アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

「白髪」は悪いのか?

アラフォー童貞のODです。

 

30代後半になってようやく、見た目や振る舞いを見直すようになった私ですが、色々な情報を参考にしては理解と実践が追い付かない日々を送っておりました。そして現在もまだ改善中、というより矯正中です。それでも30代半ばに比べれば、まだ普通レベルに見た目を気遣うようになったと思っております。

 

しかし、見た目を気にするようになってからといって、決してファッションセンスが磨かれたとは言えません。今でもさほど興味はない部類であるのは確かです。衣類はTPOと周囲への深いさを配慮すれば、基本的にはどうでもよいと思っているくらいです。

もちろん、年1回以上は肌に密着するインナーは買い替えるようにしておりますし、劣化したままの衣類を着るなんて真似はしません。しかし正直言って、ファッションより本に投資したいと思っているくらいなので、まだまだ見た目への意識に対して矯正は必要かと思われます。

 

それでも道を歩いている人の服装や髪型を気にするようになったのは確かです。特に見た目を気にしない服だったり、髪の毛をボサボサのままだったり、不健康な肌や体つきを見ると、自分も気づかなければ周囲からそのように見られていたかも、と思うと気が引き締まります。

一応弁明しておきますと、これは別にそのような人たちを馬鹿にしているわけではなく、自身の戒めという意味であることをご了承ください。道を歩いている人の見た目がみっともないとしても、もしかしたら日中は仕事でバリっとしていて、休みの日くらい見た目なんて気にしたくないという事かもしれません。それこそ、見た目だけで当人のあり方を決めつけてはいけません。

 

決めつけと言えば、見た目を気にしている途中、そして現在も疑問に思っていることがあります。それは・・・

 

白髪って悪いの?

白髪だとダメなの?

 

・・・という事です。

 

世の中には白髪染めがどこでも売っておりますし、インターネット上でも「白髪には〇〇するだけ」という広告を目にします。そのくらい、白髪を何とかしたいと思っている人が多いのかもしれません。

 

しかし、白髪は自然なことです。髪の量が減ること、白髪になっていくことは人間の肉体の衰えと共に必ず訪れます。それをいつしか「黒髪であることが正義」「白髪は老い、黒髪であることが若さ」という風潮があるように思えるのです。もちろん、このような気持ちは理解できますが、一方で若さへの執着のようにも思えます。

 

百歩譲って、健康的に見えるという意味から白髪より黒髪にしたい、というならば理解できます。しかし、何だか健康的とか若さということではなく、やみくもに白髪であることを敵視しているように見えます。躍起になって「何とか黒髪にしなければ!!」と目的と手段が混合しているようにも見受けられます。

 

これはまるで、「健康的な肉体とは、腹筋が6つに割れているもの」「運動や筋トレをするからには超人的な肉体にならければ」というイメージから、無理な運動や過度な食事をしている人たちのようです。

肉体を変えたくて色々と参考にするのは良いのですが、その参考としているトレーナーの肉体美に憧れて、「こうならなければ!!」「このくらいバキバキでなくてはダメだ!!」と強迫観念をもつようになった結果、関節を損傷したり、食事を楽しめなくなるという日とも少なくないようです。

 

綺麗な黒髪のモデルさんや女優さんなどに憧れるのは分かります。素晴らしい肉体美で誰もできない動きができるアスリートやダンサーのようになりたいと夢を抱くのも分かります。しかし、その人たちと普通に働いている一般の私達は、そもそも社会的な役割が違います。もちろん、見た目がばっちりなことは良いことです。それこそ周囲にも良い影響を与えることでしょう。

 

ここで「黒髪が良い」「肉体はバキバキが良い」ということに対しての自分なりの軸はあるのかを問うてみてください。もしも、それが世間が植え付けている印象、例えば「白髪よりも黒髪にしよう!」とか「誰もがうらやむ肉体美」というものが基準になっているならば、少し疑問に思うべきです。

 

白髪って悪いのかな? 

白髪でもキレイに見える人は、その生き方や立ち振る舞いが綺麗なのでは?

 

腹筋は6つに割れている状態が健康なのかな?

それは結果であって、食事や運動を心がける習慣が大切なのでは?

 

憧れをもつことは大切です。

しかし、そこにちゃんと自分なりの軸を据えることも大切だと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。