アラフォー童貞は〇〇と考える

アラフォー童貞が仕事、時間、性など考えたことをまとめています。

他人の機嫌は「その人の都合」と思うしかない

アラフォー童貞のODです。

 

最近似たような記事が続いているような気がしますが、気候の変化が激しいためか周囲の感情の変化が気になるため、それに振り回されないように記事にすることで、私自身の安寧に努めたいと思います。

 

さて、似たような記事というのは「機嫌が悪そうな人」に対しての考え方です。

幾度も書いておりますので、簡単にまとめますと・・・

 

その人が機嫌が悪いのは、その人の都合で機嫌が悪いのです。

他人の機嫌が悪いのを「自分のせいかも」と思わなくていいのです。

 

この2点を覚えておくだけで、結構気楽になります。なぜならば、他人の機嫌の悪さは自分を含めて誰もコントロールしようがないという事実に気づくとともに、自分とは無関係のことと考えると「何とかしよう」という気持ちも手放せるようになるからです。仮にこちらに原因があったとしても、それをどのように捉えるかも機嫌の悪い本人のせいですし、同じ事象でも全く気にしない人だっています。

また、「ごめん、こっちに非があった」と謝罪や弁明をしたところで、機嫌が悪い人が急に「え、ようやくわかった? スッキリした!!」なんて機嫌が良くなるなんてこともありません。というか、そんなコロコロ機嫌が変わる人とは関わり合いたくありません。

 

つまり、他人の機嫌の悪さをこちらが気にしたところで、何ともできないので放置するしかないのです。それに他人の機嫌の悪さというのは、その当人はイライラしているだけかもしれませんが、周囲だってちゃんと「〇〇さん、何か機嫌悪そう・・・」と思ているものです。自分一人だけが当人の機嫌の悪さを気にかけるより、自分以外もそれを分かってくれていると思えば、プレッシャーは分散されて気楽ではないでしょうか?

 

また、他人の機嫌の悪さというのは、意外に「そう見えるだけ」という場合もたくさんあります。何だか漫画みたいな話ですが、機嫌が悪いのは実は体調が悪いとか、体の一部に痛みがあるとか、気圧の変化で頭痛がするといったこともあります。他人の体調なんてものは、よほど具体が悪そうとか目に見える怪我などがない限りは、当人しか分からないものです。しかも、気になって「様子が変だけど、大丈夫?」と声をかけたところで我慢できないほどでもないため、「うん、大丈夫」と言われてお終いです。これは多くの人が同様の反応をするはずです。それに対して周囲が機嫌が悪いと思ったとしても、ここでもまた他人の状態をコントロールできないという事実に気づくでしょう。

 

さて、ここまで書いておいて何ですが、本当に機嫌が悪い場合も想定しておきましょう。その場合は時間とより当人の怒りが鎮静化するのを待つしかありません。怒りも含めて、感情と言うのは移ろいやすいものですので、決して長続きはしません。機嫌が悪い理由は当人だけの話であっても、(自分も含めた)周囲にあったとしても、そこを下手に刺激しないほうが吉です。理由を聞くのも、何かしらのフォローをするのも機嫌が直ってからのほうが良いです。それに、機嫌が悪いとき機嫌をとろうとすると、面倒くさい”構ってちゃん”になってしまう可能性もあります。

 

つまり、機嫌が悪い人を見かけたときには「その人の都合で機嫌が悪い」「自分のせかいもと思わない」を軸として、下手に理由を聞いたりご機嫌とりをすることもなく、鎮静化するまで放っておくことがベターと言えます。ときどき痛ましい事件があると、「もっと声をかけておけば・・・」「気にかけてあげれば・・・」と後悔するコメントを耳にしますが、そこまで事態まで発展することは稀だし、それこそ他人が責任を負うべき話ではないと思います。それこそ、求められていないのに助けようとするのだって、機嫌が悪い人からすると迷惑な話です。また、「あのとき機嫌が悪い自分に声をかけてくれたあの人を大切にしょう」なんて思う人もまた稀な存在です。そもそも、機嫌が悪い人に対応して見返りなんてあるなんて考えないほうが良いです。

 

基本的にはスルーするというスタンスになりますが、あえて意識したほうが良いことがあるとすれば、「自分も機嫌が悪くなってしまう」ということに気を付けてください。これは人間の共感機能の1つであるミラーリングによるものであり、近くの人の感情に影響を受けてしまうため、一緒に機嫌が悪くなるとさらに周囲にも悪い感情が伝播してしまいます。そんな悪循環は断ち切りましょう。一番はその場を離れて、また戻って来ても対象となる人の機嫌が悪いことも想定しておいたうで、自分はご機嫌でいるような対策(大笑いできるものを見る、わざと明るく挨拶をするなど)をとることをお勧めします。そうすれば、ミラーリング効果で機嫌の悪い人の機嫌も良くなる・・・かも?

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。