アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

なぜ時間の浪費と分かっていても、ダラダラとポルノを見てしまうのか?

アラフォー童貞のODです。

 

ムラムラしたときに限らず、男子というのはポルノを見ては簡単に欲情できます。さらに現代では、スマホなどで性的な単語を1語2語入れるだけで、自分好みのポルノに簡単にアクセスすることができるうえ、画面上に数多くのエロサムネが表示されるので選び放題です。そうしてムラムラが収まらずに自慰行為を済ませたあと、ふと気が付くと想定以上に時間が経過していた・・・なんてことがあった男子は多いのではないでしょうか。しかも、射精したあとは賢者タイムと呼ばれる状態になるため、そこに至るまでの時間を無駄だと感じるものです。

もちろん、ムラムラしてきたから抜こうと思ったり、ずっと禁欲をしてきたから今日は思う存分発散したい、等と思ってお気に入りのAVなどを準備してことに臨む人もいるでしょうが、いざ事を始めるとやはり「ここで出していいかな」「もっと別なところで出そう」などと思って、射精を先延ばしすることもあります。

 

このように考えていくと、不思議なものです。自慰行為はムラムラ感や性欲を発散しスッキリすれば達成されるのならば、とっとと射精してしまえば良い話です。それを先延ばしにしてまで、「もう少し・・・」「まだ抜きどころじゃない・・・」と思うのは何故でしょうか?

 

一見すると、スマホやパソコンを手に取り、ブラウザを起動してエロ単語を入力する・・・といった工程を経ているくらいのだから、一見するとポルノを眺めて「どれで抜こうか?」などとあれこれ見ている間は、自分の意思をもあった行動・選択をしているように見えます。しかし、ポルノを見始めてしまうと、明らかに脳は合理的な判断をするために選んでいるわけではありません。

仕事でA社とB社のプレゼンを聞いて、双方の提示するコストや実績などを比較するように「私が一番興奮を高める事ができて、いきおいよく射精し、さらに満足感が得られるためのポルノはどれだろう? 可能ならば、私の性癖にマッチングするものが望ましいのだが・・・」なんてことを、脳は考えません。もう理性はすっとんで、脳はすっかり麻痺してより気持ちよくなれる材料を探すことしか考えません。

考えていることはせいぜい、「もっとエロいものはないか?」「これもエロいけど、いきおいよく射精できるエロがまだあるはずだ」とムラムラ・シコシコしながらポルノを求めるのです。

 

また、人間は優柔不断な生き物であり、日常においても損得勘定で生きております。特にインターネットという環境により色々なものを比較しやすい時世のため、いつまでも比較できてしまえます。すると、決定しながら失敗と成功を繰り返す過程を繰り返すよりも、立ち止まって比較をし続けている状況が楽に思えるようになるのです。

損はしたくないし得はしたい。しかし、そのいずれかの結論が出るのが怖いし、比較や選択を続けている間は楽な状態なので、本当は短期集中で決めたほうが全体的に見れば良いと分かっていながら、いつまでもダラダラしてしまいます。小さな情報を集めているのが必要なことだと言い聞かせながら、自分が求めているテーマからズレていき、いつのまにか時間が過ぎるてしまうのです。そうして時間をかけていたのに、何も得られないと分かっているのに、不毛な時間を浪費しては我に返ったときに後悔をするのでしょう。

 

ではどうすればいいのでしょうか? ダラダラと時を過ごして後悔しないようにするための具体的なアクションはなんでしょうか? 

・・・まず、時間の過ごし方の考え方は「その場にとどまる」か「その場を去る」の二択しかないということを念頭に置いて下さい。

 

ポルノに対して「その場にとどまる」という選択をするならば、ポルノによる脳への刺激と自慰行為による性的興奮と快楽を得る事はできるし、射精によるスッキリ感も得られます。しかし、不毛な時間を過ごしたと後悔するということを念頭に置いて下さい。

反対に「その場を去る」を選択した場合は、ポルノや自慰という分かりやすく魅力的な快楽は得ることはできないけれど、不毛な時間を過ごして後悔するという気持ちはなくなります。また、この選択をした場合は他のことに時間を活用できたり、心身のエネルギーも節約することができる、というメリットがあります。(要はオナ禁をするということです)

 

どちらかを選択するのかは、私も含めて自分自身です。どちらにもメリットはありますが、失うものが大きいのは「その場にとどまる」を選択して時間と体力を浪費することであることは分かるはずです。それが嫌ならば、とっととスマホとパソコンを閉じて、かつティッシュ箱も隠したうえで、とっとと寝ることをお勧めします。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。