日課は「こなすこと」にハマって…

「もう諦めろ」と伝えること・言われること

アラフォー童貞のODです。 ここ2日間の記事は、世の中における出来事や人間関係などは「仕方ない」と思うしかないものばかりで、かつ自分の思うとおりに「うまくいかない」ことがほとんどである・・・という身も蓋もない内容でした。 これは物事に真剣に取…

ほとんどの物事は「うまくいかない」と考える

アラフォー童貞のODです。 昨日は「仕方がない」をテーマに記事としました。 世の中は仕方がないことだらけ・・・自分の目の前で起きている現象や関わっている人間のほとんどはコントロールできません。 それどころか、自分自身の肉体や感情だってコントロー…

「仕方がない」という自分を解放する考え方

アラフォー童貞のODです。 ランニングを日課にしているけれど、足が痛くて走れないことは必ずあります。 得意な教科であっても、凡ミスをすることは必ずあります。 時間をかけてプレゼンに臨んだけれど、違う企画が採用されることはあります。 健康に気を遣…

「おしゃべりが好き」と「会話が好き」は違う

アラフォー童貞のODです。 おしゃべりは好きでしょうか? 会話をするのは好きでしょうか? おしゃべりも会話も一緒なのでは? と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、この2つは似ているようで全く異なります。 おしゃべりは、自分の話を一方的に話し…

「情報の断捨離」をして、暇になって気づくこと

アラフォー童貞のODです。 ここ2日間は『〇〇でほぼ確定』といったタイトルの情報への真偽から、なぜそのような情報を気にしてしまうのかを記事にまとめました。 そもそも『〇〇でほぼ確定』という情報は、当然ですがその時点では確定ではないため、娯楽と…

他人が示す情報への安心感、そして思考停止

アラフォー童貞のODです。 昨日の記事では、インターネット上で見かける『〇〇でほぼ確定』というタイトル及びその情報の真偽性に対しての疑問から始まり、ほぼ確定情報はその時点では有益性はないことから、娯楽的な認識であれば問題ないけれど正しい情報と…

「ほぼ確定」は確定ではない

アラフォー童貞のODです。 時間の無駄と気づいてから「まとめサイト」を見なくなりましたが、何かのタイミングでサムネやタイトルを目にすることはあります。 その中で漫画や時事ネタなどで『〇〇でほぼ確定』というタイトルを見かけますが、あれは実際にそ…

日常会話も就活の面接も「お互いの事情をよく分からないまま」がほとんど

アラフォー童貞のODです。 ここ2日間は就職活動を主としたコミュニケーションスキルをテーマにしております。 そこまでの内容を簡単にお伝えしますと・・・ ・コミュニケーションは訓練により養われる技術である ・就活はコミュニケーションスキルを磨く場…

コミュニケーションスキルだけで何とかなるほど、世の中甘くはない

アラフォー童貞のODです。 昨日は就職活動を想定したコミュニケーションスキルについて記事にしました。 その内容を簡単にお伝えすると、コミュニケーションスキルは「スキル」というだけあって学習や訓練によって培われる技術であります。 そして、それは就…

就職活動におけるコミュニケーションスキルとやら

アラフォー童貞のODです。 現在でも就職活動において「コミュニケーションスキル」などというものを重視しているのでしょうか? 今にして思えば、このような単語が広まった背景にはインターネットや携帯電話の普及があったのではないでしょうか? もちろん当…

オナニー後の自己嫌悪に対しての具体的なアクション

アラフォー童貞のODです。 ここ2日間はオナニー後に襲ってくる”賢者タイム”なる自己嫌悪の防止や考え方についてテーマにしておりました。 それらを簡単にお伝えしますと、「オナニーは悪いものという認識をやめること」と「オナニー以外に日常の楽しみを見…

「オナニー後の自己嫌悪」が少なくなった個人的な見解

アラフォー童貞のODです。 昨日に続き、賢者モードという名のオナニー後の自己嫌悪についてです。 昨日の記事では、オナニー後の自己嫌悪は「オナニーは悪いものという認識」が原因であり、そこから射精後に自己嫌悪に陥ってしまうのではないか、という個人…

