アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

「射精する快楽」< 「オナ禁の動機」

アラフォー童貞のODです。

 

同僚シンママへへの想いを、片思いから男女関係へつなげるため、オナ禁を始めとした自分磨きや、彼女へのアプローチを継続しています。

 

同僚シンママへのアプローチは、あまり気負いすぎると心身ともに疲弊してしまう、ということが分かったので、会話が何だか盛り上がらなくても、反応がいまいちでも、あまり気にしないようにしています。

自分磨きも、身なりを整えるなどは日常になりつつありますし、筋トレは継続していますが、大きく負荷をかけるトレーニングは、以前よりも頻度を減らしています。ちょっとした合間でやることもありますし、休息も大切にしてます。

 

さて、オナ禁ですが、幾度となく書いてきたように、はじめは「シコってばかりいる自分は、体臭が臭いのでは?」「同僚シンママから精液臭いと思われては嫌だ」という体臭改善として始めました。

 

そして継続して1ヶ月ほど過ぎたあたりから、オナ禁以前よりも

「同僚シンママとエッチしたい」「同僚シンママとお付き合いしたい」そして

「同僚シンママを笑顔にしたい」と思う気持ちが、「確信」に変わっていきました。

 

さらにオナ禁を続けいいるうちに、ムラムラしたときの性欲の方向も、

「シコって射精したい」より「生身の女性とエッチして射精したい」

に変わっていきました。

オナ禁をして2ヶ月過ぎたあたりから、マッチングアプリとか風俗とかを眺めることもありました。それらは未だに未経験者ですが、生身の女性とエッチすることに視点が向いたのは個人的に大きな変化です。

 

さらにオナ禁生活4カ月以上が経過した今、たった4カ月の間ですが、オナ禁に対しての動機やモチベーションが変わっています。

 

「エロに手を出して、シコって射精した事で得られる、一時的な快楽」よりも、

「エロに手を出さず、シコって射精しない事で得られる、自分の成長」です。

 

 

まずは、同僚シンママへの想いを第一とし、一度結婚して子供までいる女性からみて、魅力的な男になるべくやっている「自分磨き」オナ禁を継続できているモチベーションになっています。例えば・・・

 

 ・(今までエロに使っていた)時間を見直せている

 ・読書による知識や考えの幅(インプット)が増えている

 ・身なりを整える日課により自分を律している

 ・自意識過剰なキモい会話を見直すことで、人との会話が楽になってきた

 ・心身に負担をかけるより、休むことも大切とわかった

 ・経済力を身につけるため、お金について勉強するようになった

 ・ブログや仕事でアウトプットするのが楽しくなった

 

・・・などなど、あります。

 

確かにシコって射精するのは、すごく気持ちのいいことです。

現代はエロコンテンツだっていっぱいあるし、いつまでも自分の好みのエロに浸ることができます。「シコっていれば満足だから、女なんていいや」という人の考えも、分からないわけでもありません。

私だって、オナ禁していても、同僚シンママの体や仕草、匂い(臭い)から、我慢汁を出しながらムラムラします。

 

また、先日あった出来事ですが、過去に活躍したグラビアイドルの最近の記事を見つけて「この人、懐かしーなー」と思ってうっかりクリックしたのですが・・・それが良くなかったです。そのタレントの現在が、なんと同僚シンママそっくりなビジュアル。しかも下着姿で煽情的なポーズをとっていったので、すぐに勃起してしまいました。

勃起しながら、「同僚シンママが下着姿になったら、こんな感じなんだろう」とすぐにシコって射精したい気持ちにかられました。

 

しかし、勃起しながら、我慢汁をダラダラ分泌させながら、「これは似た女性というだけで、同僚シンママではない」と思うようにしました。

さらに、「ここで、同僚シンママのそっくりさんでシコって射精すれば、インプットもアウトプットもしなくなって、身なりにも気を遣わない、キモいしゃべり方でいいって、・・・そう思う自分になる」

こう思ったら、壁を使っての逆立ちなどの力業で勃起を鎮めて、何事もなかったかのようにします。

 

オナ禁の動機が「モテる」とかだと、「シコって射精する快楽以上のものか」と比較するのが困難なので、我慢できなくなって射精してしまう人もいるのだと思います。

 

もし、オナ禁が続かないとか、ある一定まで我慢しても途中で断念してしまうというならば、オナ禁と併せて「日課」を課してみてはいかがでしょう。

それを続けていると、その日課から派生して、色々な視点や知識や技術が身についていきます。私の場合は、読書による知識だったり、時間やお金の管理、休息の大切さなどです。

 

オナ禁以外の日課などを積み重ねていくと、オナ禁をやめたいと思うくらいムラムラしても、「ここで射精しちゃって、●●(日課)をやらなくなるほうが、しんどいな」と思って安易に射精しようと思わなくなるはずです。

まずは、自分が好きと思う事を簡単な日課として、オナ禁とは別にやってみてはいかがでしょうか?

 

(以下は、過去に私が行っている日課と自制心について紹介した記事です。興味があればお読みください)

onorenodoutei.hatenablog.com

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。