アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

面接官の批判を気にするより、面接にこぎつけた自分の行動力を誇ってほしい

アラフォー童貞のODです。

 

 批判や非難は誰しも嫌なものです。欲を言えば、良い評価をして褒めて欲しいものです。それでも、批判や非難は必ず受けます。それは確実です。しかしそれは、批判や非難された人がちゃんと行動をしているからです。

 

 批判や非難というのは、それに対しての他人の反応の1つです。その行動をした人自身にネガティブな印象を持っているわけではなく、行動した人・アクションを起こした人のやっていることや成果に対して感想を言っているだけです。

 例えば、就職活動で面接官から、人格を否定されるような言い方をされても、気にする必要は全くありません。そもそも、1枚の履歴書と数分会話したくらいで、一人の人間を判断することなんて不可能です。仮に本格的な否定するならば、まずは雇用してみて、教育して、どのくらいの成果を出せるのかをもって、ようやく半分くらいの評価ができるくらいです。

 もし、面接官の言葉が、まるで批判や非難をされたような気になったのであれば、それは単純に「現状、あなたのレベルはここまでです」「入社しても、ここの職場に適さないと思いますよ」と言われたと思ってください。そこで不採用ならば、「そうか、この会社に自分のレベルではないのか」「別なところなら適していると思われるかも」と視点を切り替えたほうが良いです。

 初めての就職活動で大切なことは、働き先を決めるということではないと思います。働き先を決めて安心したい気持ちは分かりますが、私は就職活動というのは、色々な企業を学んで、社会の成り立ちを垣間見る機会です。「今まで見る機会がなかった色々な職を知る」「すでに働いている人たちの話を聞く」「年上の意見を聞く」という機会を、自らのアクションをもって経験する貴重な学びなのです。その中の1つとして、面接官から自分という存在に対して何かしらのコメントを受けたらな、それも「自分のことを、そういう風に捉える人もいるんだ」とか「年配者から見たら、自分の考えはまだまだ浅いと分かった」という

 逆に言えば、就職活動というアクションをしなければ、批判も非難もされないのです。社会の一端を学べる機会も得られないし、面接官からダメ出し風のことを言われてヘコむということも、面接までこぎつけることができた自分のアクションがなければ、決して経験できないことなのです。

 たかだか中小企業の管理職で、面接の機会が多い立場から言わせていただきますと、面接官は別に偉いわけではありません。誤解している人が多いですが、面接官も会社では1つの部署の1人です。その人たちにも上司や経営者などはおりますので、面接官だってちゃんとした人材を雇おうと必死です。むしろ、就職活動において数多の企業から自分の会社を選んでもらっているので、応募してくる人に対してはウェルカムなのです。特に人手不足が慢性的な業界においては、面接という窓口を開いているのは、「挑戦者求む」ではなく「私たちの会社にどうぞ」と歓迎しているのです。

 それに対して、履歴書送って応募するというアクションをするのは、就職活動をしている人たち自身です。そのアクションがないと、面接という場面は成立しません。つまり、面接という場を設けているのは企業であるように見えますが、実際は求人に対して応募するというアクションをしたその人自身が、面接という場をセッティングしたということなのです。そこで自分という存在について、あれこれ批判的なことを言われたとしても、まずは面接という場面をセッティングしたことを誇ってほしいのです。批判されたとしても、それはアクションした結果として得られたことなのです。

 

 とはいえ、大切なのはその後です。まずは「よし、自分は面接という場面をセッティングするまでのアクションができるのだ」「批判的なことを言われたけれど、まあ、それは他人から見た評価の1つだ」と思ってください。そこで「あの人の言う通り、自分は駄目な奴なんだ」と思ったあと、どうするでしょう? 「いや、あの面接官の言っていることは納得できない」と思ったならば、どうするでしょう? ・・・そこで、落ち込んだままで終わらせるのか、あるいはスキルを身に付けたり、別な会社や業界にフォーカスを移すかなどは、あとは当人の問題です。私がどうこう言う話ではありません。

 しかし、何度もお伝えしますと、批判されるということは行動した結果です。アクションに起こしたことで得られたことです。そこは誇ってほしいです。あとは、行動量を増やし、プラン改善しつつ、同時に学習も積み重ね、ときどき休息してエネルギーを溜めて・・・を繰り返していれば、自分にフィットする環境は現れます。行動と自分改善を日々積み重ねていれば、そのためのチャンスはその分増えていきます。たかだか少人数の面接官の意見に右往左往している場合ではありません。あるいは、面接官の言うことがぐうの音も出ないならば、ヘコんでないでそれを直すくらいしか、やることはないのです。

 

 批判や非難というのは、就職活動だけでなくても生きていれば必ずあります。それは行動した証拠、アクションした成果だということは共通です。それに対して、自分がどう次の一手を打つのかは、その人次第なのもまた同じなのです。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。