アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

感情的になって、部下を叱りつけてしまったら

アラフォー童貞のODです。

 

部下や後輩を指導・教育する立場にある人ならば分かると思いますが、人に何かを教えるということは難しいものです。

自分が10教えても1つも理解できていないこともあります。1つ1つ手順を教えているのに、何故か違う成果物ができることもあります。Aというルートを教えたのに、いつの間にかBルートに逸れていることもあります。

 

こうしているうちに、いつの間にか肉体的な疲労とともに、精神的にもイライラが蓄積していきます。自分にも課せられた役割があるため、時には指導や教育に時間を取られてしまって、残業や休日出勤となる・・・なんてこともあります。

 

すると次第に、ネガティブな感情に支配されてしまいます。

 

「もう教育係なんてやめたい」

「指導なんてほっておいて、自分の仕事に専念したい」

「物覚えの悪い奴の相手なんて、時間の無駄」

「一体なんで自分がこんな役割を・・・」

 

こういった気持ちは、ときに気づかないうちに態度にも出てしまうことがあります。悪態をついてしまったり、失敗を責めてしまったり、自分で調べるように言ったり・・・と、その形は色々とあります。

 

その中の1つとして「過去に自分が受けた嫌な教育・指導を、自分もしてしまう」というものがあります。

 

例えば、自分が新人だったころに先輩から「そんなこともできないの」「自分で調べろよ」などという教育をされたり、上司から「お前さ、分からなかったら聞けっていつも言ってるだろ!」「お前の失敗のせいで、こっちが迷惑してんだよ!」「この仕事、向いていないからやめな」といった指導をされたならば・・・すごい落ち込んだはずです。人によっては「自分が教育や指導をする立場になったら、後輩や部下には嫌な教え方は絶対しないようにしよう・・・」と心に決めたかもしれません。

 

しかし、いざ自分が人に教える立場になって、知らないうちに追い詰められてしまったとき、つい口から出てしまったのは、過去に自分が嫌な先輩や上司から受けた辛辣な言葉の数々・・・。

 

もちろん、感情的な言葉をぶつけてしまうのは良いことではありません。しかし、自分の仕事も忙しい最中、話が通じない人を相手にするのはストレスです。いくら物を知らない・できない相手と分かってても、上下関係という立場も無意識にあってもか、ついカッと怒鳴ってしまうことがあっても無理はないのかもしれません。

 

人間は常に努力や精進をし続けながら生きている未熟な存在です。学校の先生もそうですが、教育や指導をする立場の人も人間です。ある程度は経験や周囲の助力によって冷静に対応できるかもしれませんが、一定量を超えると限界となって感情的になることだってあります。

そうしたときに出てしまうのは、自分がかつて先輩や上司から受けた嫌な教育や指導という経験が蓋を開いてしまい、それが教育や指導をしている現在の自分とリンクしてしまうことで、感情が爆発したときに口から出てしまうのでしょう。

 

ときどき、このような状態になり自己嫌悪に陥ってしまう人を見かけます。「自分もかつて嫌な目に遭ったのに、それを後輩にやってしまった・・・」と、教育や指導する立場として失格であると自分を責めるのです。一方、そんなことは知らずに教育や指導を受けている側も「先輩(上司)から、自分の存在を否定される言葉を言われた・・・もう辞めたい」というマイナスな感情を抱いてしまいます。・・・なんという、負のスパイラル。

 

ここまで書いておいて何ですが、こういった教育や指導における問題に対しては、私は管理職でありますが、実はどうとも思っておりません。むしろ、上記のような教育や指導をする側と受ける側が抱くネガティブな感情というのは、解決できる問題ではない、と思っております。というか、解決するような問題ではないのです。

 

学ぶことは何かというと、まずは教育や指導をする側は、かつて先輩や上司から受けた嫌な出来事を思い出したなら「ああ、先輩(上司)もきっと忙しかったんだな」「そんなときに使えない自分がミスを繰り返してゴメンなさい」と思ってあげてください。自分を責めることはしなくていいので、感謝すれば良いと思います。

 

私は管理職として教育や指導をする立場になってから、このようなことに気づきました。自分が部下やスタッフに注意したり、1つ1つ何とか理解してもらおうと繰り返し教えているとき、あるいは終わったあとで一息ついたとき、「ああ、昔自分を叱ってくれた上司と同じことを自分も言っている・・・」とため息が出ます。「そう言えば、あの人(上司)も、クソ忙しいなかで自分の教育に時間を割いていたのに、ちゃんと営業成績もちゃんと出していたなー。すごい人だったんだな」とも思います。もしかしたら、自分がいなかったら、もっと会社に利益をもたらしていたのかも・・・と思うと申し訳が立たないと思うときもあります。

 

改めてお伝えしますが、教育や指導というのは難しいものです。人を一人前にするには時間と労力・精神力が必要です。自分自身の色々なものを費やすことになります。そして時には、ついつい感情的になってしまうこともあります。自分が嫌だと思っていたこともやってしまうこともあります。

しかし、それで自分を責めないで下さい。大切なことは、かつて自分に色々と教えてくれたり、叱りつけてくれた先輩や上司へ感謝をしつつ、そこに気づけたら、改めて今の自分の役割(教育や指導)のあり方を見直せばよいだけの話なのです。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。