オナニーを敵対視するから「賢者モード」を引き起こす

アラフォー童貞のODです。 男性はオナニーを終えると、いわゆる”賢者モード”なる状態になります。医学的な単語もあるのでしょうが、何とまあ分かりやすい言い回しです。 要は射精直前までは異常なまでの興奮状態であったのが、射精を済ませた途端にテンショ…

生きることは、自分をチューニングすること

アラフォー童貞のODです。 年齢問わず色々なことに挑戦することは大切です。時間もお金も体力も限られているものの、現代は多くの人がやりたい事があったら気軽に取り組めます。「お前は武家の人間だから、そんなはしたないマネはするな!!」などと家柄や立…

何だかんだ言って「試行錯誤」が一番楽しい

アラフォー童貞のODです。 世の中を見渡せば、多くの人が飛びつきそうな効率的なやり方や成功法則といったものが溢れております。そのようなものに対して、最近ではエビデンスといった科学や統計などの根拠を提示することで、より信憑性を持たせるような表現…

「ついでに」「せっかくだから」をやめる

アラフォー童貞のODです。 日常において目的をもって行動しようとするとき「ついでに●●もやってしまおう」「せっかくだから△△もやろう」ということがあります。例えば・・・ 「外出のついでに買物しちゃおうっと」 「洋服だけ洗濯しようと思ったけど、せっか…

小説における「解説」の意義

アラフォー童貞のODです。 小説を読んだ後、最後に「解説」というものがあります。作家や学者、タレントさんなど色々な分野の方々が、その小説について物語を振り返ったり、自身の思いや見解などを述べたりしております。 解説を読む人、読まない人がそれぞ…

趣味や嗜好なんて「変わってもいい」「いつやめてもいい」「他人なんて関係ない」

アラフォー童貞のODです。 本ブログで「趣味」をテーマにすることがありますが、ここまで書いてきた記事を一言で言いますと「趣味は高いレベルをもってなくても良い」ということです。つまり、人よりも高い知識や技術を誇っていなくても、自分が趣味と思って…

感染予防の意義が多様化してしまった昨今、マスクをしない人を非難しても仕方がない 

アラフォー童貞のODです。 コロナ感染者が増えたり減ったりしておりますが、国やメディアが危機意識を持つように促しているものの、世間は割と落ち着いているように見えます。日本でも爆発的に感染が拡大したここ1~2年間でビクビクしながら生活してきたも…

自分が本気だからって、他人にも強制してはいけない

アラフォー童貞のODです。 恋愛において、こちらがいくら相手のことを大好きであっても、相手は「そこまで好きではない」なんてことはあります。別に相手だってこちらが嫌いというわけではないけれど、恋人として付き合ったり、同棲したり、肉体関係になった…

「具合が悪いけれど頑張ろう」という発想はもうやめる

アラフォー童貞のODです。 以前、とあるタレントさんが「40歳を過ぎたら人は運動するようになる」とおっしゃってましたが、これは運動が好きになるいうことではなく、健康を意識するような年齢になると自然とそうなるという話です。 このような自分の肉体…

遅れを取り戻そうとせず、「今の自分からスタート」する

アラフォー童貞のODです。 日課や習慣があるけれど、状況によっては中止せざるを得ないことがあります。例えば、毎日ランニングをしているけれど、あいにくの大雨で外に出ないほうが良いとか。決まった時間に読書しているけれど、急に電話がかかってきて相談…

たった1つの要因で良し悪しが決まるわけでない

アラフォー童貞のODです。 ブログを始めた当初、オナ禁をよくテーマにしておりました。半年以上継続して1度リセットしてからというもの、オナ禁を始める前のように1日2回以上の自慰をしていた生活はほぼなくなり、現在は自慰そのものに執着がなくなったた…

強制的ではあるが、「体調不良時は休む」を社会が容認するようになってきた

アラフォー童貞のODです。 昨今は発熱や咳などの症状があると、本人の回復と感染拡大を防止するために「すぐに休む」ということが当たり前になっております。いくら仕事で重要な役割にいても、そこで無理を押して職場に出てしまうと多くの人に迷惑がかかり、…

「バカの相手をすると疲れる」と思うのは傲慢なのか?

アラフォー童貞のODです。 他人に何か教えているとき、フォローやサポートをしている途中のやり取りなどから、相手に対して「・・・バカの相手をすると本当に疲れる」と思ってしまったことはないでしょうか? このように書いている私はあります。10人中9…