アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

整理整頓が「心の平穏」につながる理由

アラフォー童貞のODです。

 

 断捨離やミニマリストという言葉が広まっておりますが、いざ取り組んでみるものの、結局は捨てられないまま、整理整頓が終わらなかった・・・なんて話はよくあるものです。これは日用品や衣類、本や娯楽品などの物質的なモノもそうですが、習慣や人間関係などの見えないものも同様です。

 日用品や衣類などは見えるので不要と思ったら処分してしまえる、と思われるかもしれませんが、これらは風景と化してしまいます。はじめは増えたと思いますが、次第にそれにも慣れてしまいます。それどころか、「いつか使うかも」とか「あればあったでいい」とか理由をつけてそのままにします。習慣や人間関係もまた、慣れてしまって惰性で、何となく無意味に続けていることがあります。本当は頭の中では「実はいらないよな・・・」と思っていても、何となく面倒くさくなって、整理整頓を先延ばししてしまいます。

 しかし、整理整頓を先延ばししていると、色々な悪影響があります。物がどんどん増えていくと掃除が行き届かなくなります。表面的な部分はキレイかもしれませんが、手を出しにくいところは掃除が疎かになるため、その部分からホコリやカビが増殖し、どんどん不衛生になります。害虫の温床にもなります。私たちの身の回りは湿気を吸いや すい紙類で溢れておりますので、放っておくとキレイなところも汚れは浸食します。

 また、物が多いとなると、どこに何があるのか分からなくなります。つまり、探すという作業が発生します。一般的なビジネスマンの書類や文房具などを探している時間を総合すると、1年間のうち、なんと1ヶ月分になるという統計もあります。もしかしたら、これを大袈裟に思われる人もいらっしゃるかもしれませんが、私はそんなことはないと思っております。

 

 探すというのは、迷っているのと同じです。人生において無駄な時間です。「自分探し」なんてものがありますが、これだって私は無駄だと思います。自分なんてものを探して旅をしているならば、普通に観光旅行をしたほうが健全です。ときどき、探している道中で新しい発見がある、なんていう方もおりますが、それは探しているものが何なのかを分かっていない人の理屈です。それは、引っ越し作業中に思い出の品や懐かしい漫画が見つかって、うっかり眺めてしまうなものです。引っ越し作業中にやるのは、荷物をまとめることであり、思い出に浸ることではありません。

 

 いつも何かを探している人は、予定を立てることも下手です。特にびっちりとした予定を組んでいる人は注意が必要です。自分の貴重な時間を整理整頓できていないどころか、他人に自分の時間を侵食されてしまっている可能性があります。しかも、1つ1つのタスクに対してのパフォーマンスが悪くなっている可能性もあります。身の回りに物が多くて、いつも何かを探している人というのは、「物がたくさんあることが良いこと」と思っており、それと同様に「スケジュールが埋まっていることが良いこと」「人よりもやることが多いことは価値ある事」と思っているため、いつも時間ギリギリで到着したり、到着してもカバンから書類や資料を出すのに時間がかかったり、下手をするとダブルブッキングして周囲に迷惑をかけることもあります。もし、スケジュールに余裕があれば、早めに到着して落ち着いて一服できますし、書類や資料・段取りなども再確認することができます。

 

 つまり、物を整理するということは、自分の「脳の整理」につながっているということなのです。物が整理されているということは、人生におけるパフォーマンスを向上できるということにもなっているのです。これにより、心にも余裕が生まれますので、感情的になるということも少なくなります。「物の整理」⇒「脳の整理」⇒「心の余裕」という図式ができあがります。物を整理するというこは、人生を穏やかに過ごせるという意味なのです。特に、「心の余裕」において寄与していることは、「時間の整理」ができていることです。

 

 私たちは自分の時間が侵害されると、イライラするものです。急いでいるのに渋滞に巻き込まれたとき、メリットのない会議や飲み会に参加しなければいけないとき、つまらない話を聞くだけのとき・・・このようなときに感情的になってしまうのは、私たちが時間の重要性を知っていて、それが自分にとって充足したものに使いたいという欲求があるからです。

 しかし、私たちは時間を無駄にしております。男性であれば、ポルノに欲情しているときが顕著な例でしょう。このときも、世の男性たちは性的興奮を高めるために、エロ本を眺めたり、インターネットでいつまでもエロ画像や動画を検索します。このときも性的なものを探すという無駄な行為をしています。そのため、自慰行為を済ませたあとに、いわゆる賢者タイムになったときに、無駄な時間を過ごした・・・と思うのかもしれません。

 

 ・・・話が脱線しましたが、このように私たちは人生を穏やかに生きたいと願っていながら、なかなかそうならない日々を送っております。その原因の1つは、物が多いからということにあります。物が多いことによって脳がバグを引き起こし、時間を浪費することを招いて、イライラや哀しみなどの感情が昂ってしまいます。だから、時間や苦労をかけたわりに、成果や結果が出なかったり、人間関係に支障が出ることもあるのです。

 こう考えると、物が多いことってデメリットでしかないと思わないでしょうか? いきなり全てを処分するべき、という意味ではありませんが、使わないのに何となく風景と化している物があるのならば、それはいっそ処分してもいいのかも・・・と考えてみてはいかがでしょうか?

 

 ここまで読んでいただき、ありがとうございます。