アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

「自己開示することが怖い」への考え方

アラフォー童貞のODです。

 

人間関係において、自己開示はそこそこ大切です。

自分のことを普段から伝えておくと、密接なコミュニケーションを要するときに「どこまでOK・どこからNG」といった距離感を、相手に教えてあげることに繋がります。

 

自分のことを言いたくない人の中には、何か聞かれたときのために、対外的・外面用の趣味とか特技やプライベートの情報を用意しておく、という人もいるかもしれません。しかし、あまりに他人の目を気にして、そうしたことを用意することに専念しすぎるというも問題です。自分をすり減らしてしまいます。外面用の自己開示はしておくとしても、1つか2つは自分をさらけ出すということもあっても良いと思います。

現代では趣味思考が多種多様であり、自分が大したことではないと思っていることも、相手に何気に伝えることで興味を持たれたり、意外にオリジナリティ溢れるコンテンツだったということを知るきっかけになることもあります。

 

一方で、わざわざ自分から大っぴらに開示する必要もありません。例えば、私はアラフォーで童貞ですが、別に周囲にそれを伝えることはしていません。オナ禁などの自己改善の習慣も言っていません。

そんなの当然かと言われるかもしれませんが、世の中には誰も聞いてもいないのに、自身のネガティブと思っている情報をタイミングを図らずに急に開示する人がいます。一見、信頼関係を構築するための自己開示に思われるかもしれませんが、この場合は自分を知ってほしい、嫌って欲しくないがあまりに、まるで自首するかのように開示しているだけです。相手のことを考えていない、我慢できなくなった自分のための自己開示なので、突然言われた相手はキョトンとしてしまいます。それどころか、印象が悪くなってしまう可能性もあります。

 

自己開示はタイミングがポイントになるものの、何も意気込んで開示するほどのことでもありません。大切なのは、自分のことを聞かれたときのための返答を準備することでもなく、「こんなことを言ったら嫌われるかも」と思うのではなく、とりあえず頭にぽっと浮かんだことを言ってみればいいと思います。

教えたところで、ぶっちゃけ相手はそこまで興味を持たないでしょうし、バカにすることもないはずです。大抵の場合は、自分の話をしたいがために他人のことを引き合いに出しているだけです。どんどん自己開示すればいい、ということではないにしろ、自分のことを言ったところで大した影響はないものです。

 

一方、「うっそ、そんなのが好きなの、信じられない!」という反応もされることもあるでしょうし、その後ネタにいじられることも確かにあります。気を使った周囲が「自分は別に気にしないから」と言われるかもしれません。

これは、もはや仕方ない話と思うしかありません。何かのタイミングで、自分の知られたくないことを知られてしまう、ということは生きていれば必ずあります。私も職場で童貞であると知られたら、陰口を言われるだろうし、人間関係の距離感も変わると思います。

しかし、自分自身は何も変わりません。変わったのは相手の視点だけです。例えば、私が童貞であったとしても、過去から現在において出したお仕事の成果は変わりません。他人にバカにされたからといって、好きな本や感銘を受けた言葉、何となく見た自然の風景というのは私自身のなかでは変わっていません。

 

自己開示することは、タイミングさえ合えば人間関係においてメリットはあります。たしかに自己開示したところで他人からの評価も変わるかもしれませんが、実際には自分自身は変わらないものです。

しかし、自己開示について気にしている人であれば、自己開示においてもし傷つくことがあることを理解していると思います。それならば、自己開示することを怖がっている人がいたら「自分は気にしないよ」「言ってみれば楽になるよ」と強制するよりも、「言いたくないなら、別に無理しなくていいよ」「言いたくなったら、教えて」というスタンスをとってあげることが相手も気楽になると思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。