アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

とりあえず1日だけ「欲」を乗り切る方法(オナ禁しても、すぐ断念してしまう対策)

アラフォー童貞のODです。

 

オナ禁を決意するも、1日どころか半日も経たないうちにリセットしてしまった・・・というブログを幾度も拝見したことがあります。

私もかつてはオナ猿だったので、よくわかります。1日2回以上は発射する習慣だったので、いざオナ禁をしても、シコりたくなる欲求、ポルノに手を出したくなる渇望、身近な女性や外を歩く女性を見えてはムラムラする日々に苦しめられたので、とても理解できます。

半年ですがオナ禁をしてみましたが、よくある「途中でムラムラ感がこなくなった」という現象には至らず、意中の女性とも親密にならず、ずーっと童貞のままで結果も現れなかったので、「オナニーを我慢をする」ということにかなり苦しめられました。

 

オナ禁をしてリセットした人のなかには、「こんなことも我慢できない自分はモテるわけない」「自制心のない自分が人生をうまくいくなんてありえないだろう」と自分を責める人もいます。

これはオナニーを我慢できることが「魅力的な自分になれる」、ひいては「女性からモテる」「人生が成功する」などと思っていることが前提のため、オナニーしてしまった自分はうまくいかない、自分は駄目なんだ、という結語に至ってしまうからです。

 

多くの人は、何かを成し遂げるためには「我慢」「忍耐」「苦労」「逆境」等が必要で、これらを乗り切ることが大切であり、成功要因であると考えています。しかし、何かを達成するために、自分由来の我慢や忍耐だけでは難しいのが現実です。

 

何かを成し遂げるためには、大切なのは、環境づくりと仕組みづくりです。

 

そこでもし、1日でもオナ禁が続かないというならば、次の2つのステップを試してみてください。

 

まずは第1ステップとして

「別にオナニーしてもいい」

という認識をもってください。

 

これは意外な話でもなんでもありません。

人間、「やっては駄目」「我慢しろ」と言われると、やりたくなるものです。手を出したくなるものです。それは自分が決めたことでも、他人から強制されたことでもです。

 

しかし、「別にやってもいいよ」「いつでもできることだよ」と言われるとどうでしょう? 「いつでもできるなら、別に後でもいいかな」とならないでしょうか。

例えば、期間限定で配信された動画はその期間は何度も見たけれど、そのDVDやBlue-rayを買ってみると意外に見ないまま、開封すらしなかったという経験はないでしょうか? 

 

オナ禁に話を戻すと、長期オナ禁をしているとき、私は常に「いつオナニーして、射精してもいい」という感覚でいました。別に強制ではない、あくまで個人目標だったからです。実際、オナ禁をして2ヶ月間くらいのあたりで「期待した結果も出ないし、そろそろリセットしようかな」と思い始め、「ムラムラしたら抜いちゃおう」と何度も思いましたが、そんな日を繰り返していた結果、何となくリセットすることを先延ばしするようになっていました。

 

さて、2つ目のステップは、

「オナニーする時間を予定化する」

です。

 

オナニーしてもいいとなると、オナ猿やムラムラしている状態のときは、早くオナニーしたくなるものですが、ちゃんとシコるための日時を決めてみて下さい。仕事や休憩時間のようにスケジュール化してください。可能ならば、ちゃんとスケジュール帳やアプリに記入しておいてください。

このようにすると、オナニータイムが待ち遠しくなるものです。しかし、そのときまではシゴくことも、ポルノを見るのもNGです。同僚のパンチラを見てしまっても、我慢しましょう。勃起したままにしておいてください。

オナニータイムまでは、学生ならば学業、社会人ならば仕事に励んでください。とにかく、勃起しててもムラムラしててもいいので、掃除や洗濯、散歩などでもいいので、オナニー以外のことをしてください。

 

・・・で、とうとう予定していたオナニータイムがおとずれると、以下ように思うことがあります。 

「うーん、まだ後ででいいかな」

「何か・・・今じゃないな」

「今やっていることを終わらしてから」

「何か疲れたから、今日はいいや」

 

仮に予定通りオナニーを始めようとしても、「何かいまいち興奮しない」とか「ティッシュとか後片付けとか考えたら面倒だな」と、オナニーに対して乗り気でなくなることがあります。

 

仕事や筋トレでもありますが、やってしまうと徐々にテンションが上がってくるのに、やる前となると、面倒なことを想像してしまいます。そうして、「今日はいいかな」とか「今はいいかな」と先延ばしすることがあります。この心理をオナ禁にも活用できると思っています。

私自身、半年のオナ禁後にリセットしてからも、このスタンスを続けております。前日に「よし、明日は仕事が終わったら抜こう」と思っても、いざ仕事が終わってみると、「うーん、疲れたし今日はいいかな」となることが多いものです。最近では、仕事でヘトヘトになってムラムラしていても、睡眠欲が勝ることもあります。

このような感じなので、現在はいわゆる短期オナ禁の状態に自然となっています。別に「オナ禁をしよう」と思っているわけでもないのに、です。

 

・・・この2つのステップを意識しているわけではないですが、

 

「オナニーしてもいい」と許す。

ただし「やる時間は決める」。

 

と決めていると、我慢しているという意識も少なく、何となくオナニーしないまま翌日を迎えてしまうものです。そうして、また「昨日は結局オナニーしなかったけど、今日は〇時に抜くぞ」と思っていると、これもまた「○時になったけど・・・今日もいいか」となります。

 

この2ステップの方法が必ずしも有効とは言いませんが、オナ禁をしたいけれど1日も我慢できないのは、「オナニーはしては駄目」という強迫観念がストレスになってムラムラが湧きやすくなり、それに流されて「ムラムラしたから、ちょっとポルノを見よう」としてシコってしまうのだと考えています。

 

「別にしてもいい」というように意識は緩めつつ、「やる時間にはする」というように体制は厳格にしておくと、(禁欲的に)良い意味での先延ばしになるのではないでしょうか? という話でした。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。