アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

「オナ禁している」というのも、1つの執着心

アラフォー童貞のODです。

 

長期的なオナ禁を経てリセットして以降、特にオナニーしなくても平気な自分がいます(以前は1日2回以上は平気でシコっていたのに・・・)。

 

今や「オナ禁しよう」という意図は全くないので、オナ禁をしていたときのように「今日で○日目達成だ」という日数のカウントもなく、「あれ? 最後に抜いたのは、いつだっけ?」といった具合です。むしろ、オナ禁していたときよりもシコりたい衝動は激減しています。

 

そこで思うのは、オナ猿がポルノを見てムラムラして欲望のままオナニーするのも、オナ禁している最中に「シコリたい・・・いや、我慢だ!」と思う気持ちも、実は大して差はないのではないか? ということです。

 

このように書くと、「いや、オナ禁するほうがメリットはあるに決まっている!」と、テストステロンの相関性や人生のモチベーションの話を力説する方もいらっしゃると思いますが、ここではオナ禁の良し悪しや、メリットデメリットを問いたいわけではありません。

 

ポルノを見ている人もオナ禁してムラムラを自制している人も、「オナニーしたい」という欲求や執着心としては、どちらも同様ではないか? ということを言いたいのです。

 

上記のように、このように書くと「同じ執着心ならば、我慢よりも、気持ちよくなるオナニーをすればいいじゃん」と開き直る方もいらっしゃるかもしれませんが、それもまた違います。

 

いずれの場合も「オナニーをするかしないか」「我慢するか、射精しちゃうか」ということが頭の中にあるため、オナ禁をしている人たちは「我慢しなければ」と苦しむのだと思います。

オナ禁している」ということが執着心となり、日数をカウントしたり、効果を期待したりするので、やはり頭から離れなくなり、ムラムラも離れなくなるのです。そうして徐々に「いつまで、この苦行を行えばいいのだ」と思うようになると、ふとしたときにリセットしてしまうのです。

 

さて、様々な分野のお医者さんも「いちいち気にしないのが一番の病気の予防」とおっしゃっていますが、これはオナ禁も同様だと思います。自分がオナ禁をしているから良いとか、ネットの情報を見てはオナニーすると悪い影響がある、などど考えるのがストレスの原因になるし、不要にポルノに手を出す温床になてしまうのです。

 

ならばいっそ、ポルノを見ないとか、オナニーしたくても我慢するとか、オナ禁は良い習慣、オナニーは害悪だ、などということではなく、「自分はオナ禁をしているのだ」ということすら忘れてしまったほうが良い、ということです。

 

しかし、簡単にそう忘れられたら、多くの人はポルノやオナニーに時間を費やすことはなく、依存もせずに充実した日々を送れるはずです。私だって、好きな同僚女子の私物をオカズに変態行為におよぶこともなかったはずです。

 

具体的な解決策はありませんが、オナ禁をしなければいけないほど、ポルノやオナニーに執着してしまうというのは、つまるところ「暇だから」ということに他なりません。

偉人達はすべてオナ禁をしていた、という記事を読んだことがありますが、それは逆な話であって、「オナニーしようと思わないくらい、暇ではなかった」「オナニーとか知らないまま、夢中になるものがあった」という話だけだと思います。

よくオナ禁には筋トレが良いといいますが、間接的には同様の話です。要は「筋トレしながらオナニーはできない」というだけの話です。確かに筋トレをしているうちに、ムラムラ感はなくなるものですが、それは単純に性的な気持ちから運動に視点が切り替わっただけです。

 

とはいえ、「オナ禁している」「オナニーしたい」という執着心を忘れるには、体を動かすことで時間を費やすのは有効です。これは他者との会話も同様であり、ひとりでじっとしている、例えばRPGのレベル上げのように脳を使わなくてもいいようなものは、脳内で性的な妄想が膨らんでしまうので避けるべきです。

 

 

このように、オナ禁を継続するならば、「オナニーしたい」という欲求を抑えるだけではなく、「自分はオナ禁をしているのだ」ということすら忘れることが大切です。それはオナ禁をしているという事実もまた、自身を縛る執着心になるからです。

オナニーまたはオナ禁すら忘れるためには、できれば黙ってできる単調作業よりも、体全体を使うような筋トレや運動をすれば、ひとまずはポルノやオナニーを誘発する可能性がある暇な時間をなくせるのではないでしょうか?

 

補足:

読書もお勧めですが、知識欲や発見などがある面白いと素直に思えるものに限ります。小難しいものや、自分のレベルに合わない本を読んでいると、まったく違うことを考えやすくなってしまうので避けた方がよろしいです。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。