アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

「難しい本=価値がある」とは限らない

アラフォー童貞のODです。

 

 このブログでは、読書習慣をつけたい・本を読んで教養を身に付けたい・・・けど続かない、取っ掛かりがないという、読書初心者向けに記事を書いております。今回は本の選定について、ちょっと気楽になる内容にしたいと思います。

 

 さて、読書をしようかと思って本屋に行ったはいいけれど、いざ陳列されている本を眺めてみるけれど、どれを手に取ってみればいか分からない、ということはよくあるものです。思い切って売れている本を手に取ってパラパラめくるけれど、「これでいいのかな・・・?」「自分に合っているのかな?」「買ってみて、分からないかったらお金が無駄になるし・・・」と不安になってしまうこともあります。そうして、結局は自分の成長につながるような本を見つけることができないまま店を後にすることになります。

 

 まず、安心していただきたいのが、読書習慣をしている人であっても、このように本の選定の段階でフリーズしたり不安になることはある、ということです。少なくともこの記事を書いている私もよくあります。自分の成長や課題解決のためになればと本屋に行ったのに、あるいは通販サイトであれこれ参考書などを眺めたのに、結局は何も買わないという無駄な時間を過ごした感覚になります。もちろん、上記の通り「読んでみて面白くなかったらどうしよう」とか「読めるかどうかは微妙かも」と思って二の足を踏むこともあります。

 

 一方、読書初心者の方にありがちなこととして、「無理に難しい本を選ぼうとする」という傾向にあるということがあります。これは「せっかく本を買うのだから、ちゃんとしたものにしよう」とか、「簡単な本を読む自分はレベルが低い」という変なプライドが邪魔しているからだと思われます。難しい本だからといって、自分にとって必要な情報が全部書いているというわけではありません。反対に、簡単な本だからといって内容が薄いというわけでもありません。

 初心者向けの簡単な本は、細かな情報は書いていないにしても、専門家である著者や出版社が、ちゃんとポイントを押さえて一冊の本にしてくれているのです。そういうものを使わない手はありません。いきなり難しい本を手に取ったとして1つも頭に入らなかったら、下手をしたら自信を無くす可能性もあります。

 

 また、本というのは誰かに「自分はこんな本を読めるんだ、すごいんだろ」と自慢するものでもありません。自分のために読むのです。自分の成長のため、知識欲を満たすため、何かしらの課題を解決するため、知らない情報を得るため、要は自分が楽しいと思えるために読むのです。難しい本を読めている自分に価値がある、なんていう思惑で本を読もうとするならば失敗するでしょう。その本を読んでいるから価値があるのではなく、本を読んで自分の知識の引き出しにしてたり、考察を深めたり、理想としては実生活で活用するということにより、自身にプラスになって、結果的に価値のある自分になれるのです。

 言い換えれば、世間的に簡単な本・初心者向けの本などであっても、「なるほど!」「へー、知らなかった」「よし、やってみよう!!」と思えたならば、その本には読み手にとって価値のある本であり、そして自分にとって価値ある自分になれるのであれば、それだけで十分なのです。

 

 まずは、本記事で「そうか、別に難しい本でなくても、自分にとって読みやすければいいのか」と思っていただければ幸いです。むしろ、それが本当に自分にとって価値がある本であり、かつ自分の成長につながったならば、身近な人で同一分野の本を探していたならば、その本を紹介してみても良いでしょう。ここでいきなり難しい本を出してくる人よりも、とっつきやすそうな本を紹介してくれるほうが嬉しいはずです。難しい本を読めるスゴイ人よりも、自分の目線で身の丈にあった本を教えてくれる人のほうが好印象です。

  どのような本がいいのか、までは本記事では述べません。なぜならば、それは私では分からないからです。身もふたもないことを言いますと、ベストセラーだって売れているだけで購入者全員がちゃんと読んでいるかは微妙です。その本が読みやすいと感じたならば手に取れば良いですし、そうでなければ本を探すというプロセスを楽しむくらいで良いと思います。合わない本に出逢うというのも1つの経験になりますし、意外に知識レベルが上がったときにそういう本が価値ある本に昇格することもあります。

 

 別に本を探すだけでいいです。本屋に行って手ぶらで帰ってもいいです。ちょっとでも「これかな?」と思える本に出逢えたならばラッキー、くらいに思いましょう。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。