アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

セールスマン的思考であれ

アラフォー童貞のODです。

お仕事において、上司や先輩から「あの件、どうなった?」と言われたことはないでしょうか? このようなとき、忙しくてまだ着手していない、あるいは単純に忘れていたなどから「しまった!」と冷や汗をかくこともあれば、「ええ、処理しておきましたよ」と自信をもって報告することもあります。

さて、これらは管理職の立場からお伝えしますと・・・どちらのパターンもヤバいと思ったほうが良いです。もしかしたら、「え?」と首をかしげる方もいると思います。まず、前者は明らかに頼まれた指示などをやっていないという状態なので分かると思いますが、後者は事実として頼まれたことをやっているのだから良いじゃないか、と思うかと思います。しかし、後者の問題は何かと言うと、頼まれたこと・指示されたことを、頼んできた相手に報告していないということです。

誤解のないよう別に本記事でビジネスマナーを語るつもりはありません。報連相の大切さを述べたいというつもりもありません。むしろ、それは表面的なスキルであって、私がテーマとしたいのは、人と人とのコミュニケーションにおける根本的に身につけておいたほうが良い思考です。

 

それは「セールスマン的思考」です。

 

直前でビジネスマナーを語るつもりはない、と言っているのにセールスマンだなんて矛盾しているのは確かですが、この言葉が一番しっくりきます。それにセールスマン的思考でいるということは、モノやサービス、自分自身を売り込むという意味ではありません。むしろ逆であり、相手の視点に立つこと、相手の意思をくみ取ろうとするコミュニケーションの話です。

 

売れないセールスマンとは、客先にとりあえず顔を出して、会社から指示された商品やサービスのカタログを持って行って、それで役割を果たしたと思う人です。確かに商品やサービスを売り込むのがお仕事ですが、そこにはお客様の視点はありません。これは一時的に営業成績を挙げたセールスマンにもありがちであり、変な自信がついてしまってセールスの中心が自分自身であり、自分自身にスポットライトを浴びせてしまってしまうので、途中からお客様から「こいつ、何か勘違いしてんな・・・うざい」と思われてしまって、また営業成績が伸び悩んでしまうのです。

 

冒頭のケースで言えば、上司や先輩から頼まれたことがあるのに、それを忘れたにせよ、処理したけど報告しないのも、相手からするととても印象が悪い話です。これは同じ職場であれば注意を受けて終わりでしょうが、これがお客様に対してやってしまったらどうでしょう? 私も営業経験がありますが、お客様というのはその業界の外の情報やトレンドなどを知りたいと思っており、「何か分かったら教えてくれない?」と頼んでくることがあります。言ってしまえば宿題です。それに対して、自分が知っていることならば迅速に情報提供しますし、分からなければ勉強したり社内で協力を仰ぐでしょう。そうして何とかお客様の役になって、そのようなポイントを積み重ねて、あるときお客様と自身のもっている商品やサービスが合致したとき、「よし、君のところの商品(サービス)を使おう」となるのです。理想論に思われるかもしれませんが、対人におけるセールスって結局はこれしかありません。

しかし、その程度に差はあれ、何かしらの返答もしないまま、日時が過ぎるようなセールスマンが紹介する商品やサービスを利用してみようと思うでしょうか? ・・・きっと「こちらの頼んだことは返答しないのに、自分の商品やサービスを売り込むなんて信用できないな」と思われ、何度顔出ししても、すごい商品紹介をしても、一流の雑談とやらを駆使しても営業成績には結びつかないのです。なぜならば、一向にお客様という相手のことを見ていないからです。相手の心情を気にしてないからです。

 

逆に言えば、自分の要望などを伝える前に、相手への失礼な態度を避け、耳を傾ける姿勢を持つことがセールス的思考と言えます。これは自分の要望や気持ちをないがしろにしろ、という話ではありません。どちらかと言えば、自分の話を聴いてもらうためには、まず相手の話を聞くところからということです。

特に男性は周囲に対して自分を良く見せようとしやすいものです。自分の知識、技術、経験、経済力、人脈、見た目、腕っぷしなどが分かりやすい例です。それらは表面的には評価されますが、対人間で深く迫れば迫るほどどうでもよくなります。(もちろん、最低限の見た目や礼節は大切です。これらが疎かになっていると、コミュニケーションどころではありません)

ようやく相手とお話できる関係になったとき、自分の自慢話やもっているスキルばかり話しているような人を好ましく思うかと言えば、決してそうではないでしょう。セールスマンの紹介する商品やサービスがものすごく魅力があっても、そう思うのは最初のうちだけです。「こういうところをお困りではありませんか?」などお客様に問いか毛に対して、応えてくれるところがスタートです。お客様の言葉に耳を傾けなければ、ただの自慢話で終わってしまいます。

男性が女性にモテたいと思ったときだって、自慢話が受けるのは最初だけです。それはきっかけであって、あとは女性の話に耳をかたむけるのがベストであります。これは家族だって友人関係だって同様です。相手が話したがっていることを聞いて、そこから相手が言いたいことを理解しようとする姿勢を優先するべきです。自分の話なんて後回しでいいや、くらいで考えたほうが良いのです。

 

話は逸れますが、ロングセラーの「金持ち父さん、貧乏父さん」においても、金持ち父さんは本を出したいという女性に対して「売れたければ、セールスマンなればいいよ」というアドバイスをしたところ、その女性は「本を出したいって言っているのに、セールスとは何の関係があるのだ!」と怒ったそうです。

確かに何の関係があるかと思われますが、冷静に考えれば、本を何冊も出してロングセラーになっている金持ち父さんの言っていることは説得力がありますし、それに自分が書きたい本を出せば読んでくれるとは限りません。そこには「世の中の人は何が読みたいか」「何が困っているのか」というセールスマン的思考がなければ、本を出してもただの紙屑です。本を出したいと言っている女性だって、ただ本を出したいというより本を出して売れたいと思っているはずです。つまり、セールスマン的思考は不可欠であり、金持ち父さんのアドバイスはもっともなのです。

 

とはいえ、私がセールスマン的思考ができているかと言えば、そんなことはありません。やはり感情や自分の価値観によってしまうこともありますし、自分の話ばかりしてしまうこともあります。私もまた、日々セールスマン的思考ができるように精進しながら、相手に寄り添えたらいいなと考えております。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。