アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

「このネタは温めておこう」と思わなくていい

アラフォー童貞のODです。

 

 ブログを書くようになってから、思いついたことは全てメモアプリに残すようにしております。その日のうちに記事として書くこともあれば、実際に書いてみて「何か違うな・・・」と思ってテーマを変更することもあります。

 多くのネタはメモアプリにどんどん溜まっていくため、たまに整理します。整理の方法は、メモアプリにそのまま残しておくか、削除するかのいずれかです。同じジャンルやテーマごとに分類するというのもありますが、基本的にはメモを残すか削除するかの2つしかありません。

 メモアプリに残しておくものの基準は後述するとして、削除するかどうかの基準は明確です。それは、整理している時点で、過去に残したメモのテーマに対して「今は特に何とも思わない」「書きたいと思わない」と思ったら削除しまてしまいます。

 断捨離というほどでないにせよ、そのときの感覚を大事にすることは大切です。おそらくですが、過去に自分が良いと思ったものでも、現在の自分がピンとこなければ、未来の自分もピンとこないと思うのです。もしも未来の自分がピンときたとしても、そのときには「あ、これは過去にピンときたものだ!」などと思わずに、その時点の自分が閃いたものとして考えるはずです。

 

 何が言いたいのかと言うと、目に見える物(モノ)も、目に見えない情報や考えや記憶なども、溜めておいたとしても、現在の自分にとってそこまで大切だと思えなければ、捨て去ってしまって良いのだということです。

 

 私のブログは、当初の目的(アラフォー童貞が、シンママにアプローチするために努力する)を逸れて、読書や日常を通じて思ったことをツラツラと書いているだけです。当初の目的である自身の恋愛うんぬんは諦めたものの、ブログを書くということについてはテーマに縛られなくなったので、ある意味で自由に考えをアウトプットできるという意味では良かったと思っております。そのこともあり、ブログに書くメモも雑多になっております。

 

 このような状態になると、書くことがたくさんあって選ぶのに考えることはある一方で、ときどき「このネタはもう少し温めておこう」とか「このテーマはもう少し熟考してから記事にしょう」などと思うことがあります。

 しかし、このようなネタほど記事にするまでに時間がかかります。それどころか、ずっとメモアプリに残っている割にネタがあることを忘れて、整理しているときになって「ああ、こんなネタもあったな」と思うものです。ときには「そうだ、このネタを記事にしよう・・・いや、もう少し時期がきたら」と思って再放置・・・なんてこともよくあります。

 

 なぜこのような状態に陥ってしまうのかというと、ひとえに完璧主義をこじらしてしまうからだと思います。心のどこかで「この記事は多くの人が共感する」とか「自分の中で良いと思ったものだから、せっかくだから良いものにしよう」とか思うのでしょう。しかし、考えというのはアウトプットすることによって具体化されるものです。メモアプリだけに残しておくだけでも第一歩ですが、それだけでは自分もどうしたいのかは見えてきません。

 メモアプリに残したままというのは、料理で言えば冷蔵庫に入りっぱなしの食材のようなもの。実際に切ってみる・焼いてみる・食べてみるなどして、その食材を美味しく調理するにはどうすれば良いのかを知ることができます。包丁で切っているうちに食材の固さがわかります。そのまま食べれるのか、火を通す必要があるかは試食してみてわかります。自分の内から発せられた考えや閃きもまた、実際に文章や人に伝えることなどをすることで、自分の理解を深めたり、具体性が増したり、あるいは「いや、良く考えたらそうじゃないな」と再検討の必要性に気づくことができます。

 

 このため、自分が良いと思った考え・アイディア・閃きなどは、単語や単文でも良いので、とっとと文章や口頭で自分の言葉としてカタチにしてしまったほうが良いのです。決して「温めておこう」などと思わないほうが良いのです。『鉄は熱いうちに打て』と言いますが、自分の考えや閃きもまた、すぐにアウトプットしたほうが良いのです。そうしないと、しばらく放置したあとで「この考えって何だっけ?」とか「今は使えないアイディアだな」などと考えてしまうようになります。もしかしたら、素晴らしいアイディアだったのかもしれないのに・・・。

 

 もしも自分のなかで「これは良いものだ」と思ったならば、1分間でも構わないのですぐに行動に移してしまったほうがベターです。自分の中で固めるなんてことを考えていると、自分の中で霧散してしまい、また新しい閃きがあっても同様のことを繰り返してしまって、結果的に何の行動も成果も残していないだけになってしまいます。私自身、上記のようにメモアプリを整理しつつも、メモを一旦停止してアウトプットに専念する(ブログの記事にする)という期間も設けています。実は最近もその期間であります。

 

 というわけで、「このネタは温めておこう」などと思っても、その日はなかなかこないので、とっととカタチにしたり行動してしまいましょう、というお話でした。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。