アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

200日以上のオナ禁をリセットした結果と経過記録(その①)

アラフォー童貞のODです。

 

日数にして207日間のオナ禁(断射)を続けてきましたが、自慰により射精しました。オナ禁のリセットです。 

 

しかし、後悔はまったくありません。なぜならば、もともとオナ禁を継続している途中で「長期的なオナ禁のうえでリセットすると、心身にどう変化があるのか?」を知りたくなった、そして今回のリセットにより気づいたことが色々とあったからです。

そんな個人的な疑問を自身の体で試してみたので、本記事にまとめますが、以降を読む注意点として、「長期オナ禁は意味がない」「我慢せずに射精しなさい」というものではありません。個人体験であり、科学的な根拠は一切ありません。

 

オナ禁をリセットした背景と今回のテーマ

オナ禁に関しては、オナ禁のメリットや続け方、オナ禁を始めるも早々にリセットしてしまった人の体験談はネット上に多いですが、長期的にオナ禁をしてきた人が自慰により射精した記事が少ないで、半年ほどのオナ禁を続けてきた私自身で試してみようと思った次第です。

これはリセットしたことへの強がりではなく、どこかのタイミングで一度射精しようとは常々思っており、過去の記事にも投稿しております。。さらに言うと、本記事を投稿する1ヶ月前にすでに自慰により射精は済ませ、その後の自身の経過観察も行っていました。今回のリセットにおいて書くことは色々とありますが、今回は射精した前後の状態について記事にします。

 

自慰に至った日の状況

さて、リセットした日の状況やそこに至った経緯はあり、本記事では割愛しますが、要は業務終了後の職場で1人になったときに、ほんの少しのムラムラ感と、同僚の女性の上着が目に留まったことで勃起し、「よし、射精するなら今だな」となり決行しました。

最初は以前のオナ猿だったときのように、その上着の匂いを嗅ぎながらシコりました。そして途中からそれは横に置き、ひたすら射精することだけを目指してシコり続け・・・そうして半年以上ぶりの射精を終えることができました。

 

久しぶりの射精直後の所感

射精した直後は「やってしまった」などの後悔は一切なく、むしろ・・・

解放感と晴れやかな気持ちに包まれました。

 

まずは、我慢してきたことから解放された喜びです。それまで自制心により抑えていたエロや射精行為を我慢するための蓋が一気に解放され、蓄えてきたエネルギーや抑圧した気持ちが一気に溢れました。

解放された感覚については後述しますが、射精後のティッシュや同僚の女性の私物を片付けたあと、職場の外に出ると、さわやかな風が吹いて心地よかったのを覚えています。その中で、つい先ほど射精した感覚を振り返りました。

 

まずは「今日は我慢せずに、射精して良かったな」ということを思いました。それまではムラムラして我慢しては、その度に「もう射精しようか、いや我慢だ」と迷っていた時間を浪費していたけれど、ムラムラ感やシチュエーションを受け止めて、潔く射精したのが良かったのでしょう。

 

200日以上ぶりの精液と射精の勢い

また、そして「シコって射精するって、こんなもんだったんだな」ということを思いました。久しぶりの射精がそこまで気持ちよくなかった、というのもあります。長期間の断射により出た精液は、たしかに多めの量でかなり濃かったです。まるで、熱せられたフライパンのうえで溶けかかったラード(食用油)のようでした。

しかし、射精する直前に少し萎えかけたため、精液の発射の勢いは弱まり、射精というより「膿を出した」という感覚で終わってしまいました。そのため、「こんなちょっとの快感のために、以前は時間をかけてシコっていただなー」という感想になりました。

 

リセット直後の変化

さて、ここまで本記事を読んでいる方が気になるのは、オナ禁のリセット、それも長期オナ禁をやめることのデメリット、具体的な心身の害的な変化やリスクだと思います。200日以上の禁欲をしきたのだから、反動もあったのでは? と思うでしょう。私もこのあたりは躊躇して、シコっては射精するのを中断したことは幾度かありましたし。

 

結論から言うと、207日間のオナ禁をリセットした結果は・・・

大きな変化は全くなかった、です。

 

●肌質や顔つき 

肌質には特に変化はありません。脂ぎるということも見受けられませんでした。これは、射精による男性ホルモンが出たからといって、すぐに肌に変化があるものではない、ということの表れでしょう。

顔つきに変化があったかというのも同様です。オナ禁中の自分の顔というのは写真に撮影していたわけではないので、比較対象がないというのもありますが、もともと目が大きめだったので、それが垂れ目や覇気がなくなるというのは、個人では観測しにくいところがあります。

疲労感や倦怠感

次に眠気や疲労感ですが・・・これが面白いもので、射精直後は眠気や激しい疲労感に襲われるものですが、久しぶりに射精した直後はエネルギーが体から噴出するような感覚になり、オナ禁効果でよくあるスーパーサイヤ人効果というならば、今じゃないか、と思うほどエネルギッシュになりました。

しかも、ものすごく体を動かしたくなりました。その日リセットしてから3時間後の自宅に戻ると、大胸筋と肩、下半身に対して高負荷の筋トレをガッツリ行い、汗だくになりながらも、「まだまだ動ける!」と高いモチベーションで体を動かせました。

(ちなみに、純粋にリセット後の状態を知りたかったので、よくあるノコギリヤシのzプリメントを飲むとかは一切やりませんでした) 

●睡眠と起床の質

その日の睡眠は良好でした。リセットした日までは仕事により疲労と睡眠不足が続いていたので、自慰行為と筋トレが相まって、ゆっくり睡眠をとることができました。リセット後の翌朝の寝起きも問題は一切なかったです。目覚めはいつも通りアラームもなく起床でき、倦怠感などもありませんでした。

 

総論その①

改めて長期オナ禁のリセットについて個人的な体験をまとめると、リセット直後にはデメリット的な意味での変化や影響というのは、ほとんどなかったということです。さらに倦怠感や何かしらの生活リズムにも影響はありませんでした。

 

今回は長期オナ禁のリセット直後の話をまとめましたが、私が興味あったのは、その後の影響もです。この投稿でリセットしてから約1ヶ月が経過しますが、例えば、次のようなテーマもご紹介したいと思っています。

 

 ● その後の肌質、顔、睡眠

 ● 思考や行動力は落ちたか?

 ● モテなくなったか?

 ● 気になっている同僚の女性とは?

 ● オナ猿に戻ったか?

 ● リセット後に自慰と射精はしたか?

 ● 長期オナ禁の良し悪し

 ● 今後の禁欲生活のありかた      など

 

私は200日以上のオナ禁で終わったものの、それ以上、何年も続けている方も多いです。その人たちから比べると長期といっていいのかは分かりません。

それでも、ある程度のオナ禁を続けたうえで射精するとどうなるのか? はオナ禁を続けながら調べてもなかなかヒットしない情報でしたので、今回の記事が少しでも誰かの役に立ったり、苦しむのを解消できれば幸いです。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

⇒ 続きの記事(その②:リセット後の肌と睡眠の質についてまとめた記事)

onorenodoutei.hatenablog.com

⇒ 続きの記事(その③:リセット後の体力と疲労についてまとめた記事) 

onorenodoutei.hatenablog.com

 

 ⇒ 続きの記事(その④:リセット後のムラムラ感についてまとめた記事)

onorenodoutei.hatenablog.com