アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

清潔感のある男性を考える(最低限のレベルとは・・・)

アラフォー童貞のODです。

 

清潔感のある男がモテるとか言いますが、清潔感とは何でしょう? 

私は好きな人(同僚のシングルマザー)と親密になりたくて、アラフォーになって改めて身なりに気を遣うようになり、平均的な清潔感のある男を模索しました・・・が、清潔感というものはかなり主観的なもので、どれもこれも曖昧な情報ばかりでした。

そこで、どの雑誌や情報サイトにも共通している、とりあえず以下のことをやっていれば、女性というか他者に不快感を与えない、社会人としてのスタートラインに立てる・・・と思われる、最低限レベルの身なりの整え方をまとめたいと思います。

服装などもありますが、今回は肌や髪などの己の身の整え方をまとめたいと思います。

  

髭を剃る

髭を伸ばしていて不真面目な印象を抱く人はいますが、髭をキレイに剃っていて「こいつ、髭をキレイに剃って気持ち悪いな」と思う人はかなり特殊です。逆に言えば、髭を剃っていれば、他人に不快な印象を与えることは避けられるはずです。

 

爪を研ぐ

女性は爪を見ると言いますが、あれは確かにそうだと思います。正確に言うと、女性は体の先端部をよく見ているということです。だから、ネイルサロンやネイルアートが女性受けするのだと思います。

とはいえ、爪を研いだどころで周囲の女性から「爪キレイだね」とか言われたことはありません。しかし、爪を研ぐようになってからは、他人の手を見るようになりました。「この人は自分を律している人なんだなー」 と思えるようになりました。

また、爪を噛んでしまう癖がある人には、爪を研ぐ習慣はお勧めです。私も考え事をすると爪を噛む癖がありましたが、爪を研ぐ習慣がついて以降は「せっかくキレイにしている爪を噛むのは何かもったいない」と思うようになり、いつの間にか爪を噛む癖は激減していきました。

 

デオドラントシートで全身を拭く

世間では『自臭症』と言って、自身の体臭が周囲に迷惑をかけているのでは、ということ気にする人が増えているようです。私も体臭が気になって自慰行為を控えるようになりましたが、あまり体臭を気にしすぎるのもストレスになります。

そこで、「自分は体臭対策をひとまずしている」という建前として、自宅を出る前や会社に着いた後の更衣室やトイレなどでデオドラントシートで体を拭きましょう。脇だけでなく、首の付け根からスタートし、背骨を一直線に降りるように拭き取ると、ミドル臭と呼ばれる男特有の不快な臭いを抑制できるとのことから、勤務時間前に全身を拭き取りしています。また、荷物にならなければ、制汗スプレーも併用することをお勧めします。

 

整髪料で髪を整える

正直言って、アラフォーになって身なりのことを改めるまでの数年間は、整髪料で髪を整えるということはしていませんでした。髪は短めに切っていたので、これ以上整えても仕方ないと決めつけていました。

しかし、街を歩いている同年代らしい男性の髪型も似ているうちに、ツヤ出し系の整髪料などで髪を整えてみるのを参考にし、自身でもつけてみました。すると、すっごい印象が変わるわけではありませんでしたが、整髪料をつけないよりも、全体的にまとまった印象となったので「整髪料ってしたほうが良いんだなー」とこの年齢になって気づきました。

(商品はたくさんあるため、色々と試してみたいのですが、短髪なのでなかなか底をつきることなく、整髪料をつけはじめて半年が経過しますがまだ残量がある・・・)

 

眉毛と整える(定期的)

これは、未だに苦戦しています。眉毛を整えるキットを買って、週1回は整えているのですが・・・どの眉の形が自分に合っているのかは模索中です。

しかし、眉毛をそろえる、まぶた周辺の毛を毛抜きすることで、印象が変わるといのは確かだなーという実感はあります。 

まぁ、毛を切ったり抜くのに夢中になると、やりすぎて眉が薄くなったり、いびつな形になるので注意と修行がまだまだ必要です。

 

散髪をする(定期的)

散髪って面倒臭いのですが、月1回は散髪したほうが良いです。伸ばそうと思えばいつまでも伸ばせますし、整髪料などでそれなりに整えられます。

今だに美容院に予約して行くということはしていないのですが、時間を見つけてすぐに散髪してくれる床屋があるので、いつも短かめにして、当面は切らなくてもよいようにしています。

ここで大事なのは、髪型よりも「とりあえず短めにしていれば、清潔感はある」ということを優先していることです。

とはいえ、今後は髪型を色々見直してみたいとは思うのですが、どういう髪型がいいのかは不得意なので、やはり美容院に行ってアドバイスいただくほうがいいのかもしれません・・・。

 

歯医者に行く(定期的)

虫歯になってから行くのではなく、少なくとも半年に一回は健診的に行くことをお勧めします。意外に歯石が溜まっていたり、タバコを吸っていなくても歯に汚れが付着していることがあるので、クリーニング的な意味で行ってみると、口の中がすっきりしますし、口臭防止にもつながります。また、虫歯になりそうな箇所の早期発見にもなります。  

 

 

ここまで見て「ここまでやるの!?」と思った方は、生活を見直したほうが良いです。モテなくても、普通の男性はちゃんとやっている事ばかりです。特に、人からよく見られたいならば、この程度もやっていない自分で評価を得られないと思った方がいいです。

また、「時間と金かかるじゃん」と思った人も同様です。これらはすべて、自己投資です。時間も金もかかります。でも、将来にちゃんと繋がります。

・・・と、偉そうに書いている私自身も、アラフォーになるまでおろそかにしてきたのです。 すべてを1度に始めたわけではなく、徐々に自分が至っていないところに気づき、「こうかなー?」と思いながら続けていることばかりです。

 

個人的には、ドラッグストアなどで爪研ぎを購入し、毎朝の外出前までに爪を研ぐ習慣をつけることをお勧めします。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。