アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

「自慰行為は悪いもの」と決めつけず、「ほどほど」という認識のほうが禁欲しやすい

アラフォー童貞のODです。

 

1日2回以上の自慰にふけっていた生活から、身の回りからエロを排除し、なるべく性欲が湧かないように努めるようになり半年以上を経過してみても、疲労感などからムラムラすることは頻繁にあります。そのたび、「シコっていはいけない、射精は絶対ダメ」と言い聞かせて、性欲の大波が去るのを待っています。ときには射精せずともシコることもあります。

 

禁欲によりできた時間やエネルギーを、新しく始めた習慣に費やしたり、自身の至らないコミュニケーションの改善に努めるようになりました。しかし、ムラムラなどの我慢を通り過ぎたあとで「なんで、自慰行為って悪いって思っているんだっけ?」と、射精もしていないのに、賢者モードのような感覚に陥るようになることが増えました。

この要因は、禁欲を始めたきっかけである、片思いの同僚シンママとの関係が簡単に進展しないことや、仕事などの兼ね合いもあり、禁欲を始めた当初よりも気持ちが停滞しているといった、モチベーションの低下も原因にあると思います。

 

欲とそれに対する解釈は、理解しやすいことと、人によって違います。

例えば、「寝る前に甘い物を食べて後悔する」という心理は、健康面で考えれば多くの人が理解できると思います。しかし、「寝る前にシコって射精して後悔する」という心理は、健康や精神面において賛否があると思います。そもそも、質問の意味がわからないという人もいるでしょう(賢者モードによる後悔、というのとは別の話です)。

インターネットで検索すれば、自慰行為のメリットはたくさん出てきます。朝の射精は目覚めがすっきりするとか、穏やかでいられるとか、女性を性的な目でみなくなるとか、効果はたくさん出てきます。

反対にデメリットを訴え、禁欲生活を推奨する意見も多数あります。そして、長期的な禁欲を推奨する人もいれば、モテフェロモンの活性として短期的な禁欲を推奨する人もいます。これらは意見や目的は違えど、禁欲を推奨している人たちに共通しているのは「自慰行為は悪いこと」「ひとりで射精するのは控えたほうがよい」ということに相違はありません。

禁欲を推奨する人たちがこのように言えるのは、自分が禁欲をした経験が一定数あるためです。逆に言えば、禁欲をしたことのない人に対して、いくら自慰行為のデメリットを伝えても、「寝る前に甘い物を食べると後悔する」のような共感はなかなか得られないと思います。そもそも、日常的に自慰行為にいそしんでいる人は、何かきっかけがない限り、自慰行為を控えようとしないのですから・・・。

 

ここで、自分がオナ猿だった半年以上前のこと振り返ると、まずは自慰行為は悪いものとは思っていませんでした。スッキリすることはありつつも、賢者モードによる後悔もありませんでした。さらに、自慰と射精によって人生が良くなっているとも、悪くなっているとも思うこともありませんでした。

禁欲を続けるようになってから、ムラムラしたときに「駄目だ、もう射精しよう」と思っても「いや、駄目だ。射精しては人生が駄目になる」「同僚シンママと親密に慣れない」と思うようになり、我慢汁を出しながらも射精することを耐えました。

そして200日間以上の禁欲をする過程で、人生が好転する出来事があったとか、意中の人とエッチできたとか、期待したことはありませんでした。そのためか、「禁欲自体は、今の自分の現状にとって大きな要素とはいえない」と思うようになってきました。それが転じて「どこかで射精してみようかな」と思うようにもなりました。

 

自慰行為は、別に悪いものではないと思います。決して行ってはいけない、犯罪的なものと極端に考えることもありません。個人的には、ある程度の禁欲生活を続けたならば、それなりに心身に変化も出ているでしょうし、自制心も養われていますので、1回くらいは性欲に従っても問題ないと思います。

自慰行為をしなくなると、自慰行為を控えると、それなりの恩恵があるというだけの話です。短期的でも長期的でも、禁欲によりモテたりする人もいれば、人生が充実してくる人もいます。だからといって「禁欲をしろ!」「禁欲こそが成功の鍵」などとは言いません。押し付けるものでもありません。

 

禁欲は手段であり、人生の目標ではありません。禁欲していても、怠惰な生活をしていれば「禁欲している、だらしない人」だけです。モテたいと思って自慰を控えても、女性と仲良くなる努力をしなければ、モテはありません。

禁欲というのはライセンスみたいなものです。専門的な資格をもっていても、その知識や技術を活かさないままだと、「ただ資格を持っている人」というだけです。

 

もし禁欲をするならば、日常を良いものに変えるメソッドの1つとして禁欲をチョイスするくらいにしてはどうでしょうか? もし、禁欲があわなければやめればいいだけです。運動にシフトしたり、新しく好きなことを見つけるとかでも良いと思います。

 

「○○は悪いもの」と決めつけるよりも、「〇〇は別にやってもいいけど、ほどほどにしょう」くらいが丁度よいと思います。

 

 ここまで読んでいただき、ありがとうございます。