アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

イライラしたら水を飲む

アラフォー童貞のODです。

 

 誰しもイライラすることがあります。イライラするということは、物事が想定通りにいかなかったり、自分の価値観とは違う流れになっているときに生じます。他人が自分の思っていた通りの動きをしなかったときなどは、本当にイライラするものです。それは仕事であっても家庭であっても、何なら全く面識のない他人に対してもイライラしてしまうことはあります。

 

 視点を整理すると、イライラすることの要因は、自分自身又は他人に対して生じということです。前者は「自分はもっとうまくできるはずなのに・・・」と自分自身に対して歯がゆい気持ちになったり、「こんな凡ミスをするなんて、なんて馬鹿なんだ!」と不甲斐ない自分に喝を入れるように憤慨します。後者は「あいつ、指示したとおりに動かないうえに失敗しやがって」とか「お客さんの前で余計なこと言うなよ!」とか「こんなにレジが混んでいるのに、お金出すのにモタモタしやがって・・・いや、ポイントカードとか出さなくていいからさー!!」とか、自分ではコントロールできない他人の言動に対して、主に心の中で悪態をついてしまいます。

 

 このようなイライラする状況に対して、アンガーマネジメントといったメンタルトレーニングや仏教や禅のありがたい教えなどを活用し、心を落ち着かせようとする試みはたくさんあります。このような試みを私自身も実践することで、イライラを爆発する前に視点や考え方を変えるためにインターバルを設けることで、イライラは収まっていき、「ああ、感情のままに爆発しなくて良かった」と安堵することもあります。

 しかし、このような試みというのは、一定のトレーニングや習慣づけが必要です。アンガーマネジメントやマインドフルネスの一環で瞑想が紹介されていますが、お坊さんの見解として、瞑想もまた一定のトレーニングが必要であるとおっしゃっております。瞑想も含めて、心を落ち着かせるといっても、イライラいしている気持ちは火にいきおいよく水をかけるようには消すことはできません。徐々に徐々に火を弱めていくことで、精神がクールダウンしていきます。イライラの火種は決して消失することはなく、いつ再燃してもおかしくないのが自然な様なのです。それを再燃しにくくするために、自分自身を見つめる機会を設けて、かつ自分の肉体や心の内観する手段として瞑想というのがあるのです。

 

 ・・・なんだか、面倒くさいように思われたかもしれません。しかも、私は別に修行僧でもないので説得力に欠けると思います。

 

 そこで、割と理屈に合っていて、誰でも簡単にイライラを鎮めることができる方法をご紹介します。それは・・・

 

 「水を飲む」

 

・・・ということです。

あらかじめお伝えしておきますと、これは確実にイライラを鎮めることができるわけではありません。メンタルトレーニングというよりも、肉体からアプローチする方法であり、もしかしたら肉体からメンタルに悪影響を及ぼしているのでは、という視点からの対処療法と考えて下さい。

 

 とはいえ、具体的な理屈をお伝えしますと、イライラするということは、肉体に異常が生じているために起きている可能性があります。特にいつもはそこまでイライラしないことや、特に何か要因があるわけでないのに、目の前に現れたものにイライラしてしまうならば、肉体のコンディションに異常がある可能性があります。その1つが「水分不足」です。

 

 肉体の60~70%は水分で構成されていることは誰もが知っています。しかし、それにも関わらず、私たちは水分摂取というものに対して鈍感であります。夏ならまだしも、冬でも脱水になる可能性があると各団体が啓蒙活動をしているのに、どこか他人事です。そうして、脱水状態になってからでは遅いのに、喉が渇くという分かりやすい状態になるまで放置してしまいがちです。しかも、水分補給にならないと言っているのに、喉を潤すためにビールといったアルコールを飲むという愚かなこともします。

 

 幾度も申しますが、水分不足というのは肉体の異常事態です。まずは、60~70%の水分が摂れていないと、私たちの肉体は適切に機能せず、手足を動かしたり脳を動かしたりするのに支障をきたします。内臓機能にも影響しますので、消化や排泄にも影響します。排泄というのは、口から摂取した食物や水分を栄養として吸収した後のノコリカスであり、吸収しきれなかったものを出すということです。そして、その際に身体に毒な成分を老廃物も出します。

 水分不足の状態では適切な排泄はされません。それどころか、尿や便としての排泄すら行われないことにもなりかねません。となると、老廃物も溜まるということになります。老廃物が溜まるということは、体に異常をきたし体調不良を招く可能性があります。体調不良になると、頭がぼーっとしたり、熱っぽくなったり、関節や筋肉も健全に動かせなくなります。このような体調不良の状態のとき、機嫌を良くすることは困難であり、潜在的に自分のコンディションが悪いことが気になり、周囲のことなんて気にかけている余裕なんてなくなります。そのようなときに周囲で起きていること、自分にとって不快に思うことがあったらどうでしょう? イライラしないでしょうか?

 

 このように、あくまで可能性の1つですが、イライラしているときは肉体のコンディションの要因も考えられ、そしてその対処法として「水分補給」という、誰でもいつでも簡単にできることをご紹介しました。現代では水分補給はどこでも重要視されております。もしも、場所を離れるのが難しいならば、ペットボトルを何本か用意しておくなどの対処もできます。

 

 最近、イライラすることが多いと思ったら、休息とともに水分補給も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。