アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

特定の異性や性に執着してしまう理由

アラフォー童貞のODです。

 

最近、何度も読み込んでいる『アウトプット大全』にて、記憶の定着について納得できる内容がありました。

ざっくり言うと、一度得られた情報を長期記憶として定着するためには、情報を得てから2週間以内に3回以上使うことが必要とのこと。

例えば、本を読んでから2週間以内に3人以上に内容を教えたり、ブログに内容を紹介したりすることで、それはアウトプットするという行為になり、自分のなかの情報として確率するということです。

学生時代、英単語を覚えるために単語帳を持ち歩いて、ブツブツと読みながら単体自体をで覚えようとしていましたが、他者を交えてクイズのようにしたり、その単語が入っている英文全体を読んで、その単語がどのように使われるのかを理解したほうが効果的ということです。

 

さて、別に記憶の定着法や勉強法を書きたいわけではありません。

記憶の定着というのは、感情も同様のようです。つまり、一度得た感情を2週間以内に3回以上繰り返し思い出すことにより、自分の中にその感情が定着しやすくなるというのです。

 

わかりやすい感情は「怒り」「悲しみ」といったネガティブな感情です。

他人から非難されて「あんなに言い方しなくていいのに」とか、理不尽な状況に「なんで自分ばかりこんな目に」といった感情が湧き上がると、しばらくの間グルグルと頭の中を駆け巡ります。そうして、しばらくするとケロっと忘れますが、似たようなシチュエーションに出くわすと「そういえば、前もこんなことあった・・・あー、イライラする」「やっぱり、自分は不幸なんだ・・・」と再発します。

 

これって、恋愛や性的指向も同様ではないでしょうか?

私個人の話で言えば、同僚のシグルマザーに片思いをしているものの、「脈なし」と思っていても、どうしても意識していまいます。そうして、ついつい不自然でキモい感じのコミュニケーションをしてしまったり、余計な配慮や気遣いをして迷惑そうな感じをさせてしまいます。

どこかで「好かれたい」ということばかり考えているので、同僚シンママへの独りよがりな感情はどんどん募ります。同僚シンママの意向などは無視しているのと同じです。

さらに、禁欲前までは同僚シンママのことを妄想しながら、シコって射精するのが当たり前だったので、これも執着を生んでいたと思います。さらに寝る前に妄想でシコること多かったので、より彼女への執着心は強くなっていったのだと思います。

 

性的指向で言えば、自慰行為に及ぶ際に、興奮を昂めるためにエロに手を出すものですが、毎回違うジャンルのエロをする人ってあまりいないのではないでしょうか?

自慰をするときに使ったエロを並べて見ると、おそらく同じジャンルのエロばかりだと思います。性的指向もまた、「前にこのエロにすごい興奮したから、また同じ興奮を味わいたい」と思って同じエロに手を出して、シコって射精します。

これを繰り返していくと、エロの材料は異っても、ジャンル自体は同じになると思います。自慰行為により、その性的指向への執着心は強化されていくのです。

例えば、私で言えば同僚シンママ自体の、タイトスカートや黒タイツ、彼女の匂いにも欲情しますし、オナ猿だっときは何度も彼女の私物でシコった原因で、彼女本人よりも彼女の私物に執着して欲情していたと思います。

さらに、ネットやエロ本などは同僚シンママを意識したエロばかり収集していました。本人とエッチできないことが叶わないから、代替のエロとして、見た目や年齢・髪型が似た女性や、OL、タイトスカートのパンチラ、胸チラなど実際に手に入らないエロを求めていました。

(こう書いていますが、今でもこういったエロへの執着は確実にあります)

 

これらを受けて、特定の異性や性的指向に執着するとどうなるのか? を個人的な見解でまとめます。

 

● 特定の女性を意識しすぎるようになると・・・

 ・不自然になコミュニケーションをとる。

 ・何も変わっていないことに落胆する。

 ・進展しないことがストレスになり、自慰や類似のエロに逃げる。

 

● 特定の性に執着するようになると・・・

 ・意中の人の類似エロでシコり、満足する

 ・妄想や類似のエロで満足できなくなり、身近な私物などに手を出す

 ・要は、だんだん変態行為が加速する

 ・そんなことをしていても、恋愛は成就するわけでないので、また自慰に逃げる。

 

こうしたことを繰り返していくうちに、片思いの叶わないオナ猿が生まれていくという流れになります。片思いの人への思いは強くなるのにうまくいかず、独りよがりの性ばかり加速するという悪循環です。

 

まぁ、こう書いていくとわかるのですが、執着心ってその人を大切にするとか、その人本意になるというわけでなく、一人で勝手に気持ちよくなりたいってだけなんだと思います。

そして、わかってはいるのですが、意中の人が「脈なし」とわかってきている今は、恋愛とかから離れるとか、もう少し広い視点で色々な人間を見るということが大切だなーとも思います。

きっと、仕事や自己成長とはまた別の、「新しい世界」に目を向ける時期なのでしょう。アラフォーという年齢だと今更、と思われるかもしれませんが、叶わない不毛なものに執着しているよりはマシです。

 

さて、何を始めましょうか? どんな世界に目を向けましょうか?

特定のものに執着するより、新しいことに模索するのも楽しいものです。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。