アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

「前の職場はこうだった」という自己主張は、子どもが駄々こねているのと一緒

アラフォー童貞のODです。

 

 新しく職場に入ったスタッフが転職者であった場合、その業界において経験者でも未経験者であっても、とりあえず社会人経験があるのだから、戦力になる時期は新卒よりも早いだろうと考えるものです。

 未経験である場合は当然、その業界において知っておくべき知識や技術などを先輩などが教えることになります。学習意欲や素直な人であれば、成長スピードも速いので戦力として認められやすいでしょう。経験者であってもどのレベルかの把握はしておきたいので、これも先輩などとともに仕事を覚えていきます。教えたことが前職などで知っているならば次のステップに移り、その人に適した役割を担ってもらうのが普通です。

 経験者でも未経験者でも成長スピードは人それぞれなので、よほど適合していない限りは周囲も「仕方ねーな」「まあ、こんなもんか」と思いながらフォローしながら、早く職場に馴染んでもらうように努力するはずです。

 しかし、転職者の中には厄介な人もいるものです。それはスキルがないとかサボるとか色々ありますが、ひとつに「自分の経験やスキルを無理やり活かそうとする」ということがあります。よくあるお話として「前の職場ではこうだった」と主張してくることがあります。要は、新しく勤め始めた職場に対して「前の職場のやり方でないからできない」「この職場のやり方は間違っている」と言ったような事を物申すのです。

 確かに、その人の意見が正当性のあるものであり、リスク管理の一環として改善につながることもあります。しかし、大抵の場合は独りよがりな意見であるものです。ときに的外れなこともあります。こうなると、それまで勤めている人たちは(転職者とはいえ)新人がいきなり職場否定をするので、キョトンとしたり困ってしまったりします。

 

 とはいえ、このように最初は「前の職場と違う」と不満を持ている人も、しだいに職場に慣れると気にならなくなったり、その職場のやり方の意味を理解することもあります。「ああ、こういう方法もあるのか」「これがこの職場のやり方なんだ」「自分は幼稚なことを言ってしまったのだな」と気づければ良いです。周囲だって馴染んだ頃に笑い話にしてくれるでしょう。

 一方、そうはいかない人もいます。職場に馴染むこともできず、いつも自分のそれまでの経験を主張してばかりのまま、最終的に退職という形をとって去っていく人もいます。これも1つのあり方なので仕方ありません。

 

 さて、このように前の職場のことや自分の経験を主張する人の問題は「自分の経験やスキルがどこでも『そのまま』通用できる」と思っていることです。ポイントは『そのまま』というところです。

 

 物事には基本はあります。その業界における知識・技術はもちろん、接遇などの基本はどこへ行っても通用します。しかし、それらの基礎に付随しての職場ごとにやり方や考え方というのは、その職場に合わせるしかありません。飲食店において、マイ包丁が使えることもあれば、別の職場では全員が同じ調理器具でマニュアル通りに作業するルールということも珍しくありません。契約書の説明の仕方において、前の職場では重複する内容なら省略しても良かったのに、新しい職場では同じ内容でも全部説明してから署名をもらうというならば、それに応じるだけです。

 そこで、「いや、前の職場では・・・」なんて食ってかかっても無意味です。あまり主張するようならば、職場や先輩によっては「いいから、その通りにやりなさい」とピシャっと言われて終わります。明らかに違法性や倫理性に欠く場合を除いて、前の職場のやり方や自分の経験を主張しても反感を買うだけです。その職場のやり方やルールというのは意味づけがあったり、色々な経過から固定化されたことも多々あります。その職場の一員になったばかりの日の浅い人が、その職場を自分の経験だけで変えようというのは傲慢です。

 それに、表面的には何だか自分の経験として新しい職場の体制改善の提案のように見えますが、見方によっては「前の職場のやり方じゃないと私が困ります。この私に合わせた職場に変えてください」と言っているようにも見られます。まるで駄々をこねている子供と同じです。

 

 辛辣ですが、新人がいきなり自分の意見を言っても聞く耳をもたれないのが現実です。まずは職場に馴染むことが大切です。先輩などの職場の人たちの話を聞く・聴くことが先決です。すると、「この人は私の話を聞いてくれる、素直な新人さんだなぁ」と心の距離感が近くなります。これを1年も続けていると、何かしらのテーマや課題が出た時などに「〇〇さんの前の職場ではどうだった?」「〇〇さんは1年やってきて、何か気になることはある?」と話を振ってくれるようになります。そこで初めて自分の意見を言えば良いのです。

 「ようやく自分の想いを言える!」と息巻く必要はありません。「前の職場が参考になるかわかりませんが・・・」とか「うーん、あえて気になるところがあるとすれば・・・」と、自分の意見を言えるチャンスが来ても、控えめに伝えることができるのが大人です。鼻息荒くして、すべての意見を言おうとすれば周囲も引いてしまいますし、せっかく築いた信頼関係も元通りになってしまいます。

 

 前の職場のやり方が良い、ということは理解できないわけではありません。しかし、何かしらの事情があったから職場を変えたはずです。それならば、心機一転までいかずとも、新しい環境で自分を見直してくチャンスとして考えてみてはいかがでしょう。

それでも何だか納得できない、このままだと危ない状況になりかねない・・・と自己正論ではなく、本当に職場のことを案じての考えがあれば、そこでも大人の振る舞いを保って問題提起をしてみてください。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。