アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

1日くらい休んでも問題ない理由

アラフォー童貞のODです。

 

周りに迷惑がかかるから仕事を休めない。こういった考え方は、自分の日常が自分の成長につながるとか、ちゃんと活動の意義が定まっているとか、社会や他者への貢献になっているのが嬉しいとか、そのような考え方ができているならば問題ありません。しかし、一歩間違えると「周囲に迷惑をかけないために出勤する」とポイントがズレてしまい、心身が疲労していても無理に頑張ってしまうようになります。このような思考になると「休まないことが良いこと」「疲れていても頑張れば報われる」といった破滅的な考え方になってしまいます。

 

 

このような思考に陥ってしまうのは、それまでの人生で出逢った人たちの教え、自分の経験、現在の環境など様々ありますが、共通していることは「自分自身が思ってやっていること」です。休まないようにしているのも、無理に頑張れば成果が出ると思っているのも全ては自分自身です。つまり、頑張っている人は納得して、自分に言い聞かせて頑張っているのです。無理をしているのです。そのため、いくら周囲が「休んだ方がいいんじゃない?」「無理しないで頼ってね」などと忠告しても、「ええ、大丈夫です」と言って頑張ってしまうのは、その人自身が破滅的な考えに納得しているからです。

 

誤解のないようにお伝えしますと、破滅的な考えに肯定的な話ではなくて、無理して頑張ってしまう本人が破滅的な考えをしていることに気づいていないので、「頑張ればいつかは・・・」「周囲に迷惑をかけないためには、自分が頑張ればいいんだ」と、いつまで経っても報われない努力とエネルギーの浪費をしてしまうのです。

世の中にはブラック企業と呼ばれる職場もあり、強制的にスタッフに「無理することが仕事だ」のような思考を植え付けて、会社から逃げなられないようにするところもあります。しかし、実際は逃げようと思えばいくらでも逃げられるもの。それに気づかないので「自分はこのまま逃げられないんだ」と苦しむのです。

 

周囲に迷惑をかけないために頑張っている人、毎日のルーティンとして運動や勉強に取り組む人はおります。このような人はよく真面目と言われます。また、ブラック企業と呼ばれるところで苦しんでいる人も真面目な傾向にあるようです。しかし、どちらかというと「視野・見識が狭いだけ」という側面が強いと思います。

 

例えば、周囲に迷惑がかかるから仕事を休めないという人は、仕事を休んでしまったことがあって、その休んでしまった自分のせいで会社の業績が傾いたという経験があるのでしょうか? ・・・管理職をしている身としてお伝えしますと、スタッフがひとり休んだくらいだと何とかなります。正直言うと、かなり大変な状況にはなります。しかし、それは一時的な話です。また復帰すれば落ち着きますし、仮に長期的な欠員となっても次第に慣れていくものです。むしろ、スタッフが一人休んだくらいで立ち行かなくなるような会社は結構ヤバいです。(経営者などは別として)どれだけ一人の力に頼ってんだよって話です。

 

確かに周囲も「あいつ、この忙しいときに休みやがって」と非難されることもあります。それは状況により仕方ありません。・・・が、それは休んだ人を責めているわけではないのです。どちらかと言うと「こんなに忙しい私ってたいへーん! 慰めて、褒めて!」という承認欲求の表れです。本当に忙しいならば、文句なんて言っている暇があれば、休んだスタッフ分の仕事を黙ってさっさと済ませようとします。私も経験がありますが、自分の仕事をこなしつつも、休んだスタッフの分の仕事もこなそうとすれば、黙々と遂行するのが一番効率的です。不満や怒りの思考で脳疲労させるより、とっとと終わらせてしまったほうが健全です。

おそらく休めないという人は、このように休んだ人に対して不満や非難の言葉を言っている人を見たことがあるから、それが気になるので無理してしまうのでしょう。いざ休めたとしても、「ああ、きっと会社では自分のことを悪く言われているんだろうな・・・」という具合に。

 

しかし、逆に考えてください。仮に自分が休んだスタッフの分も仕事をしたとして、その一時的な大変さの期間を過ごしたとして、その出来事をずっと覚えているでしょうか? 1週間も1ヶ月も1年以上も、「あの人のおかげで大変だったんだー! 何かお詫びをしろー」と考えるでしょうか? ・・・きっと思わないはずです。というか、忘れるはずです。身近な人の不満や非難なんてそんなものです。不満を言っていた人だって、美味しい物を口にすれば、美味しい物に集中しますし、愚痴を言い合っている人だって笑える話題があればケラケラ笑います。男ならば、ちょっとエッチなものを見れば不満や非難の感情は性欲で上書きされます。単純なものです。

 

もし、いつまでもぐちぐちと言ってくるような会社ならば、辞めてしまえばいいのです。上司や会社が怖いという人もいるでしょう。しかし、社会というのは意外にセーフティネットが意外に整備されています。いきなり会社に来なくなるというのは問題ですが、正当な理由の有無や手続きを踏むことで、会社に直接申立てをしなくても辞めようと思えば辞められます。(まあ最終手段でしょうが、こういう手もあるという話です・・・)

 

総括して何が言いたいのかというと、

「休めないことはない」ということが1つ、

「休めないと思い込んでいるのは自分だけ」というのが1つ。

「休めない環境から脱することは不可能ではない」というのが1つです。

そして、これらを実行するうえで大切なことは、

ちょっと視野を広げてみるということです。

 

大丈夫です。極端に言えば、「ここに自分なんていなくていい」「世界は自分がいなくても成立する」と考えれば良いのです。それは悲しいことではなく、自分は好きに生きていいんだということでもあります。

無駄な時間もたまには悪くないです。依存的になるとか、ヤケになるとかいう意味ではなく、自分にとって「こんなことしてもいいかな・・・」と思うことをやってみてください。いつもは専門書を読むけれどマンガを読破するでもいいです。毎日運動しているならば、思い切って3日くらい休んでみるのもいいです。

大丈夫です。無駄な時間を過ごしても、だらだらしても、休んだとしても、きっと途中で飽きます。そうしたときに、ちょっと回復できた心身をもってまた仕事や日課に取り組めばいいのです。逆にそっちのほうがパフォーマンスは上がるものです。

それに、今まで継続して真面目に物事に取り組んできた人が、たまに無駄な時間を過ごしたり休んだりしても、他人の非難と同じで、そのうち自分でも忘れてしまうものです。何かの拍子に「ああ、あのとき3日間休んだから、今の自分は駄目なんだー」とはなりません。

 

仕事や日課など、もし自分のためではなく何かにおびえてやっているならば、たまに中断しても長い人生においては問題はありません。休んでしまっても、気にしてもいいですが、そのうち周囲も自分もそのことを忘れてしまうくらいに思ってください。・・・となると、疲れているときやしんどいときにやるべきことは「無理に頑張ること」でしょうか? それとも「まあ、たまには休もうかな」と思うことでしょうか?

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。