アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

自己肯定

「後悔しない」を考える

アラフォー童貞のODです。 日本は長寿国家と言われておりますが、当然ながら自分の生命がいつ終わるかなんてことは誰も分かりません。 それどころか、自分の生命が明確にカウントできる状態になったら、それこそ最初に感じるのは絶望と困惑でしょう。 視点を…

「置かれた場所で咲く」という諦め

アラフォー童貞のODです。 「自分はこんな場所で終わる人間ではない」 「自分にはもっとふさわしい場所がある」 「自分の能力を発揮できる職場がいい」 ・・・このような考えから現状を脱しようと引っ越しや転職をされる人がおります。 自分がいる環境と自分…

「自分には価値はない」という時期は、誰もがある普通のこと

アラフォー童貞のODです。 独りでも生きていけると豪語している人はおりますが、そんな人でも寂しさというものは感じるもので、他人という存在を求めることはあります。 「孤独は平気だと豪語しておいて、寂しいなんてダサい」と笑う人はいるかもしれません…

「自分のハンマー」で注目されようとしない

アラフォー童貞のODです。 「ハンマーしか持っていなければ、全てが釘に見える」ということわざがあります。 これは自分の特技を全ての事象に適応しようとしたり、過去の成功体験から「以前うまくいったやり方は今回も通用する」と思い込んだりすることです…

「快楽」とは悪いことなのか?

アラフォー童貞のODです。 世の中には私たちの脳を刺激する「快楽」がたくさんあります。 甘い物や脂っぽい食べ物を食べたとき、自慰や性行為による気持ちよさ、スポーツ観戦の熱狂時、難しい課題を解いたとき、好きなことに夢中で取り組んでいるとき・・・…

「許せない人」を許さなくていい

アラフォー童貞のODです。 私は現在も童貞であるものの、特にそのことに対してどうとも思ってません。 しかし、20代の頃は自分が童貞であると周囲にバレやしないかと怯えてました。 そして周囲から童貞疑惑がかかると、適当に誤魔化しておりました。 今に…

休日だからって「何かしよう」「どこか行こう」と思わなくていい

アラフォー童貞のODです。 せっかくの休日だから充実した1日にしようと思ったのに、何となくダラダラして終わってしまった・・・と、後悔する人は多いようです。 じゃあ、何をしようとしていたかと問われると家事やら買物を基本として、友達を誘って映画を…

「面倒くせえな」と思うのは結局は他人事だから

アラフォー童貞のODです。 生きていると面倒なことに出くわします。 自分から面倒事に飛び込むのは少年マンガの主人公くらいなもので、多くの人は面倒なことを避けたいと思うはずです。(もちろん、私もです) しかし、面倒なことは高いエンカウント率をもっ…

「世の中に無駄なことはない」・・・いやいや、無駄だらけ

アラフォー童貞のODです。 誰しも、日常において自分が一生懸命やっていることや、周囲からの期待を受けて責任をもって果たしている役割などが何だか無駄に思えてくることはあります。 学生さんなら「何で学校行くんだろう」と思い、社会人もまた「この仕事…

憧れの人の生き方を、そのまま真似できなくていい

アラフォー童貞のODです。 私たちは必ず他人に影響されてしまいます。 これは学校の勉強などの共通して学ぶことではなく、その個人の琴線に触れた何かに触発されて「自分もこうなりたい」「自分もやってみたい」という興味が湧くことです。 ドラマに出演して…

「罪悪感を抱く」と言うが、罪と責められるほどの悪はあるのか?

アラフォー童貞のODです。 糖質制限中なのに、寝る前に甘い物を食べてしまった。 忙しい時期に体調を崩して会社を休んでしまった。 せっかく教えてもらったことを活かせなかった。 親の期待に応えることができなかった。 このような個人の意思の弱さや他人へ…

日課とは義務ではない

アラフォー童貞のODです。 誰にでも日課と呼べるものはあります。 ルーティーンという単語で言われたり、朝活といった色々な形で取り組まれてますが、本記事では日課という言葉で統一したいと思います。 いきなり結論ですが、日課は「こなすこと」にハマって…

「もう諦めろ」と伝えること・言われること

アラフォー童貞のODです。 ここ2日間の記事は、世の中における出来事や人間関係などは「仕方ない」と思うしかないものばかりで、かつ自分の思うとおりに「うまくいかない」ことがほとんどである・・・という身も蓋もない内容でした。 これは物事に真剣に取…

ほとんどの物事は「うまくいかない」と考える

アラフォー童貞のODです。 昨日は「仕方がない」をテーマに記事としました。 世の中は仕方がないことだらけ・・・自分の目の前で起きている現象や関わっている人間のほとんどはコントロールできません。 それどころか、自分自身の肉体や感情だってコントロー…

「仕方がない」という自分を解放する考え方

アラフォー童貞のODです。 ランニングを日課にしているけれど、足が痛くて走れないことは必ずあります。 得意な教科であっても、凡ミスをすることは必ずあります。 時間をかけてプレゼンに臨んだけれど、違う企画が採用されることはあります。 健康に気を遣…

