アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

「疲れた…何かもういいや」と思ったときこそ、ほんの少し頑張ってみる

アラフォー童貞のODです。

 

勉強、運動、バランスの良い食事、恋愛、オナ禁・・・。

何かしらの目的や幸福を得たくて、日常で続けていることは色々とあると思いますが、「何か疲れたな―」とか「もう、やめようかなー」と、ふと頭に浮かぶことはないでしょうか?

 

私は頻繁にあります。

毎日の読書でも、眠気とかないのに、頭にまったく入ってこない時とか。

日課の運動も、動くのがしんどいと思い、始めるまでグダグダする日もあります。

スーパーで野菜や果物を手にとろうとすると「皮を切るの、面倒だよなー」と思うこともあります。

同僚シンママへの片思いも、長期戦だと理解していながら、「いつまで、●●さんを好きでいられるんだろうな・・・」と自分の気持ちがゆらぐこともあります。

オナ禁を4ヶ月以上していても、職場でひとりになったときに、同僚シンママのひざ掛けの匂いをかぎたくなることは、まだあります。同僚シンママの黒タイツの両足やタイトスカートあたりの腰つきも見てしまいます。

 

・・・そんな状況が続くと、誘惑とか弱気な自分が押し寄せてきます。 

「今日は読書やめようかな」

「疲れたな・・・今日は筋トレ休みたい」

「同僚でシングルマザー・・・もともと難しい恋だよな」

「同僚シンママの私物をオカズにシコろうかな」

 

しかし、このようなときに、なるべく感情のままに動かないようにしています。

日課の読書も運動を何となくしないと、翌日サボった感覚になります。気のせいでしょうが、思考も体もなんだか重い気もなります。

恋愛への諦めも、同僚シンママへのコミュニケーションの低下につながります。彼女の私物の匂いに欲情しても、結局は同僚シンママとエッチしたわけではない事実に虚しくなります。

 

こういった負の感情に対して私は・・・

「感情の行動」より「理性の行動」の割合を増やす努力をします。

 

「今日は読書はやめようかな」 

 ⇒ 頭に入らなくていい。5分だけ読んだら良しとしよう。

   いっそページ飛ばして、気になった項目を読んじゃおう。

 

「疲れたな・・・今日は筋トレ休みたいな」

 ⇒ 今日は足踏みウォーキングだけ3分間だけで終了。

   トレーニング量は少なくても、日課の運動をしたという事実が大事。

 

「同僚でシングルマザー・・・もともと難しい恋だよな」

 ⇒ 好きで、ついでにエッチしたい相手がで同僚でシングルマザーの女性ってだけ。

     今日も朝の爪研ぎなどの身なりは整えて、明るく礼節ある態度で接するだけだ。

 

「同僚シンママの私物をオカズにシコろうかな」

 ⇒ 匂いかいだり変なことする前に、同僚の椅子周りをファブリーズ!

   

無理にポジティブに考ようとしているわけではありません。感情の行動は後悔するとわかっているので、滑稽でも、なるべく理性の行動にすることで、後悔することを予防しているのです。

どんな形であれ、「決めたことを続けている自分」「悪い習慣を避けている自分」を続けていることになります。それは、自分への信頼になり、自信にもつながります。

 

それに、同僚シンママへの片思いの気持ちを疑っても、開き直って彼女へコミュニケーションしようとすると、その日は会話が盛り上がることがあります。好きかどうかわからない、などと悶々として一日を暗い顔で過ごすよりも、力が抜けて同僚シンママの笑顔を見る事ができるものです。

そして、「あー、やっぱりこの人好きだなー」と思うのです。さらに「昨日、この人の私物でシコらなくて良かった」「射精してたら、臭いと思われて会話もできなかったかも・・・」と胸を撫でおろすこともあります。

 

何か出口を塞がれた感覚になることは、生きていることはあります。

「・・・もういいかな?」と思っても、腐らずに、ほんの少しでいいので、自分にプラスになると思われることをやってみてください。

30秒でも1分間でもいいので「ちょっとでもやった」という実績を残してください。

案外、その後はことがうまく運ぶようになるものです。

 

しかし、「もう駄目だ」と思ったら、無理はしてはいけません。

疲れていたり、体が悲鳴をあげている場合は休んでください。

恋や人間関係に疲れたら、自然や動物に触れるのもいいです。

欲情が抑えられないならば、最高の環境を整えてから射精しちゃってください。

自らの意思での休息や発散は悪いことではないはずです。

 

・・・と言う私も、今週は非常に疲れています。

最近、付加をかけた筋トレが多かったので、全身筋肉痛です。

今日はトレーニングを完全に休みにするか、ストレッチメインで済ませます。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。