アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

中途半端にエロに手を出すくらいなら、さっさと抜いちゃったほうがいい

アラフォー童貞のODです。

 

長期オナ禁をリセット後も、ムラムラすることは多々あります。これはオナ禁中と対して変わりません。ただし、「人間は誘惑に対して不完全である」という認識は持つようになりました。

 

エロにあふれている現代の成人男性は、ムラムラしたときは、エロによる激しい刺激、シコる気持ちよさ、射精する放出感といった過去に体験したことのある快感を味わいたいと思うものです。突然ムラムラしたからといって、付き合ってもいない同僚やよく知らない女性と気軽にエッチするなどは不可能です。

そうなると・・・

「ひとまずムラムラ感を解消するため、エロを手を出すか」

「ありったけの自制心を働かせて、エロに手を出さないか」

の選択肢を迫られます。

 

ひとまずはエロに手を出さなければ、シコって射精するという未来は狭まり、うまく欲情をスルー出来れば、シコっていただろう時間とエネルギーを別の何かに使えたり、肉体に何かしらのプラスになるということになります。

反対に、もしわずかでもエロに手を出してしまったら、その時点で下半身を露出して、シコって射精するという終着に行きつく、と思ったほうが良いです。私もオナ禁中でも、リセット後の現在も、この覚悟のもとにエロを避けていました。

しかし、どんなにオナ禁を継続していても、どんなにAVを廃棄しても、ネットのエロを避けても、同僚の女性のエロさは避けることができませんでした。黒ストの脚を見ないようにしても、漂ってくる良い匂いは防ぎようがありませんでした。

このような状態が続いたので、半勃ちと我慢汁が出る日々は続き、頻繁にムラムラしては「今日はもう出そう」と決意しては、1日が終わることに「今日もなんとか射精せずに済んだ・・・」と安堵していたものです。我ながら、このような状態で200日以上もオナ禁できたと感心します。

 

このように、禁欲生活を続けていてもムラムラは自然に起きるもので、それに対して欲望のままに反応しちゃうのか、それともムラムラ感は受けてめてエロに手を出さないようにするか、抗えないエロに遭遇したら、それに対してもどう対応するのか? が求められます。

 

しかし、うまいことムラムラをスルーできても、かなりな時間とエネルギーを我慢と自制心に消費します。ムラムラが引かずに苦しむこともありますし、私の場合は睡眠不足に陥ったくらいです。

確かにシコって射精することで肌質やモテフェロモンへのデメリットはありますが、時間とエネルギーの消費という観点からいくと、どちらがいいのか分からないというのが正直な話です。

 

「長期オナ禁の経験者だけど、オナ禁は無駄だよ」という意味ではありません。しかし、「オナ禁すると時間ができる」「色々なことにチャレンジできるエネルギーが湧く」というメリットを念頭におくと、ムラムラを我慢する時間とエネルギーを使うならば、とっととシコって射精しちゃったほうが良いのでは? という考えもできます。

そのくらい、人間は誘惑に対して弱い生き物だということを、私は長期オナ禁により学びました。特に、ストレスが溜まっている状態や疲労している状態だと、それらを少しでも和らげようと、快楽ホルモンなどでバランスをとろうとするので、余計にエロなどの誘惑に対して手を伸ばしやすくなります。

 

オナ禁を長期でも短期でも継続したいならば、誘惑に対しての不完全さや、脆弱さというのをちゃんと理解したうえで行ったほうが良いと思います。

 

最近は、禁欲という考えでなく、「時間がもったいないから、ムラムラするならシコるならとっととシコれ」と自分に発破かけたり、「たまに抜いてもいいかなー」という気楽さをもったり、「面白い本に集中したいから、しばらくエロは控えていいかな」という前向きさが混同しながら、日常を過ごしています。なんだか、長期オナ禁をして無闇に苦しんでいたよりも、禁欲に対して気楽さを持てるになっています。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。