アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

人並になれなくてもいい

アラフォー童貞のODです。

 

40歳近くなったからというわけではありませんが、20代頃に考えていた理想とか憧れた生き方というものは、結構つまらないものだったな、と思うことがあります。

その1つとして安定した生活というものです。理想とか憧れた生き方というわりに、安定した生活というと、何だかつまらない話を思われるかもしれませんが、20代の頃は割と本気で安定した生活を構築しようとしておりました。

そのためには仕事をたくさんすれば良いとも思っていましたし、自己啓発的な教材にも投資しておりました。まあ、今にして思えば、そのような考えをしている人をターゲットにしたものだったと分かるのでハッキリ言いますが・・・無駄でした。安定した生活を目指しているのに、無駄なものにお金を使っておりました。

 

逆に、そのような教材に投資して、人生がうまくいってたとして、理想としていた安定した生活というものが手に入ったとしても、おそらく不満は解消されないと思います。つまり、精神的に安定した生活には至らないのだろうということです。

それはなぜかと言うと、他人と比較してしまうという話になります。20代の頃に私が望んでいた安定した生活というのは、いわゆる「人並になる」ということでした。とはいえ、「人並」というものが具体的に定義されていないのに、そういうものを目指しているものだから、そのまま例えば経済的に安定したとしても、生活が楽になったとしても、世間と比べて「自分は大丈夫なのだろうか」「この生活は続けられるのだろうか」「人並以下になったらどうしよう」と不安になっていたに違いありません。だってそこには、自分なりの「人並」という軸が存在しないのですから・・・。

 

それから10年、20年と生きていくと、当然ですが自分の心身も変わりますし、世界だって変わります。仮に20代の頃に「人並」を定義していたとしても、その頃に考えていた「人並」は適応しなくなります。年を重ねるごとに、そういうことに気づくようになっていくと、過去の自分の「人並になる」を基準とした安定した生活というものは、つまらない考えだったんだ・・・ということに行き着けるようになりました。

 

そう考えたときに、「だったら、人並みにならなくてもいいじゃん」とも思えるようになったのです。いくらその時期の自分が「人並になる」ということを考えたとして頑張っても、時代が変われば「人並」の基準も変わってしまうのであれば、そこを追い求めることは意味がないのでは、と疑問を抱くことになります。

 

これは頑張っても無意味という話ではなく、はたまた時代に適合しないという話でもありません。追い求めるものを「人並になる」という軸にしてしまうと、自分の意思ではなく時代に振り回されてしまい、ただ摩耗した人生を送ることになるという話です。だからこそ、「人並にならなくてもいい」あるいは「人並になれなくてもいい」と思えるのです。

 

「人並の生活を送れると思うなよ」

 

まるでドラマのような台詞がありますが、そのような台詞を吐き捨てる人が考える「人並の生活」とはどんな生活でしょうか? 特に現代は多様性が容認されております。個人が自分の持ち味や面白いと思ったことを気軽に発信できます。そのような時代において、人並の生活というものを定義するのは、もはや不可能に近いと思います。それどころか、1人1台はスマホを持っているし、ほとんどの人は食べることに困るということはありません。

もちろん、極度の貧困層はありますが、社会資源を活用すれば何とでもなります。経済的な点にポイントを絞れば、それこそ経済的に人並でなくとも、プライドさえ捨てれば、日本という優しさの溢れた自由な国においては生きていくことは可能です。

 

突き詰めると、「人並」というのは世間や他人の基準であり、自分自身で定めたものではありません。そのため、「人並になる」とか「安定した生活」というものを追い求めるということは、世間や他人に自分の価値基準を預けていることに他なりません。

確かにそれは考えなくていいので楽であります。しかし、自分が納得できる人生かと言えば途中で疑問に思ってしまうのが現実です。そうして「もっと自分には別の道があったのでは・・・」なんて思ってしまうのです。

となると、自分が納得できる生き方をするのであれば、「人並になる」という基準をとっぱらうというよりも、「人並になれなくてもいい」と腹を括るということが大事なのではないでしょうか?

 

・・・と、このようなことを20代の頃の自分に伝えても分からないでしょう。なぜならば、20代の頃の私は他人の価値基準に左右されていましたし、結局20代後半になると一度心を壊してしまったのは、自分の「人並になる」という生き方が世間や他人基準だったからでしょう。

しかし、一度社会から外れてみて「自分は人並みではない」ということに苦しんだ後に、とりあえず馬鹿になって生きてみることをしてみて、途中から誰のためでない、自分のために本を読んだり運動をしたり、食事を見直したりして、初めて「人並でないほうがよい」「人並でなくても大丈夫」と思えるようになりました。

 

途中から自分語りになりお目汚しをしましたが、最後まで読んでいただけたら幸いです。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。