アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

「変なこと言ったかも・・・」と気にしなくていい

アラフォー童貞のODです。

 

自分の言動の1つ1つを気にしたり、後悔してしまうことはないでしょうか?

 

「変なことを言ったかも」

「間違っていたら、どうしよう」

「おかしな奴と思われていないかな」

「向こうも知っている情報だったら恥ずかしい」

 

・・・という感じで、相手が別に何を言ったわけでも、思わせぶりな反応をしたわけでもないのに気にするのです。しかも、自分が話をしているときは何ともなかったり、好きなことを気分よく話したのに、一人になった時に我に返ってしまうと、どこからもなくネガティブな気持ちが噴出してしまうのです。

 

このように書いている私自身、他人に何かを伝えたあとで「あの動画で話していたことだって知られたら・・・」とか「漫画で得た知識だって分かったら恥ずかしいかも・・・」などと思うことはあります。別に間違ったことを言っているわけでも、相手に損害を与えたわけでもないのに、です。

そういうときは、「まあ、言ったものは気にしても仕方ないや」「今さら恥ずかしがっても何も解決しない」と割り切ろうとします。もちろん、簡単には割り切ることはできませんので、気にする気持ちはあっても良いと思っています。まるで自分のすぐそばでプルプル震えているペットのように、好きなだけいてもいい気持ちとして置いておきます。

 

それに、自分の言動を気にしても仕方ない理由としては、こちらの言動を受けた他人は別に何とも思っていないからです。それどころか、言葉を交わした一分後には忘れているでしょう。

 

これは職場の教育係や部活で後輩を指導したことがある方ならば分かると思いますが、何度も教えても覚えない、体と頭になかなか定着せず、「こいつ、何度言ったら分かるんだ」とため息をついてしまう、ということがあります。どんなに真剣に覚えなければいけない状況でも、人間はなかなか他人の言ったことを覚えないものです。大人であっても、外出するときに「ついでに●●買ってきて」と言われたのに、家を出た瞬間に忘れてしまうことだってあります。

 

そのため、ちょっとした雑談、ましてや特に好きでも嫌いでもない相手の豆知識などを聞いたとしても、次の瞬間には頭からすぽっと抜けてしまうものです。そのため、こちらがいくら自身の言動や内容を気にしたとしても、相手は何も思っていないので、気にするだけ無駄ということになります。後日「この間教えた話、得意気に言ったけれど、実は●●の動画が元ネタなんだよね」と教えたとしても、相手は「え? ああ。うん、そうなんだ」で終わると思います。むしろ、何の話だってなものです。逆に意味不明さを与えてしまいます。

 

このように、私たちは自分の言動を気にしてしまうものですが、他人様は別に気にしていないのが実情であります。しかし、それでも気にしてしまうのには理由があると思います。

それはおそらくですが、過去または現在においても、「陰口を言っている人」を見たからだと思います。例えば、「〇〇さんさー、自慢げに知識を披露していたけれど、あれってネットの情報だよね」といったことを言っている人をみたのではないでしょうか。それで、自分の言動を振り返ったときに「あんなことを得意げに言ってしまった。別に自分から出た知識でないのに・・・知っている人がいたら悪く言われるかも」と、陰口を叩かれることを恐れるのです。

つまり、自分の言動の正否を気にしているのではなく、他人からの陰口や評価を気にしていると言ったほうが良いかもしれません。

 

しかし、このような点も気にする必要はありません。自分から出た知識や考えでなくても、もしかしたら他の人も知っている情報を得意げに言ったとしても、誰にも実害はありません。

考えてみてください。例えば、自分が何かの動画で得た知識があったとして、その知識をAさんとBさんに伝えたとしましょう。Aさんはその動画を見ていたけれど、Bさんは見ていないとします。すると、Aさんは「ああ、あの動画の情報か」と思って、Bさんは「へー」とか「知らなかった」となります。

Bさんからは博識だなーと思われるかどうかわ分かりませんが、こちらが気にすることは何もありません。では後日、Aさんも同じ動画を見ていたと知ったとしたらどうでしょう? ・・・実は何もありません。結果だけみれば、動画を見ていない、その知識を知らないBさんと反応は同じなだけです。

なぜかと言うと、同じ知識を持っていること、そして同じ情報源だということが分かっても、Aさんにとっては同じ話を聞いただけで実害は何もないからです。気さくな人であれば「それって、あの動画でしょうー、見た見た」と言ってワイワイしてくれるはずです。こちらに興味がない人であれば「ああ、あの動画と同じこと言っているな」くらいに思って終わるだけです。

 

というわけで、こちらの言動を1つ1つ気にしても、他人はそこまで気にしていないという話でした。もっと言いますと、他人もまた自分の言動を気にしているという側面もあるため、こちらが気にしている間に、他人もまた別なことを気にしているものです。そのため、自分の言動というものは、よほど失礼なことを言ったわけでない限りは気にすることはない、ということです。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。