アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

「後悔」は悪いことではない、避けるべきは「反芻」である

アラフォー童貞のODです。

 

人間は日々、後悔する生き物です。

「これを選んだけれど、あっちのほうが良かったかも・・・」とか「あのとき、やっぱり〇〇をやっておけば良かった・・・」とか、数え上げればきりがありません。

「後悔先立たず」とは言いますが、結局のところ自分で選択した後に沸き上がるのが「後悔」と呼ばれるものなので、行動の選択肢が1つしかなく「これしかなかった」と思ってアクションに起こしたところで「もしかしたら、別の選択肢があったかも・・・」と思ってしまうものです。

 

後悔というのは、世間的に悪いものであるように考えられていますが、私は「後悔する」という行為に否定的ではありません。むしろ、後悔は成長につながるのではないかと考えています。

 

そもそも、世間的には「後悔すること=悪いこと」という認識がありますが、それは後悔するということは、まず自分がしてしまった選択肢が間違いであったと自覚することだからです。誰しも間違いたくないですし、大なり小なり間違うと不快感を覚えますし、他人が絡んでいると自分の評価も下がると思ってしまいます。

また、この間違いの自覚と同時に、自分自身の選択により起こした行動そのものを否定することにもなるからです。選択するときも悩んで決めたのに、一定の期間や時間をかけて行ったことがうまくいかなかったり、失敗すると「ここまでやったのに時間も労力も無駄だった」と思ってしまいます。

このように、自分の選択肢の間違いの自覚、それまでかけた時間と労力に対しての無駄骨感により、「あー、あっちのほうが成功したのになー」とか「やっぱりやならなきゃ良かった」というネガティブな考えを感じてしまうため、後悔というものに対しても悪い印象をもってしまうのです。だからこそなのか、世の中には「失敗したくない」という人が多いと言いますが、多くの人は後悔せずに自分がした選択肢を正しいと思いたくて、「一発で成功したい」「失敗したくない」という思考になってしまうのではないでしょうか。

とはいえ、誰しも常に成功ばかりというわけにはいかないですし、失敗しないというわけにもいきません。というか、生きるとは失敗することのほうが多いものです。そして、常に後悔の連続です。

 

しかし、私は「後悔とは気づき」と考えています。上記のとおり、後悔とは自分の間違いに対しての自覚であります。「うわー、こっちの選択は間違いだったのかー!」「やっぱり、あっちの方が正しかったんじゃん!!」と後悔したとき、「うわー、俺って奴はなんて馬鹿なんだ」といつまでも悔いている人と、「そうか、同じような場面になったら違う選択をすればいいんだな」と切り替える人では、どちらが良いでしょうか?

お分かりと思いますが、健全なのは後者です。いつまでもクヨクヨしている人は、周囲から見ても初めは気の毒に思うものの、ずっとその状態だとウザいものです。反対に、自分の選択と行動を間違いと自覚しつつ、後悔ということを1つの気づきとして認識することで自身の成長につなげることができる人は強いです。

別に物事を前向きにとらえるとか、ポジティブシンキングを推奨するというわけではなく、いつまでもクヨクヨしていても前進するわけではないのならば、すでにしてしまった選択と行動について考えていても仕方ないということです。

 

また、後悔という行為において良くないのは、実は後悔という行為そのものではありません。間違った自分を責めたり、選ばなかった世界に思いを馳せ、そのようなことをいつまでも頭のなかで「反芻」することが破滅的よろしくないのです。

「反芻」のほとんどは妄想です。良いことも悪いこともすでに過ぎ去った出来事だったり、ありえない妄想を頭の中で繰り広げているだけで、現実世界で自分が成長するわけでも世の中に貢献することもありません。自分の選択と行為がうまくいかないときに「無駄だった」と思うかもしれませんが、それをいつまでも頭の中で繰り返している行為のほうがよっぽど無駄と言えます。

 

だからこそ、私たちは自身の選択や行動に対して後悔するならば、「これは経験であり学びのきっかけである」「これから起こることへの対処法になるかもしれない」という1つの気づきと見なすことが大切なのです。

もし、クヨクヨと何度も頭の中でグルグルと同じことを反芻するようならば、「反芻は無駄なこと」「同じことをずっと考えることのほうが体に悪い」とピシャッと思考を止めて「似たようなことがあったら、今度は選ばなかった選択肢をとろう」と思って終われば良いのです。

私自身、うっかり発言をしたり仕事で判断ミスをすることは多々あります。しかし、同じようなミスはしないようにするにあたり、「うわー、やってしまった」と何度も頭の中で繰り返しそうになったら「『反芻』は破滅的、『反芻』は破滅的、メリットは何もない」と言い聞かせるようにしています。これですぐに思考が止まることはないですが、割と気持ちは楽になります。

 

もし、後悔に苦しんでいるとしたら、それは選択や行動に苦しんでいるわけではなく、それは同じことをグルグル考えてしまっている「反芻」という行為により、脳とメンタルを痛めつけていると考えてみてください。

そうして、「うん、うまくいかなかったし、間違った選択をしたけれど、次に活かそう」と思うようになれれば、その日は少し睡眠の質も良くなると思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。