アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

ふと「仕事を辞めたい」と思ったら・・・

アラフォー童貞のODです。

 

 漠然と仕事を辞めたいと思うことがあります。

 というか、誰もがそういう心境になることはあるでしょう。仕事でなくても、現在取り組んでいること、進行中のこと、朝起きてから寝るまでのルーティンワーク、所属しているグループ、人間関係・・・ふと今いる環境から脱したいと思うことは何でもあります。

 

 私は仕事を辞めたいと思ったときは、辞める算段をし始めます。人知れず引継ぎのための業務マニュアルなどを作ったり、社員教育の一環も含めて仕事を少しずつ他の職員へ割り振ることもあります。こうして、自分がいなくなっても大丈夫なようにする下地を作っておくのです。

 しかし面白いもので、このようなことをして過ごしていると、時間が経つにつれて、いつしか辞めたいという思いは消えています。

 誤解しないでほしいのは、仕事を辞めたいという気持ちは時間と共に解消する、と言いたい訳ではありません。仕事がしんどくなったり、自分の存在意義について疑問をもつといったことは、生きていれば誰しも思うものです。そして、そのループする感情からの脱却として、仕事を辞めて新しい環境へ挑戦するというのは自然な考えだと思います。

 

 このような考え方は、かつては「逃げ」などと言われておりました。同じ仕事を長く続けることが良いことであり、1つの仕事の熟練度を上げることが良しとされていました。しかし、現代では同じ仕事に長く勤めていても、同じことを繰り返すだけでは勤続年数が長くなるだけです。そこに生まれるのは退屈ということです。

 これに対して、同じことをやっていればよいということに気楽さを持つ人も少なくありません。人間は退屈を嫌いながらも、どこかで同じこと・できること・知っていることだけやっていれば、頭も使わなくていいですし、楽できることを知っています。そのため、熟練度を上げたくて同じ仕事を続けているよりも、楽したくて同じ仕事にしがみついている人も一定数は見受けられます。

 一方、楽をしたいけれど、新しい扉を開きたいという人も一定数おります。そのようなとき、人間は漠然と仕事を思うのかもしれません。そして、その理由付けを考えるのです。例えば、「仕事がつらい」「人間関係が悪い」「自分に合った仕事を割り振ってもらえない」「もっと自分に合った仕事があるはず」といった具合にです。しかし、そこには自分が新しい扉を開きたいという本来の欲求ではなく、現状への不満ということを理由にしているため、いまいちノリがつかめません。そうして不満ばかりが目について、結果的に辞めたい理由が不明瞭なまま不完全燃焼な毎日を過ごすのです。

 

 私はこのような心理を何となく理解しておりますので、辞めたいと思ったときには、ちょっと視点を変えるようにしております。それを具体的な行動としたのが、辞める準備をするということです。辞める準備をしていると、「辞めるからいいか」と良い意味で気楽に振る舞えるようになります。

 他人に仕事を割り振りするのも、社員教育というカタチなので違和感はないですし、スタッフによっては上司の仕事を任せられることで意欲をたぎらせる人もいます。

 

 この結果どうなるかというと、まずは仕事が楽になります。それは他のスタッフに自分の仕事を割り振っているからという物理的な話もありますが、頭の中やスケジュール表のタスクが減るということは気持ちも軽くなるのです。もちろん、仕事を任せたからには、失敗を一緒に巻き返すといったフォローもします。

 そして、他の人に自分の仕事を任せてみると分かるのが、「ああ、これって自分でなくてもできるんだ」ということに気づくことです。それまでは自分しかできないと思っていたことは、ある程度のスキルや理解力があれば、実は誰でもできることが多いのです。つまり、自分しかできないという傲慢さにより、勝手にプレッシャーや責任を背負っていただけの話ということです。このように書いていくと、いかに幼稚な考えということが分かります。

 また、引継ぎを想定したマニュアルなどを作ることは、意外に凝り固まった視点を逸らすことに役に立ちます。それまでは「自分とは何か」という禅問答みたいなことをグルグルと考え続けていることを、引継ぎのための仕事をすることで、辞めるという後ろ向きだけれど前に進むための思考にシフトチェンジできるのです。

 

 このように他の人に仕事を割り振ったり、引継ぎマニュアルなどを作っていると、物事が前進したり、目に見える成果が生まれる感覚がつかめます。物事が進んでいる感覚というのは人間のモチベーションになります。これは筋トレを続けているうちに筋肉が大きくなっているのを、鏡の先の自分の肉体を見て成果が分かるようなものです。成果が分かったり、前進している感覚がつかめれば「もっとやりたい」「もっと関わりたい」と思うようになります。・・・で、結果的にいつしか辞めたいという気持ちもなくなっていくわけです。

 

 以上は私が仕事を辞めたくなったときの方法です。これは漠然とした不安を抱いたときにも有用です。もちろん、本当に追い詰められていると思ったら逃げる(辞める)べきです。逃げも立派な選択であり、生き延びるためには必要なことです。そうではなくて、何となく現状に不満を抱いているだけなれば、それは自分の何かの殻を破りたいからという可能性もあります。しかしその前に、現状で自分がやり残したことや、やってみたかったこと、提案したこと、改善したいことがあれば、「これが最後だし」と思って思う存分やってみるのも良いと思います。意外に楽しくなってくるかもしれません。

 

 管理職の立場でこんなことを言っていいのか分かりませんが、会社なんて最低限の礼節と理解力があれば問題ありません。そのうえで、会社の資源やネットワークを自分のために使い倒すぞ、と思うくらいが丁度良いのです。

 

 ここまで読んでいただき、ありがとうございます。