アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

「良かれと思って……」という、迷惑な善行

アラフォー童貞のODです。

 

良かれと思ってやったことが、トラブルに発展した。

相手のためにやったのに、悪い印象を与えてしまった。

忙しそうな人を何気なく手伝ったのに、特に感謝も評価も得られなかった。

 

このようなせっかく誰かのためにやったのに、悪い結果につながった原因は、すべて「独りよがり」であることです。困っている人を見つけるまでは良いのですが、、その人や関係者に「何も言わずに」「自分勝手に」やってしまっているのが問題なのです。

 

誰かのための善行のように見えますが、独断専行で、自分勝手・好き勝手な方法で物事を進めるので、結果として、担当者を困らしたり、関係している周囲から反感を買ったりします。

 

「秘して行動する」ことが善行であると思っている人が多いですが、集団においては間違いです。この考えは自分自身だけの場合です。自分以外の誰かが関与した時点でその考えは通用しません。「秘して行動する」はチームプレイにおいては迷惑行為そのものです。

 

自分が気持ちよくなりたくて、その場のルールや手順や人間関係などを無視して、かつ誰にも言わずに好き勝手やるというのは、もはや自慰行為と一緒です。自分だけが気持ちよくなりたければ、家に帰ってシコって射精してください、という話です。

 

もし、本当に他人のために役に立ちたければ、その相手に声をかけるべきです。

「何か手伝うことはありませんか?」「お困りなら、〇〇をやっておきましょうか?」「できることがあったら、お声掛けください」などと一言でいいのです。

 

このように言ってきた相手に対して、悪く思う人はいません。

確かに、「自分でやったほうが早い」「この人に手伝える仕事はないけどなー」などと思われるかもしれませんが、とりあえずの一言は大切です。

また、多くの人は頼ることが苦手であり、ひとりで頑張ってしまいがちです。そうして、自分の頑張りを誰も分かってくれないと思い、しんどくなってきます。

そんな心境のとき、上記のようなちょっとした一言をもらえれば「頑張っている自分を分かってくれる人がいる」「ちゃんと見てくれている」と心が満たされる人もいます。

 

しかし、「秘して行動する」が良いことと考えている人は多いようで、良かれと思ってやってしまった結果、やらなければ良かったと後悔することもありますし、「なんだよ! せっかくやってあげたのに!!」と憤慨する人もいます。

 

 

私の場合、片思いの同僚シンママに対しての失敗談が結構あるので、「あー、またやってしまった」と反省の日々が続いています。ときには「それ、今度から私がやるからそのままにしておいて」とキツめに言われたことがあります。

 

同僚で、かつ好きな人にそんな風に言われたときは、結構落ち込みますが、その一方でそのように言われた背景を振り返ると、確かに「好かれたくてやった」「かっこいい自分を演出したかった」という心理状態があったということに気づきます。

(漫画など、裏で動いて、表で活躍している人のフォローしているキャラって格好良くみえて憧れるけど、現実では報連相してくる人のほうが貴重)

 

ウザがられるかもしれないし、押し付けがましくなるかもしれませんが、ひとつひとつ「これ、手伝ってあげたほうがいいかな?」と思ったら、上記のように一声をかける癖をつけるようにはしています。それもまた、ひとつのコミュニケーションでしょうし。

それで「大丈夫」とか「それはこっちでやっておくよ」など言われたら、別に無理してやらなくてもいいだけですし、「え、いいの? お願い」と言われたら快く引き受けるだけです。

 

良かれと思ってやったことって、案外たいした見返りはありません。それよりも、一声かけるコミュニケーションをこまめにとるほうが、関係性は構築しやすいと思います。 「良かれと思って」という建前の自己承認欲求に対する禁欲、みたいな感じで意識してみてはいかがでしょうか? という話でした。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。