アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

良いとき・悪いときの「波」を受け入れる

アラフォー童貞のODです。

 

オナ禁をはじめたばかりのころは、よくオナ禁系のブログやサイトを見て参考にし、エロ対策やムラムラしたときの対処、そしてオナ禁の効果などを中心的に見ていました。

 

これらの個人でオナ禁をしてきた体験談や成功体験などは、ある程度は共通していることがあります。

まず、オナ禁をはじめて数日間は「目覚めや肌質が良くなった」という良い効果とともに、「ムラムラする」「シコって射精したい」という我慢と忍耐が入り混じる時期です。

そして、ある一定の期間を過ぎると「常に体が絶好調」「モテを感じる」「スーパーサ〇ヤ人効果」「エロに興味がなくなる」などという、言葉は違うものの、オナ禁している人自身やその人の生活すべてが、良いコンディションになるような記述になります。

そうして彼女ができたとか、セフレができたとか、思慮深くなったとか、そいういう結果も出たり、なかったり・・・という流れがほとんどです。

 

(・・・ここから先は、あくまで個人の意見であり、この先を記述するために誤解のないように申しておきますと、今回の記事はオナ禁系のブログやサイトを批判するものではありませんので、あしからず・・・)

 

さて、半年ほどのオナ禁(断射)生活を続けてきていますが、オナ禁をしていても、いまだにモテを感じることもなければ、ハッキリとスーパーサ〇ヤ人効果というのもわかりません。

 

さらに、オナ禁しているからといって、

常に体が絶好調ということもなければ、

エロに興味がなくなる、ということもありません。

 

たしかに寝起きや肌質も含めて身体のコンディションが良い日はお送りなしたが、「常に絶好調」ということはまずありません。仕事で疲れるときは疲れますし、最近は新型感染の対応に追われてヘトヘトなこともあり、いつの間にか寝落ちして、ぼーっとした朝を迎えることもあります。

 

また、オナ禁して3ヶ月くらい前までは、片思いの同僚シンママの脚やお尻のライン、女性特有の良い匂いと年齢的な臭いが混ざり合った香りにムラムラしてばかりでした。しかし、4~5カ月くらいしてからパッタリとなくなり、ちょっとしたエロでは我慢汁も全くでなくなりました。そのため、「禁欲の境地に向かっているのかな?」と思っていましたが・・・ここ最近はまたムラムラがぶり返しております。

 

同僚シンママへの想いについてもまた変化があります。それまで体臭改善したいと思ってオナ禁を決意するくらい好きであり、毎日職場で顔を合わせることができるのを幸せなことだと思っていて、自分磨きに余念がなかった時期もありました。

しかし、性欲がパッタリとなくなったあたりから「あれ? この人のこと、好きなのかな?」「考え方やしゃべり方が、周囲のおばちゃんと同じだよな?」などという疑問が湧くこともありました。もう、このブログタイトルを変えなくてはいけません。

・・・と思ったら、ムラムラとともに最近また「素敵な人だなー」など思うようになり、またキモいコミュニケーションをとってしまうこともあります。別の男性と楽し気に話しているのを見ると、嫉妬心が湧くこともあります。

 

このように、

オナ禁をしていたとしても、常に良い効果が出るというわけではありません。

 

良い生活習慣をしていたとしても、良いときと悪いときの「波」は起きます。

オナ禁を継続しているから、その分の見返りのように自分の生活がずっと好転し続けるとは限りません。

むしろ、シコって射精してきたときよりも「波」をハッキリと感知できるようになります。色々なものに敏感になることができる分、受け止めかたを間違えると、エロにムラムラしたり、感情的になって怒りやすくなってしまいます。

 

 

人間はしょせん生物です。

疲れることもあれば、体調を崩すこともあります。オナ禁を継続している途中、「もうエロに興味がない」と思う時期もあれば、ムラムラが止まらない時期もあります。

女性もまた、体の仕組みやホルモンの関係から、ムラムラする時期もあれば、体調を崩しがちに不機嫌になる時期もあります。

 

オナ禁をしていても、良い食事生活を送っていても、運動習慣があっても、人に親切にすることをモットーにしていても、自分の話より人の話に耳を傾ける姿勢をもっていても、礼節を第一にしてても・・・。

 

「あれ? 頑張っているのに、うまくいかないな」

「アプローチをしているけど、好きな人がなかなか振り向いてくれない」

「食事制限や運動しているけど、むしろ体重が増えた」

「たまには自分の話を聞いてほしい」

「たまにはチヤホヤされたい、ほめられたい」

 

このように思うのも、また自然なことです。

何かを頑張ったり、節制していると、うまくいっているときは「〇〇のおかげで、うまくいっている!」という日が続くと思いがちですが、「〇〇しているけど、何かやな感じ」ということも当然あります。黒い感情が出てしまうこともあります。

 

私も、上記のように1人の女性に対して色々な思いを巡って、波を繰り返しています。

格好つけて「笑顔がみたい」といっているときもあれば、「●●さん(同僚シンママ)、今日も匂いがたまない、ムラムラする」「エッチして―」と思うことも正直ありますが、これも人生においてオナ禁を続けている期間のなかのひとつの「波」です。

 

オナ禁や自分磨きをしているからって、「〇〇効果」がずっと続くと思わず謙虚さを保ち、一方でたまにムラムラしても、つい女性の体を目で追ったとしても、好きな人の反応が悪くても、腐ることなく、とりあえずもう少し頑張ってみてから、今後の結論をだしてもみても遅くはないと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。