アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

相手の承認欲求を満たしてあげる言葉

アラフォー童貞のODです。

 

 コミュニケーションにおいて大切なことは、「話す」より「聞く」です。

 これは、私自身がアラフォーという年齢になって、今さら気づいたことの1つです。それまでの私は、自分をよく見せようとするために、周囲に対して自分の話ばかりしておりました。それによって、自分の素晴らしいところを知ってもらえる、評価してもらえると思っていたからです。

 しかし、この年齢になって、女性とお付き合いをしたことがない要因を振り返ったときに、自分の話ばかりをしていて他者の話を聞いていないから、他者がどいう人間か、どういう考えをしているのか、どういう価値観をしているか、自分と合うのか、自分と合わないのか・・・といったことを見る機会を失っていったのです。その結果として、自分以外の人間を未知の存在に思うようになったり、少しでも自分の考えと合わない人に出くわすと不快感を示していたのだと思います。・・・まるで子供です。

 子供であれば「ねーねー、聞いて聞いて」と、自分のことばかり話をしていても非難されることはありません。むしろ、自己表現という意味では情操教育には必要なことと言えます。しかし、徐々に成長するにつれて、それだけでは社会という人間関係で成立している世界は生きられなくなります。

 そこでどうするのかと言えば、相手の話を「聞く」ということによって色々な考えや価値観に触れ、それらに対して「受容」をしていくことが重要になります。自分の話だけというだけの狭い世界観を、「聞く」そして「受容」によって広げることができるようになるのです。

 そして、「聞く」そして「受容」によって、他者に対してできるようになると、他者へ承認欲求を満たしてあげられるようになれます。それは、自分が「話す」ということをしているけれど、相手の話を「聞く」「受容」によって成立しているので、その相手にとっては話を聞いてくれて、それを受け止めてくれているのと同じことです。では具体的に、どのようなことでしょう。

 

 例えば、相手が何かしらの不満を言っているとしましょう。それは、上司への不満でも、旦那の愚痴でも何でもいいです。相手が自分の気持ちを発露したいと思っているときは、自分も何かしらの働きかけや努力をしているのに、それがうまくいっていないため、上司や旦那というターゲットを絞って不満や愚痴となってしまうのです。このような場合は、次のような言葉をかけてみてはいかがでしょう。

 

「大変だったね」

「頑張ったんだね」

 

 まずはその人が頑張っていることを肯定して、評価してあげることが重要になります。モチベーション管理の考え方の1つですが、人間は自分が果たした成果そのものよりも、自分が頑張っていることを評価されるほうが嬉しいそうです。意外かもしれませんが、結果よりも頑張りを認めてあげることが大切なのです。

 これは子どもの勉強の意欲を向上することにも応用できます。つまり、子供が良いテストで点数をとったならば、点数よりも、その点数をとるために頑張ったことを褒めてあげると良いのです。点数だけ褒めてしまうと、良い点数をとれない自分に価値がないと思ってしまうのに対して、頑張ったことを褒めると、頑張ることが良いことと思うようになり、それが結果的に点数という成果につながるということです。

 子供だけでなくとも、大人でも、お年寄りでも、男でも女でも、自分が頑張っていることを評価されることは、自己肯定感を得ることができます。

 

 多くの人は自分の頑張りを一方的に主張したり、成果や過去の栄光にすがって自分を認めてもらおうとします。しかし、誰もが認めてもらいたいと考えているので、全員が自分のばかりしてしまうと、誰もが認めらえれない状態になってしまい、自己肯定感を得られない社会になってしまいます。

 ならば、せめて自分から相手を認めてあげることが大切なのです。そのためには、まずは相手の話を「聞く」そして「受容」、これによって自分とは違う考えや価値観に触れると共に、それを教えてくれた相手に感謝する意味を込めて、「大変だったね」「頑張ったんだね」と、頑張りを肯定してあげるのです。

 

 「聞く」ということは、何だか受け身で損な役割に思えますが、実は自分自身もちゃんと受け取っているものがあるのです。それに対してのお返しとして、頑張りを肯定してあげるくらいは、やってしかるべきだと思わないでしょうか? それこそギブ&テイクの関係だと思います。それに、相手の頑張りを肯定してあげると、その相手も嬉しい気分になります。すると、こちらも嬉しくなります。それでいいじゃないですか。別にこちらも肯定される必要なんてないのです。

 「愛されるよりも愛したい」なんてタイトルの歌がありましたが、まさしくその通りです。自分を認めて欲しければ、先に相手の承認欲求を満たしてあげるのが先です。そのためには、「聞く」「受容」そして「頑張りを肯定する・認める・褒める」ということをするのです。相手も嬉しいし、自分も何だか嬉しくなり、いつの間にか自分が認められたい気持ちもどうでも良くなるはずです。

 

 とはいえ、あまり話を聞かないうちに、相手の頑張りを認めても「いや、お前に何がわかるんだ」と思われてしまいかねません。しっかり、相手の話を聞いたうえで「大変だったね」「頑張ったんだね」と言ってあげましょう。

 

 ここまで読んでいただき、ありがとうございます。