他人が示す情報への安心感、そして思考停止

アラフォー童貞のODです。 昨日の記事では、インターネット上で見かける『〇〇でほぼ確定』というタイトル及びその情報の真偽性に対しての疑問から始まり、ほぼ確定情報はその時点では有益性はないことから、娯楽的な認識であれば問題ないけれど正しい情報と…

日常会話も就活の面接も「お互いの事情をよく分からないまま」がほとんど

アラフォー童貞のODです。 ここ2日間は就職活動を主としたコミュニケーションスキルをテーマにしております。 そこまでの内容を簡単にお伝えしますと・・・ ・コミュニケーションは訓練により養われる技術である ・就活はコミュニケーションスキルを磨く場…

オナニー後の自己嫌悪に対しての具体的なアクション

アラフォー童貞のODです。 ここ2日間はオナニー後に襲ってくる”賢者タイム”なる自己嫌悪の防止や考え方についてテーマにしておりました。 それらを簡単にお伝えしますと、「オナニーは悪いものという認識をやめること」と「オナニー以外に日常の楽しみを見…

「バカの相手をすると疲れる」と思うのは傲慢なのか?

アラフォー童貞のODです。 他人に何か教えているとき、フォローやサポートをしている途中のやり取りなどから、相手に対して「・・・バカの相手をすると本当に疲れる」と思ってしまったことはないでしょうか? このように書いている私はあります。10人中9…

「つまらない」から「楽しい」となる境目

アラフォー童貞のODです。 世の中には楽しいことがたくさんあります。しかし、それを全て楽しむには時間が足りません。だからこそ、短い時間でもなるべく楽しいという感覚を味わいたいと思うものです。 しかし、期待していたほど楽しくなかったり、お勧めさ…

「そんなレベルでは趣味とは言えない」と否定されても、気にせず趣味を楽しんでいい

アラフォー童貞のODです。 仕事で人事にも関わっておりますが、最近は履歴書に趣味・特技欄を見かけなったような気がします。まあ、ハッキリ言いますと経歴や資格などは見ますが、趣味や特技はあまり重視はしておりません。募集をかけた業務内容や将来的に関…

継続とは「自分を許すこと」

アラフォー童貞のODです。 ここ数年で意識的または無意識的に習慣となったことはいくつかあります。例えば、ブログを書くということ、読書をすること、運動するということなどが挙げられます。あとは非モテ解消的な意味として、月1回は散髪に行くとか、手の…

人の目は "それなりに" 気にしたほうがいい

アラフォー童貞のODです。 自己肯定感とかメンタルを守るといったテーマにおいて「人の目を気にしない」「他人のことは気にしない」といった考えを提唱することがあります。確かに人の目ばかり気にしてると疲れてしまいますし、自分のやりたいことも満足にで…

「好き」の対象が変わっても悪いことはない

アラフォー童貞のODです。 「好き」の対象は様々です。 対象が異性でも憧れの人といった人間でも、スポーツでもエンタメでも、自然でも人工物でも・・・何でもいいのです。 「好き」のあり方も様々です。 遠くから見つめているだけでいいと思っても、直接触…

「自分に好意がある相手を好きなる」は不誠実なのか?

アラフォー童貞のODです。 恋愛のカタチは様々と言うものの、世間では「こうであるべき」とか「えー、それってどうなの~?」といった意見を述べる人は少なくありません。まあ、このような反応はどの分野でもあるものですが、恋愛というジャンルは誰でも口出…

こちらが好意を示しても、相手から好意が返ってこない理由

アラフォー童貞のODです。 人に好かれるのは悪い気はしないものです。学生でも社会人でも「〇〇さんが、あなたのこと気になるって言ってたよ」などと言われたら、相手の気持ちを直接聞いたわけでもないのに、その日から意識してしまうでしょう。もちろん、ど…

「裏切られた、許せない!」と思ったら

アラフォー童貞のODです。 生きていると「裏切られた、許せない!」という出来事はあります。 これは規模や言い方に差はあれど、大人だけでなく子供でもあります。例えば、「お兄ちゃんが私のプリン食べちゃったー! 楽しみにしてたのー!!」と大泣きするの…

「過去は振り返らない」はもったいない

アラフォー童貞のODです。 「過去は振り返らない」「前だけ向いて生きていく」というのはポジティブなように思えます。それは人間は過ぎ去った過去を取り戻すことはできず、未来に通じる「今」を生きるしかないという考え方によるものと思われます。 確かに…

アドバイスとは「解決策を提示」ではない

アラフォー童貞のODです。 困っている人や悩んでいる人がいたとき、私たちは手を差し伸べたくなります。直接手伝えることもあれば、ただ見守ることしかできないこともあります。何もできずに歯がゆくなることもあります。大抵の場合は何もできないまま終わる…

「量」で心は満たされない ~空白のないスケジュールをやめる~

アラフォー童貞のODです。 自分がやったこと、対応したことを記録することは大切です。 仕事においては社員一人ひとりが日誌を出したり、各支店から本社へ月単位で業務報告を提出することもあるでしょう。メンテナンスの専門業者ならば、お客さん先で作業を…