アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

怪我や体の衰えを悲観せず、トレーニング方法を見直す機会にしてみる

 

アラフォー童貞のODです。

 

 数年前より徹底的に運動を日課にするようになり、筋トレをはじめした肉体改造を意識ししたり、身体機能を向上するために全身を動かす運動を取り入れるようになりました。続けていると、肉体が変わっていくのが素直に嬉しいですし、はじめは面倒臭いと思っても運動した後は爽快感が得られるので、それなりに前向きに続けております。

 しかし、最近は運動の日課は続けているものの、高負荷な筋トレや激しい全身運動を何セットも続けざまに行わなくなりました。ダッシュを3~4セットほど交えたランニングも行わず、のんびりとウォーキングをするようになりました。

 

 これは40歳に近づくにつれて体力が落ちたとか、疲労回復が遅くなってきたからという話ではなく、単純に怪我をしたことにより、動きに制限がかかるようになったことが原因です。怪我といっても、出っ張っている棚に左肩を激しくぶつけたり、デスクワークが続いたために右手首が肘にかけて痛むようになったレベルなのですが、ダンベルをもった運動どころか自重トレ―二ングすらままならなくなりました。手が使えないだけで、これまでやってきたトレーニングメニューが困難になったわけです。

 

 はじめは「ちょっとくらいなら、やってもいいだろう」と思ったのですが、ちょっと痛みが治まったときに、これまでどおりのトレーニングを行おうとしても、腕立て伏せを10回もしないうちに左肩と右肘が痛みはじめ、これは駄目だと思って中断する日が続いたので、完治することを優先することにしました。

 こうなると、運動しないと何だか落ち着きません。何が落ち着かないかというと、日課をやらない事に対しての罪悪感、肉体が衰えることへの不安感、一日の中で面倒くさいと思ったことに取り組んだ後の爽快感などが交じっている状態です。もちろん、運動をしないと身体機能は落ちますし、また再開したときに動きがにぶくなっているのは当然です。いくらマッスルメモリーというものが人間には備わっているからと言って、せっかく続けてきた分量をこなさなくなると、せっかく形になった体つきが維持できなくなるというのも勿体ないと思ってしまいます。要は、今まで通りの生活をしたいし、今まで通りの自分を続けたいというわがままです。

 

 とはいえ、体が痛いのに無理に運動すると、何とか動かせたとしても、それは一時的な満足感であって、長い目で見ると肉体にとっては悪いのは明確です。もっと年を重ねてたときに本当に肩や手を動かしくくなるのも想定されます。休むときは休む、というよりも治すときは治すことに専念すべきです。(アラフォーともなると、自分の体と向き合えって、自分の将来も含めた判断ができるようになるのだな、という気づきもあります)

 

 そこで、改めて色々なトレーニング方法を探しました。肩や手に負担をかけずに、それなりにちょっとした運動になりそうなものを、『Tarzan』などの雑誌を買って探してみると、色々なアスリートが取り組んでいる運動などがたくさん見つかりました。

 ここではトレーニング方法は割愛しますが、これまで自分が取り組んできたトレーニングと様々なアスリートが取り組んでいるものを比較すると、「運動で大切なのは時間や負荷ではない」ということに気づかされました。また、インターネットなども科学的根拠をもとに、効果的なトレーニングも探してみましたが、「効果的なトレーニング方法はこれだけしかない・・・というわけではない」などということに、改めて気づかされました。

 

 体の動きに制限がかかって、全身の筋肉量を向上させるようなトレーニングはできなのであれば、現在の自分の肉体でできるトレーニングを見直した結果、「負荷をかけなくても、ちゃんと効果はある」「まとめてやらなくてもいい、合計時間でみてもいい」「小分けでもいい、総量でみてもいい」ということです。

 運動はまとめてやると、たしかに負荷がかかりますし、その分効果もあります。そして乗り越えた分、達成感もあります。しかし、むやみに負荷をかけて、ダラダラ時間をかけて、何だか「やった気になっただけ」となってしまうこともあります。それよりだったら、負荷は小さくても、職場で適度にデスクから離れて、こまめに体を動かしても同じ効果はあります。勤務時間が8時間だとして、1時間に1回は3~5分間ほどの運動をすれば計30分前後は1日のなかで運動したことになります。こう考えると、結構よい方ではないでしょうか?

 私はこのようにデスクを離れたらストレッチやスクワットなどをしたり、勤務終わりに近所を10~20分くらいウォーキングするようにしています。いや、もはや散歩と言っていもいいくらい、気ままに取り組んでおります。それでも、そこそこ疲れますし、やった後もそこそこ爽快感はあるので、気楽に続けられています。

 

 もし、何かしらの事情で、運動のためのまとまった時間がとれにくくなってきたとか、これまで通りのトレーニングができなくなったとなったら、それが現在の自分だと割り切って、今の自分でできるトレーニング方法にしよう、と切り替えたほうが良いです。改めて色々と調べると、意外にマンネリ化していたことに気づいたり、勢いだけでフォームに気を払っていなかったことなどに気づかされます。また、時間や量だけが大切ではないといった発見もあったりします。

 ぜひ、現在の自分の環境やあり方に悲観せずに、とりあえずできることを楽しんで模索することをしてみてください。必ず、自分にとって楽しくできるトレーニング方法が見つかるはずです。

 

 ここまで読んでいただき、ありがとうございます。