アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

相手の話を聞き、少しトーン高めに「へえ~」と反応してあげる

アラフォー童貞のODです。

 

 会話によって人間関係は良くも悪くもなります。それならば、人間関係を良くしたいと思うのは当然のはずです。しかし、やってしまいがちなのは、自分の話をもって自分を良く見せようとしてしまうことです。

 分かりやすいのが自慢話。自慢話はする分には気持ちよいですが、他人の自慢話なんて聞いたってつまらないものです。それなのに、自分を価値ある存在に見てもらうことで自尊心を得るために、自分の素晴らしい(と自分で思い込んでいる)ところを、直接的にも遠まわしにもしてしまいがちです。しかし、それでは他人と良い関係は築けません。

 ではどうすれば良いのかというと、「相手の話を聞くことです」。自分の話よりも、相手の話を聞いてあげるほうが、良い印象をもってもらえます。なぜならば、自分が自分の話をするのが大好きなように、相手も人間なので、自分の話をするのが大好きでだからです。そのため、自分の話を聞いてくれる人に良い印象を抱くのです。いきなり自分の話をする人と、先にこちらの話をしっかり聞いてくれる人とでは、どちらが良いでしょう? おそらく話を聞いてくれる人でしょう。

 

 しかし、相手の話を聞いているのに、もったいないことをしてしまう人がおります。それは、相手が話をしている途中で相手の話を遮ったり、自分の考えや意見を口に出してしまうことです。これは相手の話を深掘りするうえで「へえ、その後どうなったの??」「へえ、それは美味しかった?」などの、相手がさらにしゃべりやすくするための潤滑油のような意味ならば問題ありません。そうではなくて、相手の話に対して納得いかないことがあったり、自分の意見が頭に浮かんだときに、「自分の疑問を早く解消したい!」「自分の意見を早く言いたい!!」という気持ちが先だってしまい、話を遮ってしまうのです。これは、どんなに話を聞いたとしても、相手の話が一区切りしないうちにしゃべり出してしまうのは、印象は良くないです。

 自分がしゃべるのを我慢する、というわけではありません。しゃべりたいのであれば、しかるべき順番が来るのを待つのです。しかもその間も、ちゃんと相手の話に集中するのです。相手の話を聞いているふりをして、頭の中で「次はこういう話をしよう」とか「この人の話に対して、こういう返答をしよう」などと考えてはいけません。それは相手に失礼というものです。逆に、自分が話をしているときに、相手が全く別のことを考えていたらどうでしょう。きっとムカつくはずです。

 

 とはいえ、人間というのは集中力を維持できるものでもないし、相手の話の内容によっては興味ももてないでしょう。しかも、その間も自分の頭の中では別のことを考えたり、相手の話に対して自分がしたい話を考えてしまいます。これに対しては、会話をしている最中、相手の話を聞いている最中に、定期的に自分の頭の中から気を逸らすためのアクションをする必要があります。

 その1つが、相手の話に反応することです。例えば、相手が「こんなことがあったんだ」というのに対して「へえ」と返してあげるのです。それを要所要所で言ってあげましょう。

 何だかバカみたいな話ですが、そもそも相手が話をしているときに、適当ではなく意図的に反応をしているでしょうか? 頭の中でつまらないと思いつつ、反応していないでしょうか。友達同士で同じテーブルにいて会話をしているのに、スマホを見ながら相手の話を聞いている人も見かけます。もはや会話とはいえません。しかも、上記のとおり私たちは、ついつい自分の話をしたくなってしまうため、頭の中では「早く自分の話をしたい」という意識が占有するため、相手の話に反応してあげることも雑になってしまいます。

 

 となると、会話によって人間関係を良好にするには、「相手の話を聞くこと」に加えて「ちゃんと反応してあげる」ということも大切になるのです。さらにポイントになるのが、共感性をもっている、ということを相手に示すような反応をすることです。この反応の仕方によって、話をしている相手が抱く、こちらへの印象は良くなります。

 例えば、相手の話に対して、スマホをみて「へえ」と返すのと、相手の顔を見ているけれど真顔で「へえ」と言うのと、身を乗り出して「へえ」というのとでは、やはり体全体を使って興味を示してくれるほうが嬉しいはずです。しかも、その「へえ」のトーンだって、小さくて低いトーンよりも、ちょっと大き目で高めのトーンで「へえーー」と返してみましょう。相手も「ああ、ここまで反応してくれるということは、自分の話に興味をもってくれているんだな」と思ってくれるはずです。つまり、こちらの反応の仕方そのものが、相手の話への共感度を表しており、相手にもそれが伝わるということなのです。

 

 このように偉そうに書いておりますが、私も他者のコミュニケーションは得意ではありません。しかし、自分の会話を振り返ったときに、相手の話を聞くことに集中することと、相手の話に「へえ」と返すときに内容にあった返答をするように意識するようになったところ、それが伝わるのか、話している相手も聞いていないのにどんどん会話してくれるようになることが増えました。

 これは会話が得意でない私にとってはありがたい話ですし、話をする相手は気分よく話をしてくれるので、いわゆるWin-Winの関係が成立します。しかも、相手は私に対して、少なくとも悪い印象を抱くことはありませんので、その後の関係もまた悪くなることはありませんし、むしろ話しやすくなっているようにも思います。

 

 自分の話をしたいのは理解できます。しかし、人間関係を良好にするという意味ならば、自分の話は置いておいて、相手の話を聞きつつ、ちゃんと興味を抱いて反応してあげることが大切です。自分の意見を言うのは、聞かれたら答えるくらいに留めておきましょう。どうしても言いたいことがあれば、倫理に抵触しない程度にブログや日記などによりアウトプットする、という考えで個人的に出してみましょう。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。