アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

「定時で帰りにくい原因」と「定時で帰ることができる職場づくり」【提案】

アラフォー童貞のODです。

 

昨今の日本でも定時で帰ることが定着しつつあるようですが、働き手としては定時で帰ることに後ろめたさを感じたり、躊躇する人は少なくないようです。職場によっては上司がとっとと帰れと言ってくれるところもあるでしょうが、役職によっては外回りから戻ってきた後や店じまい後に事務仕事に勤しむ人もいるため、全員がいつも定時で帰るというのは、まだまだ難しいものです。

 

色々な事情で定時後も仕事を続けている人はいるのは仕方ないとして、すでにその日の業務を終えて帰ることができる人は、なぜ後ろめたさを感じるのでしょう。また、そのような定時だけれど帰りにくい雰囲気というのは、どうしたら解消できるのでしょう?

 

本記事は、職場では管理職という立場にある私が、事務や営業はたまた開発やマーケティングなどの、色々な役職がオフィスで働くこと仕事をする職場を中心に、何となく「定時で帰るため」をテーマを検証してみた内容です。

(製造業のように複数の職員が、同じ場所で同類の工程をノルマを、時間単位で行う仕事は除いております。ご了承ください)

 

さて、まずは働き手の問題ですが、自分のその日の仕事が終わって帰ることができるのに後ろめたさを感じるのは、「まだ働いている人がいるから」ということがあります。これは日本人らしいと言えばそうですが「たくさん働いている人が偉い」「残業していることに価値がある」といった、日本古来の考え方が抜けきらないのが理由でしょう。

しかし、現代においてはこのような考え方は適合しません。たくさん働いている人はマルチタスク化しやすく、自分のキャパシティを超えているので、1つ1つの仕事の質は落ちてしまいます。時には提出日や納期を過ぎてしまう人も少なくありません。また、残業をするという事は現代においては、本人のスキルやスケジュール管理不足によるものであり、残業が慢性的になっているということは、結果的に評価を下げることにもなってしまいます。

よくある話として、新人や立場が低い人が先輩や上司が残っているからといって、自分も職場に残って手伝ったり、無理に仕事を探そうとうするということもありますが、そんな必要はありません。気遣いの声として「大丈夫ですか、手伝いましょうか?」などあっても良いと思いますが、実質的には手伝うことまでしなくてもよいです。気にする必要もありません。

私もかつて、取引先の営業部長から「新人のうちは自分が帰れる状況でも、先輩がまだ仕事をしていたら、手伝うものだ」とか「残って先輩から仕事を教えてもらうものだ」と教えていただきました。しかし、自分がいざ現代における管理職になってみると、新人でもそうでなくても、特に若い職員ならば「仕事を手伝わなくていいから、とっとと帰って、遊ぶなり、本を読むなり、運動するなりしろ!」と言いたくなります。将来のためや、自身の成長のために時間を使って欲しいのです。

 

一方、冒頭の例のように、営業マンが外回りから戻ってきてから書類作成をするなど、職場が決めた定時を過ぎても見積書などを作っている人だっています。これらは是正できる部分もあれば、案件によっては急ぎでやっておかないといけないといった、一時的な理由から仕方ないということもあります。

それに対して「手伝いましょうか?」と言われても、気遣いは嬉しいけれど、実際は「いや、手伝えることはないんだけど・・・」と思われるのがオチです。私も気を遣われることはありますが、特に役職が上がると見せられない情報や資料などもあるうえ、決定や判断などの手伝ってももらうわけにはいかないことが多いので、多少手伝ってもらうくらいで、あとはお礼を言って帰るように促します。

 

このように、多くの人は「まだ仕事をしている人がいるから・・・」と気兼ねしますが、理由があって定時が残っている人に対して、実際はあまり気を遣う必要はあまりないことがわかります。

 

とはいえ、気兼ねせずに帰れるならば、そうしたいのが本音でしょう。だって、自分のその日の仕事は終わっているのですから・・・。

 

ここで提案なのですが、その場にいる職員で良いので、定時になる前に一か所に集まってその日の作業報告をしてもらうのはどうでしょうか?  これは、小学校でいうところの「帰りの会」のようなものです。

 

なぜこのようなことを提案したのかというと、オフィス作業というのは、それぞれの役割が明確であるようで、実はそれぞれが何をしているのか細かく知っているわけではありません。そのような状態で、それぞれの進捗で、それぞれのタイミングで作業を切り上げることができるため、ペアやチーム関係でないと、その人が1日何をしているのかわからないということが多いのです。

そのため、まだ仕事をしている人がいるのに定時で帰ろうとすると「自分はまだ仕事があって大変だ、自分は作業量が少ないのでは・・・」とか、反対に「自分はまだ仕事がたくさんあるのに、あの人は簡単な仕事しかやっていないのでは」と疑心暗鬼になってしまうかもしれません。

つまり、お互いの作業量を把握しあうことがないから、進捗を共有する機会がないから、実務的に十分に仕事をしているのに「自分はまだまだ・・・」とか「定時で帰れてうらやましい」という認識になるのです。

 

そこで重要になるのが、作業を終わって定時で帰れる人が、「今日、私は〇〇の業務を行っていて、それを定時内でここまで終わりました。明日以降は~~のような予定で行い、皆さんに完成形を報告することができると思います」とさえ言えば、聞いている側は「ああそうか、そこまで仕事をしているんだ。定時で終わるなんてスキルがあるんだな」とか「じゃあ、定時で帰れる資格があるなー」と思ってくれるかもしれません。

 

つまり、お互いの仕事内容や進捗を、直接関係あってもなくても少しでも共有し合うことができれば、その日に遂行した作業量をアピールすれば、定時で帰れる本人も「今日は自分はこれだけ仕事をした。報告できるくらいに自信はあるから、定時で帰ってもいいいだろう」と胸を張れるはずです。

(「自分のほうが大変に決まっている」とマウントをとるような輩は気にしなくてもいいです。それこそ、気兼ねせずに帰りましょう)

 

ここまでは、理想論ですし個人的にじんわりと実証中の話なので、正直言って成果はわかりません。しかし、特に役職ある人が周囲に対してアピールする機会があっても良いのではないかと思って時々やっていることです。良いのか悪いのか、まだまだわかりませんが参考になれば幸いです。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。