アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

ついポルノに手を出してしまうのは、どんなときか?

アラフォー童貞のODです。

 

特にムラムラしていたわけでもないのに、何となくポルノを見ているうちに欲情して、するつもりもなかった自慰に興じてしまった人は、少なくないはずです。

特にオナ禁をしている人であれば、射精をし終えたあとで「なんでエロ動画を見てしまったんだ・・・」「見なければ、別にオナニーなんてしなかったのに・・・」と後悔してしまうでしょう。

 

仕事中に同僚女子のパンチラをきっかけに、「オナ禁中だけれど、ムラムラが収まらないから今日は抜こう」といった背景が明確ならばまだ分かります。しかし、私たちは外的なきっかけなしに、何となくポルノといった性的興奮を誘発させる媒体に手を出してしまうことがあります。特にムラムラしていたわけでもなく、禁欲を解禁するつもりもなく、公私ともにやるべきことが残っているのに、「何となく」の感じで欲望に手を出してしまうのです。

 

検索エンジンで「エロ ●●」などと検索するだけで、簡単に好みのポルノを見れるのが原因なのでしょうか? エロ本を平然と置いているコンビニや本屋が悪いのでしょうか? それとも、無防備にパンチラしてる同僚女子が悪いのでしょうか?

 

いずれも、ムラムラするにふさわしい理由になりそうですが、あくまで"きっかけ"であって、「何となく」ポルノなどに手を出してしまう理由としては弱い気がします。

実際、長期のオナ禁をリセットしてからは、ダラダラとネットサーフィンをするようにポルノを見ることもなかったし、エロ本の表紙やグラビアアイドルが表紙の雑誌を見ても気にならなくなりました。同僚女子の脚は見てしまいますが、パンチラすることはないだろうと目を奪われることもなくなっていました。

 

・・・しかし、様々な条件が重なると、偉そうな考察記事を書いている私もまた、いつのまにか何となくポルノを見てしまうことがあります。または、普段は気にもとめない街中の女性の胸のふくらみを見てしまったり、同僚女子の良い匂いにやたら敏感になることがあります。

 

これは一言で言うと、自身のコンディションに大きく影響します。

つまりは、自身の肉体と心の状態です。

 

最初の発端は「肉体疲労」です。特に仕事でたくさんの案件が重なったり、緊急の用事に対応せざるを得なかったり、煩わしい人間関係などが重なると、自覚のありなしに疲労は蓄積していきます。また、睡眠時間も少なくなると脳機能もちゃんと回復しないので、自制心も下がり、感情のコントロールも徐々に難しくなります。

 

次に起こるのは「心の疲労」です。

疲労状態において、人間はネガティブなことを考えやすくなり、次第に自尊心も低下していきます。そうなると、何とか充実感を得ようと、自尊心を高めようと色々なことに手を出してしまい、それでもなお満たされない状態になります。

 

満たされたいのに、満たされない。

 

このようなときは休めばいいだけなのに、感情で動いているのでそれに気づかずに、満たされない状況を何とかして満たそうとします。

 

しかし、そのようなときに、しっかりと脳は覚えているのです。簡単に自分を満たしてくれる材料を・・・。それはインターネットで簡単に手が出せ、自分はティッシュと片手があれば満たせることができます。しかも、一時的とはいえ、激しい快楽で満たせる行為があります。

このようなコンディション時においては冷静さは欠いているので、まるでショートカットするように脳が体に直接命令を下すのです・・・「ポルノを検索しろ」と。

 

まるでニュースサイトを検索するかのように、検索エンジンでポルノ用語を検索し、あとは目で黙って追っていればいいだけです。そのうち、ヌードの女性、JKや熟女もの、洋モノ、パンチラ盗撮やOLものなどの自身の隠された性癖を満たしてくれるポルノにいきついて・・・気が付けば、ポルノは表示されたまま、息は粗く、すっかりモノは萎えて、あとは生臭い白濁の液体がティッシュが床に投げ出されています。

ここで「すっきりした」となればいいのですが、心身の疲れや、疲れの根本的な原因を解決したわけではないので、体力と時間を浪費した感覚になってしまいます。オナ禁している人であれば、言いようのない自責の念にとらわれることもあるでしょう。

自慰行為に対して賛否両論はまだまだありますが、いずれにせよ、このような状態の自慰行為は、射精したあとで良いメンタルになることはあまりありません。

 

このようにならないためにも、まずは欲に手を出してしまうときの自分のコンディションを知ることが大切です。そのようなコンディションにおいては、自分は欲に手を出しやすくなるということを自覚するのです。

 

特に「心が満たされていないとき」「心にぽっかり穴が空いているとき」といった状態には特に注意です。これらは、心や体が疲れているときになりやすいであり、普段のではしないような不合理な行動をとりやすくなります。

そのため、私は長期オナ禁中もその後も提言しているのは、禁欲を継続するならば、ちゃんと睡眠をとることと、一日の合間に休憩をこまめにとるということです。こうすることにより、少なくとも「何となく」でポルノを見ることは軽減できるはずです。

 

禁欲にフォーカスすることはいいのですが、まずは自身の体をいたわることをしてみてください。それから、公私ともに集中したときを過ごし、それが結果的に禁欲につながって、良いサイクルができればいいと思います。

 

・・・とはいえ、人間ですから、誰しも虚しさや悲しさを感じて、憤りのない気持ちをぶつけたくなったり、心の穴を何かで埋めたくなるものです。それに対して、つい食べ過ぎたり飲みすぎたり、無駄遣いをしてしまったり、そのつもりもない相手とエッチをしてしまったり、ポルノをダラダラ見てしまったり・・・。

こういうことは、形はどうであれ、誰でもあります。暴力や犯罪はNGですが、「やってしまったことは仕方ない」で済む程度であれば、私は問題ないと思います。もし、自分でするつもりもない事やってしまったなら、「ああ、俺、疲れているんだな」と思って休めばいいだけです。あとは上記でもお伝えしたとおり、しっかり休んでください。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。